イベント●いってみよ!

2013/05/09

大橋愛×竹井正和トークイベント@hpgrp GALLERY TOKYO

写真家大橋愛フォイル・ギャラリー代表竹井正和
トークイベント
2013年5月10日(金)19:30~20:30

現在hpgrp GALLERY TOKYOにて写真展を行っている大橋愛さんと、フォイル・ギャラリー代表の竹井正和さんが1日限りのトークイベントを開催!

Eye_ohashi
©Eye Ohashi

ゲスト=大橋愛(写真家)、竹井正和(フォイル代表)
司会=戸塚憲太郎(hpgrp GALLERY TOKYOディレクター)
参加費無料/要予約
※予約詳細はhpgrp GALLERY TOKYO公式サイトをご覧ください。
http://hpgrpgallery.com/tokyo/

-------------------------
大橋愛写真展『piece』
4月25日(木)-5月19日(日)
火~日 11:00~19:30
月曜定休
入場無料
-------------------------

hpgrp GALLERY TOKYO
150-0001 東京都渋谷区神宮前5-1-15 CHビルB1F
TEL.03-3797-1507
http://hpgrpgallery.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/02

GWスペシャルトークショー永田陽一「アートライフのすすめ」

「アートライフのすすめ」
―オリジナルプリントのある空間―
2013年5月4日(土)
hpgrp GALLERY TOKYO

Fractionmagazinejapan

写真家でファインアートフォトを紹介するウェブマガジン "フラクションマガジンジャパン"主宰(http://www.fractionmagazinejapan.com)永田陽一さんが、欧米のフォトギャラリーやコレクター、インテリアなどの様子をスライドでお見せしながら写真のある素敵な暮らしを解説します。写真やアートに興味をお持ちの方、ご自分の部屋に写真を飾ってみたいとお考えの方などに最適なトークショーです。

続きを読む "GWスペシャルトークショー永田陽一「アートライフのすすめ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/06

ドリンクを片手に気軽に楽しめるライブ・パフォーマンスシリーズ『Cafe Live』

Cafe Live 2012
2013年3月30日(土)―4月14日(日)
BankART Studio NYK 1F/NYKホール

Cafe_live_2012

Cafe Liveは、ドリンクを片手に気軽に楽しめるライブ・パフォーマンスシリーズとして2004年より開催してきました。今年度はアーティストとマネージメントのジョイントチームを公募しました。参加団体には、公演会場、制作場所、制作費補助、DVD制作などをバンカートが支援します。2012年9月に2チームがハンマーヘッドスタジオ新・港区で既に公演を行い、このたび2013年3-4月に5チームが、NYK kawamataホールで連続公演を行います。どうぞこの機会をお見逃し無く!

[プログラム]
つむぎね+大川直志『わを』
3月30日(土) 15:00/19:00
3月31日(日) 14:00

松岡大+LAND『快転』
4月5日(金) 21:00 レイトショー
4月6日(土) 14:00/19:30
4月7日(日) 14:00

Miya Music+Team Can-On『ChaKra Suite』/tarinainanika+吉本恭子『Coffee & I』
4月12日(金)19:30 Double Bill! Miya Music×tarinainanika

AAPA+koen 企画『見えなくなるだけで消えない』
4月13日(土) 14:30/18:30
4月14日(日) 14:30/18:30

続きを読む "ドリンクを片手に気軽に楽しめるライブ・パフォーマンスシリーズ『Cafe Live』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/29

3月、NEW CITY ART FAIR再びニューヨークへ

NEW CITY ART FAIR New York
2013年3月7日(木)―10日(日)
hpgrp GALLERY NEW YORK

Ncaf0307

日本の現代アートを世界のアートファンに届けようと、2012年3月にニューヨークで初めて開催された「NEW CITY ART FAIR」。2012年11月には台北で第2回目となるフェアを開催し、35,000人を超える動員に日本のクリエイティブに対する関心の高さがうかがえました。第3回目のNEW CITY ART FAIRは、2013年3月、ARMORY ARTS WEEKに合わせてニューヨークにて開催致します。
この時期のニューヨークはThe Armory Showを中心にVOLTA、Independent、SCOPE、ADAA、Pool Art Fairなど多くのフェアが開催され、世界中からアート関係者、アートコレクターが集まります。 NEW CITY ART FAIRは多くのアートフェアが混在するニューヨークで唯一の「日本の現代アートフェア」としてのオリジナリティを打ち出し、より多くのアートファンに日本の優れた作品を紹介することで海外市場の開拓を目指しております。
NEW CITY ART FAIRディレクター 戸塚 憲太郎(hpgrp GALLERY TOKYO)

[出展ギャラリー]
・Art-U room 
http://www.art-u-room.com
・eitoeiko http://eitoeiko.com
・hpgrp GALLERY TOKYO http://hpgrpgallery.com/tokyo
・GALLERY小暮 http://www.gallerykogure.com
・Satelites ART LAB. http://sateliteslab.com
・Gallery点 http://galleryten.net
・TEZUKAYAMA GALLERY http://www.tezukayama-g.com
and more

オープニングレセプション:3月7日(木)18:00~21:00

3月4日(月)―10日(日)期間、NEW CITY ART FAIR New Yorkに合わせてJAPANESE RESTAURANT WEEKを開催します。ニューヨーク市内にある日系レストラン、カフェなどを中心に約50店舗(定)が参加。期間限定のメニューやイベントなど、この期間にしか味わえない企画を満喫いただけます。

続きを読む "3月、NEW CITY ART FAIR再びニューヨークへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/23

美術館での部活動『超訳 びじゅつの学校』限定開校!

超訳
びじゅつの学校

2013年2月16日(土)―4月14日(日)
十和田市現代美術館 ほか


心揺さぶる時間をつくり出そう。

Towadashi0216
この冬、十和田市現代美術館では、青森・十和田にゆかりのある素材や環境を利用しながら、「再入場自由・誰でも発表が可能」という仕組みを大胆に採りいれた、これまでにない「びじゅつ」の学校をスタートします。
フリーパスチケットを購入してこの学校に入学すると、会場内に設置されたオープンスタジオを自由に使えるとともに、興味のある「部活動」にいくつでも参加することができます。また、多方面で活躍する作家を「部長」として招聘し、従来の「美術」の枠組みにとらわれない様々な活動を展開します。「部長」や「部員」がつくった作品は会期中を通して展示され、増殖していきます。
空間構成は、十和田市内を活動の拠点にしている架空の人物、藤森八十郎(風景編集者)が担当。「超訳 びじゅつの学校」の「校長」として、日々部員たちの活動の様子をブログで紹介したり、会場の風景に手を入れていきます。
ここで生まれた部活は、その後十和田市内の様々な場所へと広がっていきます。美術館を触媒としながら、まちへと広がり、人をつなげる「超訳 びじゅつの学校」。展示を見に来る「目撃者」となるか、はたまたどっぷりと巻き込まれ「当事者」となるかは、訪れたあなた次第です。


超訳 びじゅつの学校 校則(本展の特徴)
一、誰でも500円で入学可能。展示を見るだけでもOK
一、美術館が部室になる!会期中何度でも訪れよう
一、自分がつくった作品が展示される!?

[主な部活動](会期中部活は増殖していきます)
ものがたり部 胸にしまっていた物語を語ってみよう。部長:戌井昭人

被服部 クローゼットは宝の山だと考えよう。部長:山下陽光

観察部 下を見て歩こう。写真を撮ってみよう。部長:下道基行

花かざり部 素材に向き合い、手を動かしてみよう。部長:藤森八十郎

樹木部 樹木を知ろう。部長:山本修路

わら部 常識を超えてみよう。部長:中利

青い森のちいさな美術部 部長:奈良美智
部長の奈良美智の呼びかけにより、全国から公募で選ばれた美術部員の作品を発表した展覧会「森をぬけて。」(2012年12月15日―2013年1月14日)の活動記録を、ドキュメント映像と写真で構成します。

詳細はこちらをご覧ください。
・特設ブログ 
http://www.towadaartcenter.com/blog/choyaku (2月上旬オープン)
・十和田市現代美術館 
http://towadaartcenter.com/web/exhibition_choyaku.html

続きを読む "美術館での部活動『超訳 びじゅつの学校』限定開校!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/18

田名網敬一×CW-Xコラボレーション展覧会『Run & Roll』

田名網敬一 × CW-X展覧会
『Run & Roll』

2013年1月17日(木)―22日(火)
スパイラルガーデン


3月10日に開催される京都マラソン応援キャンペーンの一環として、アーティスト田名網敬一とスポーツウェアブランドCW-Xがコラボレーションする『Run & Roll』。

Runroll

サイケデリックアートの第一人者である田名網敬一が特別にデザインしたTシャツやタイツ等のオリジナル限定商品と京都マラソンをテーマにした新作アニメーションを発表する貴重な機会となります。
機能美とサイケデリックな世界が融合した、全く新しいスポーツウェアの展開をお楽しみください。

※オリジナル商品先行予約受付期間:2013年1月17日(木)―19日(土)
※予約お問合せ:CW-X CONDITIONING STORE 青山店 TEL.03-3498-5802

続きを読む "田名網敬一×CW-Xコラボレーション展覧会『Run & Roll』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/16

演劇カンパニー「チェルフィッチュ」初の展覧会@G8

チェルフィッチュ個展
2013年1月22日(火)―2月14日(木)
クリエイションギャラリーG8

Chelfitsch122
全作品の脚本と演出を手がける岡田利規により、1997年に設立された演劇カンパニー「チェルフィッチュ」。
若者言葉による台詞や、日常の所作を誇張したような身体表現といった独自の表現方法を確立し、演劇のみならず、美術、文学と多方面から高い注目を集めてきました。また、近年は国内にとどまらず、アジア、欧州、北米と20カ国以上で上演を行い、活動の場を広げています。
新作公演を重ねるごとに、常に新しい方法論を生み出していく「チェルフィッチュ」。今回の展覧会では、公演ポスター、ちらしなどのグラフィックや舞台写真で、現在までの活動を振り返りながら、岡田氏のことば、役者たち、舞台美術、照明といった、チェルフィッチュの世界をつくりあげるそれぞれの要素にスポットを当てます。
「チェルフィッチュ」は、どのようにできているのか? 
「チェルフィッチュ」の表現したいものとは? 
チェルフィッチュ初めての本格的な展覧会。舞台鑑賞とは少し違った視点で、チェルフィッチュを体験する場になればと思います。

オープニングパーティー
1月22日(火)19:00~20:30

第240回クリエイティブサロン
2月4日(月)19:10~20:40 
出演=岡田利規、金氏徹平(美術家)
入場無料 要予約(TEL.03-6835-2260)※1/15(火)より受付開始

[関連作品]
------------------------------
岡田利規 初の演劇論出版
『遡行 変形していくための演劇論』河出書房新社
1月24日(木)出版/1,995円(税込)
------------------------------
チェルフィッチュ最新作「現在地」DVD化決定
『現在地』
1月22日(火)発売/3,150円(税込)
------------------------------

続きを読む "演劇カンパニー「チェルフィッチュ」初の展覧会@G8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/11

『東北で、しあわせを考える』inほっぷの森 Aiホール(宮城県)

全国アートNPOフォーラムin東北
『東北で、しあわせを考える』
2013年1月26日(土)―28日(月)
ほっぷの森 Aiホール(宮城県仙台市青葉区)、他

Tohoku_web
2010年に開催した「全国アートNPOフォーラムin鳥取」では、参加者による討議の結果、プラットフォーム「アートNPOエイド」を立ち上げ、国内外に寄附を募って東日本大震災に関わるさまざまなアクションに支援を行いました。
同フォーラムでは、「アートNPOエイド」を通して知見した東北のさまざまな創造性あふれるアクションを紹介し、その実践者と全国の実践者たちが出会い、交流することを通じ、東北における文化環境の状況や課題を共有、連携、協働するステップへと運ぶ機会づくりにのぞみます。

http://arts-npo.org/anf2012_tohoku.html

プログラム
【1日目】会場:ほっぷの森 Aiホール
■基調講演「いま、しあわせを問う」
スピーカー:播磨靖夫(財団法人たんぽぽの家 奈良・奈良市)
■パネル・ディスカッション「震災後にみえてきたアート/アーティストの存在」
パネリスト:
竹久侑(水戸芸術館現代美術センター 茨城・水戸市)
宮本武典(東北芸術工科大学 山形・山形市)
村上タカシ(一般社団法人MMIX Lab 宮城・仙台市)
山内宏泰(リアス・アーク美術館 宮城・気仙沼市)
コメンテーター:播磨靖夫(財団法人たんぽぽの家 奈良・奈良市)
モデレーター:甲斐賢治(せんだいメディアテーク 宮城・仙台市)

【2日目】会場:ほっぷの森 Aiホール
■活動紹介1&ディスカッション「創造的な活動への支援のカタチ、展望とその課題」
プレゼンター:
一般財団法人アーツエイド東北
一般財団法人地域創造基金みやぎ
GBFund(公益社団法人企業メセナ協議会)
ココロハコブプロジェクト~芸術・文化活動を通じた支援プログラム~(トヨタ自動車株式会社)
モデレーター:山口洋典(應典院寺町倶楽部 大阪・大阪市)
■活動紹介2「市民/アーティストの取り組み、展望とその課題」
プレゼンター:
ひょっこりひょうたん塾/岩手・大槌町
Art Revival Connection TOHOKU/宮城
いわきぼうけん映画祭実行委員会/福島・いわき市
いわて文化支援ネットワーク/岩手
一般社団法人対話工房/宮城・女川町
プロジェクトFUKUSHIMA!/福島
一般財団法人アート・インクルージョン/東北
モデレーター:吉川由美(ENVISI 宮城・仙台市/南三陸町)
■フォーラム・ディスカッション「東北で、しあわせを考える」
ファシリテーター:西村高宏(てつがくカフェ@せんだい 宮城・仙台市)
■交流会

【3日目】集合・解散場所:仙台市内
社会観光/バスツアー
「塩竈~南三陸:アートプロジェクトの現場をめぐる」
訪問先:ビルド・フルーガス(宮城・塩竈市)
きりこプロジェクト(宮城・南三陸町)
コーディネーター:吉川由美(ENVISI 宮城・仙台市/南三陸町)

続きを読む "『東北で、しあわせを考える』inほっぷの森 Aiホール(宮城県)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/18

今年の『HARAJU​KU PERFORMANC​E+』は引続き「DOMMUNE」とコラボ!!!!!!

『HARAJUKU PERFORMANCE+DOMMUNE 2012』
2012年12月22日(土)・23日(日・祝)
ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6F)


12月22日に開催されるオーディション型イベントの出演者とゲスト審査員が決定したほか、12月23日に高木正勝×細田守×東浩紀による豪華トークショーの開催も決定しました。

Hppdommune2012

既存のジャンルや世代にとらわれない新機軸の出演者ラインナップで、クリエイティブシーンの最前線を紹介している『HARAJUKU PERFORMANCE+』。6年目を迎える今年は、昨年に引き続き現在美術家・宇川直宏が主宰するライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」とコラボレート。次代を担うクリエーターの発掘と、日本が誇るクリエーターの世界発信という2つの軸で展開します。

初日は、オーディション形式のイベントを開催。約100組の応募の中から精選されたクリエイターのパフォーマンスを、各界で活躍するゲスト審査員が評価し、ラフォーレミュージアム原宿で1日上演を行うことができるラフォーレ原宿賞とドミューンスタジオで放送される番組へ出演することができるDOMMUNE賞を決定。次代を担うクリエーターの活動をサポートします。

2日目は、注目を集め続ける高木正勝のスペシャルライブを開催。音楽と主題歌を手掛けた「おおかみこどもの雨と雪」の楽曲など、最新作も含めたピアノ公演をお届けするほか、「おおかみこどもの雨と雪」を監督した細田守、そして東浩紀を迎えるトークショーも開催します。

今年の『HARAJUKU PERFORMANCE+』は、出来事をリアルタイムに世界に向けて発信するソーシャル・メディア時代に相応しい、新しいイベントのカタチを創出します。

[出演者ラインナップ]
12月22日(土)オーディションイベント

出演者
・子供鉅人(KODOMOKYOJIN)
・川村美紀子(MIKIKO KAWAMURA)
・core of bells(コア オブ ベルズ)
・TENGU(テング)
・DJみそしるとMCごはん
・柊アリス(ALICE HIIRAGI)

ゲスト審査員
・湯山玲子
・渋谷慶一郎
・廣川玉枝
・宇川直宏

12月23日(日)高木正勝スペシャルライブ
出演者&トークゲスト
・高木正勝
・東浩紀
・細田守

DOMMUNE

http://www.dommune.com/

HARAJUKU PERFORMANCE+
http://www.dommune.com/harajuku2012/

続きを読む "今年の『HARAJU​KU PERFORMANC​E+』は引続き「DOMMUNE」とコラボ!!!!!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萩原朔美×谷川渥『書物のエロティックス』

萩原朔美×谷川渥
『書物のエロティックス』

2012年12月15日(土)―26日(水)
アートスペース煌翔


映像作家・萩原朔美と美学者・谷川渥のコラボレーション企画。書物をテーマに繰り広げられる官能の小宇宙。書籍やオブジェ、映像などの展示のほか、コンテンポラリーダンス、エロティックダンスやトークショーなどのイベントが盛り沢山。

Kosho1215_1

Kosho1215_2

続きを読む "萩原朔美×谷川渥『書物のエロティックス』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧