« 『東北で、しあわせを考える』inほっぷの森 Aiホール(宮城県) | トップページ | 本村桜アリス『シルバーの中へ』@Pepper's Gallery »

2013/01/11

オープン・スクエア・プロジェクト『福永敦 ハリーバリーコーラス─まちなかの交響、墨田と浅草』

オープン・スクエア・プロジェクト[現代アート展]
福永敦 ハリーバリーコーラス─まちなかの交響、墨田と浅草
2013年1月12日(土)-2月3日(日)
アサヒ・アートスクエア

Osp_fukunaga

「オープン・スクエア・プロジェクト」は公募制のアーティスト支援事業として2011年にスタートしました。高さ6m、総面積約260m2のメインフロア、5階のラウンジスペースなどあらゆる空間を開放し、アーティストがここでしかできない作品制作と発表に取り組みます。創造性豊かなアーティストと創造力を刺激する空間が出会い、両者の新たな可能性を提示すること、そしてアーティストの飛躍の機会となることを目指しています。

第二回となる今回はベルリンを拠点に活動する美術作家 福永敦が独自の手法でアサヒ・アートスクエアにアプローチしました。犬が「ワンワン」ほえる、目が「グルグル」まわる。人やものが発する音、様子や感情を音声に置き換え生まれる擬音・擬態表現[オノマトペ]。福永はこれまで、このオノマトペをダイナミックに、ときに繊細にオブジェやビジュアルへと変換する作品を発表してきました。

同展で福永は『ハリーバリーコーラス[にぎやかな合唱]』と題して、東京下町の代名詞、墨田と浅草のまちなかで出会った音をオノマトペに置き換え、アサヒ・アートスクエアの暗闇に響かせます。幅広い世代の協力者による生き生きとしたまちの「音声」は、私たちの記憶や想像力と結びつき、この土地の何気ない日常に潜む、多様な音の風景をさまざまに浮かび上がらせます。福永独特の手法で構成された擬音空間で、言葉を介した表現の可能性を感じていただきながら、暗闇に広がる東京下町「音」風景をゆっくりとお楽しみ下さい。

[関連イベント]
■ワークショップ「ざわめき隊 まちなかの音を描こう!!」
1月13日(日)13:00~16:30
講師:福永敦
対象:小学1年生以上~大人まで
要事前申込:アサヒ・アートスクエアまでTEL/Fax/E-mailにてご連絡下さい。
参加無料 ※低学年のお子さんは親子でご参加ください。

■オープニングトーク+レセプション
1月12日(土)19:00
※トーク終了後レセプションを開催します。
※ご参加には入場券が必要です。

■クロストーク(各回90分ほどを予定)
福永敦がゲストと一緒に展覧会について語り合います。
1月26日(土)15:00─ゲスト:村井啓哲[本展テクニカルアドバイザー/アーティスト]
2月1日(金)19:30─ゲスト:西野達[アーティスト]
2月2日(土)15:00─ゲスト:北川貴好[美術作家]、泉太郎[美術作家]、中野仁詞[神奈
川県民ホールギャラリー学芸員]※予定
※ご参加には入場券が必要です。

■ダンスパフォーマンス「Dance in the dark 2013」
2月2日(土)・3日(日)20:00
予約1500円/当日1800円/学生1000円
※受付で展覧会チケットを提示された方は上記の金額より500円引き
構成演出:福永敦、畦地亜耶加
出演:斉藤栄治、兼盛雅幸、寺杣彩、畦地亜耶加
予約:アサヒ・アートスクエアまでTEL/Fax/E-mailにてご連絡下さい。

オープン・スクエア・プロジェクト[現代アート展]
福永敦 ハリーバリーコーラス─まちなかの交響、墨田と浅草

1月12日(土)-2月3日(日)

11:00~19:00

火曜日および1月27日(日)休館

入場料
一般500円(会期中再入場可)
高校生以下および18歳未満無料

アサヒ・アートスクエア
130-0001 東京都墨田区吾妻橋1-23-1 スーパードライホール4F
TEL.090-9118-5171

http://asahiartsquare.org/

|

« 『東北で、しあわせを考える』inほっぷの森 Aiホール(宮城県) | トップページ | 本村桜アリス『シルバーの中へ』@Pepper's Gallery »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/56518685

この記事へのトラックバック一覧です: オープン・スクエア・プロジェクト『福永敦 ハリーバリーコーラス─まちなかの交響、墨田と浅草』:

« 『東北で、しあわせを考える』inほっぷの森 Aiホール(宮城県) | トップページ | 本村桜アリス『シルバーの中へ』@Pepper's Gallery »