« 川俣正 展『Expand BankART』@BankART Studio NYK | トップページ | 萩原朔美×谷川渥『書物のエロティックス』 »

2012/12/11

シンガポールを代表するアートディレクター テセウス・チャンの展覧会

テセウス・チャン:ヴェルク No.20 銀座
THE EXTREMITIES OF THE PRINTED MATTER
2012年12月3日(月)―25日(火)
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)

Theseus_chan

テセウス・チャンは、独創性あふれるインディペンデント・マガジン『WERK(ヴェルク)』で知られています。2000年に創刊された『WERK』は、毎号800~1,000部限定で制作されており、1部ごとに表情が異なるほど手の込んだものです。
このテセウス・チャン流の手法を一語に畳み込むのが、「極限」「極端な手段」「身体の先端部分(=四肢、指先、つま先、鼻、耳)」を意味する“Extremities”なのです。
同展のためにテセウスは、世界初お披露目となる『WERK』20号を新たに制作し、gggという展覧会場そのものまでをもメディアとしてご紹介します。

テセウス・チャン:ヴェルク No.20 銀座
THE EXTREMITIES OF THE PRINTED MATTER

12月3日(月)―25日(火)

11:00~19:00(土曜日は~18:00まで) 

日曜・祝日休館

入場無料

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
104-0061 中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル 
TEL.03-3571-5206

http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/

|

« 川俣正 展『Expand BankART』@BankART Studio NYK | トップページ | 萩原朔美×谷川渥『書物のエロティックス』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/56299521

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポールを代表するアートディレクター テセウス・チャンの展覧会:

« 川俣正 展『Expand BankART』@BankART Studio NYK | トップページ | 萩原朔美×谷川渥『書物のエロティックス』 »