« 2013年演劇界最大の事件、寺山修司×松本雄吉『レミングー世界の涯まで連れてってー』 | トップページ | 宮原夢画個展『散華 sange』@hpgrp GALLERY TOKYO »

2013/02/19

新進劇作家アラン・ハリスが描く『効率学のススメ』

『効率学のススメ』
2013年4月9日(火)―28日(日)
新国立劇場 小劇場

生は数値で測ることができるのか。
英国ウェールズの最先端コンビが現代社会を描く意欲作

Alan_harris0409

新国立劇場2012/2013シーズン演劇公演の柱となるシリーズ「With -つながる演劇-」。英国ウェールズ、韓国、ドイツの演劇人とともに普遍的なテーマを探り、創り上げる新作を、3か月連続で上演します。
第一弾となる今回は、2010年3月に開場した、世界で最も新しい国立劇場、ナショナル・シアター・ウェールズの初代芸術監督ジョン・E・マグラーに演出を依頼。同劇場のこけら落とし公演を手がけた、ウェールズ出身の新進劇作家アラン・ハリスが新作を書き下ろします。製薬会社の研究室を舞台に、企業人・社会人にとって生きることの意義、人生の本質や豊かさをテーマに、現代を多角的な視点で描き出す世界初演作品です。「効率性の追求」や「合理化」の先には何があるのか、現代日本にとっても重要な問いに、日本に初めて登場する二人が鋭くスタイリッシュに迫ります。

あらすじ/ある製薬会社の研究室のリーダー、イフィーは、新しい医薬品を開発したことを上司グラントに報告した。その頃、ビジネス・アナリストのケンが雇われ、研究開発の効率化に関する調査が始まる。彼による時間管理調査などの「ブラウンペーパー作業」は、研究を打ち切るためではないかと社内でも疑わしい。イフィーは早くこの新薬を発表し、より多くの患者を助けたいと願う。ケンはイフィーらと交流するうちに、人生は数値では測れないことに気付き、効率化の推進に疑問を持ち始める……。

作=アラン・ハリス
翻訳=長島確 
演出=ジョン・E・マグラー

出演=豊原功補、宮本裕子、田島優成、渋谷はるか、田島令子、中嶋しゅう

特設サイト 
http://nnttplay.info/with3/kouritsu/

『効率学のススメ』

4月9日(火)19:00
4月10日(水)14:00
4月11日(木)14:00
4月12日(金)19:00
4月13日(土)13:00
4月14日(日)13:00
4月16日(火)14:00
4月17日(水)14:00
4月18日(木)19:00
4月19日(金)19:00
4月20日(土)13:00
4月21日(日)13:00
4月23日(火)14:00
4月24日(水)14:00
4月25日(木)19:00
4月26日(金)19:00
4月27日(土)13:00
4月28日(日)13:00

チケット料金
A席5,250円
B席3,150円
Z席1,500円

チケット取扱い
新国立劇場ボックスオフィス TEL.03-5352-9999
チケットぴあ TEL.0570-02-9999

新国立劇場
151-0071 東京都渋谷区本町1-1-1
TEL.03-5351-3011(代表)

http://www.nntt.jac.go.jp/

|

« 2013年演劇界最大の事件、寺山修司×松本雄吉『レミングー世界の涯まで連れてってー』 | トップページ | 宮原夢画個展『散華 sange』@hpgrp GALLERY TOKYO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/56799085

この記事へのトラックバック一覧です: 新進劇作家アラン・ハリスが描く『効率学のススメ』:

« 2013年演劇界最大の事件、寺山修司×松本雄吉『レミングー世界の涯まで連れてってー』 | トップページ | 宮原夢画個展『散華 sange』@hpgrp GALLERY TOKYO »