« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012/12/21

待望の東京公演!能 石橋|津村禮次郎×ダンス Shakkyou |森山開次

伝統と創造シリーズVol.5
『能 石橋+Shakkyou ダンス』

2013年2月8日(金)―10日(日)
セルリアンタワー能楽堂

Shakkyou2013

出演
■第一部 半能『石橋』
獅子=津村禮次郎
寂昭法師=舘田善博
囃子=笛・松田弘之、小鼓・幸正昭、大鼓・安福光雄、
太鼓・小寺眞佐人(8日、9日)、徳田宗久(10日)
後見・地謡=伊藤嘉章、梅若泰志、奥川恒治、加藤眞悟、
桑田貴志、佐久間二郎、杉澤陽子、鈴木啓吾、長谷川晴彦、
坂真太郎、古川充、松山隆之(日替わり出演)

■第二部 ダンス『Shakkyou』
演出・振付・出演=森山開次
出演=津村禮次郎
笛・松田弘之、和太鼓・佐藤健作

公演特設サイト
http://www.a-tanz.com/cerulean5.html

続きを読む "待望の東京公演!能 石橋|津村禮次郎×ダンス Shakkyou |森山開次"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2会場で展開する足立喜一朗新作展『never die』『never fade』

足立喜一朗
『never die』

2013年1月11日(金)―27日(日)hpgrp GALLERY TOKYO
『never fade』
2013年1 月8日(火)―31日(木)
H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI

Hpf_w_0108
左)タイトル未定 2012年 13×22×17cm 明礬
右)タイトル未定 2012年 50×50×45cm 明礬、ステンレス、アルミ


これらの彫刻作品は結晶化させることで形づくったものです。結晶は過飽和状態が続く限り尚も成長を続けます。生きているかのように。しかし結晶は地層のようにゆっくりと年月をかけて積層されていきます。まさにそれは私にとって「死」そのものであるように思われました。このような「生と死」本来相反する両方の意味を兼ね備えている不可思議な結晶に私は惹かれました。結晶が僕に伝えることは「生」も「死」もどちらも美しいということです。僕は「生」と「死」が両方とも価値のあるものと思いたい。またこの作品は澁澤龍彦の著書「ホモ・エロティクス」を参考にするのが適当であるかと思われます。その著書の中で「死= ニルヴァーナ(涅槃)」、「生= 快感原則」という仮定のもと「ニルヴァーナ」と「快感原則」の統合こそ必要であると主張しています。これはどういうことなのか。現在私たちの世界では「生」が賛美され、「死」が忌み嫌われています。
死にたくないし、衰えたくない。こう私たちは思います。「生」は時間の制約の中、死を怯えながら快感を求め続けなければならないのか。「死」は時間の停止した中では永遠何の変化もなくそういった脅迫観念からは解放されるのではないか。
このようにエロスとタナトスの矛盾を説いています。
足立喜一朗

続きを読む "2会場で展開する足立喜一朗新作展『never die』『never fade』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新刊紹介

赤羽良剛 著

Akabaneryogou
恋する★シュウカツ―「フェイスブック就活」時代の創職論(論創社)
発売=2012/12 定価=1260円
今までの「就活」への先入観を捨てること。“超氷河期”なんて言葉にびびって戦意喪失しないこと。その会社が、今は小さい会社、新しい会社であっても、何の問題もない。フェイスブック就活時代の51の法則。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/20

多様なヌード表現の在り方に迫るグループ展『SCANDAL-nude』

『SCANDAL-nude』
沢渡朔 須田一政 寺山修司 野村佐紀子 森山大道
2013年1月10日(木)―2月3日(日)
BLD GALLERY

Scandal_nude

女性グラビアの第一人者である沢渡朔が『不思議の国のアリス』をテーマに73年に制作した≪少女アリス≫、長年ひとりの女性のヌードを撮り続けることによって自身の求める像を探求する須田一政の≪NUDE≫、幻想的な世界を体現した寺山修司の≪摩訶不思議な客人(まろうど)≫、被写体との関係から生まれる互いの感情の揺らぎ・自身の記憶・心情といった曖昧なものを写し出した野村佐紀子の≪黒闇≫、≪provoke 2≫に掲載された森山大道の私写真とも言える個人的なスナップショットのヌードなど、多様なヌード表現の在りかたをぜひこの機会にご覧ください。

[出展作品]
沢渡朔 ≪少女アリス≫より 1973年
須田一政 ≪NUDE≫より 1990年初頭
寺山修司 ≪摩訶不思議な客人(まろうど)≫より 1973-74年頃
野村佐紀子 ≪黒闇≫ 2009年
森山大道 ≪provoke 2≫より 1969年

オープニング・レセプション:1月10日(木) 19:00~

続きを読む "多様なヌード表現の在り方に迫るグループ展『SCANDAL-nude』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/19

年明けから賑やかに!鉄割アルバトロスケット『鉄卜全』

鉄割アルバトロスケット 本公演
『鉄卜全』

2013年1月16日(水)―20日(日)
下北沢 ザ・スズナリ


新年明けたらスズナリを騒がせてくれる鉄割公演全6回!

Photo

■注意事項
・お子様の教育上の影響には、一切責任を負えません。
・物やら何やら飛んでくるかもしれませんがご了承ください。
・そのようなモノであること、ご了承下さい。

作=戌井昭人 
演出=牛嶋みさを
出演=戌井昭人、奥村勲、中島朋人、マークス雅楽子、中島教知、村上陽一(夜霧)、
南辻史人、東陽片岡(漫画家/18日は出演しません)

鉄割アルバトロスケット 
http://www.tetsuwari.com

続きを読む "年明けから賑やかに!鉄割アルバトロスケット『鉄卜全』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ終了『もちかえる展覧会』東京ミッドタウン・デザインハブ

東京ミッドタウン・デザインハブ特別展
『もちかえる展覧会』
開催中ー12月26日(水)
東京ミッドタウン・デザインハブ(ミッドタウン・タワー5F)

Dh_mochikaeru

東日本大震災が発生し、社会貢献やボランティアといった言葉が日常的に使われるようになりました。震災が起きる以前から、我々は地球環境や貧困など様々な問題を抱えていました。この展覧会ではクリエイティブの力を有効に使いながら、社会的な問題を革新的なアイデアで解決に導く、日本人チェンジメーカー18人の社会貢献プロジェクトを紹介いたします。また、同展は新しい試みとして、会場で展覧会を見るだけではなく、100円以上の寄付をしていただくと、プロジェクトのテキストを3つまで知識としてもちかえることができます。展示では、産業廃棄物から新しいモノの価値を創造するナカダイ「モノ:ファクトリー」の協力を得て、現代社会がもたらす物質を肌を通して感じることのできる独創的な会場構成になっています。

※寄付金は、公益財団法人日本ユニセフ協会の東日本大震災復興支援活動に使われます。

[展示プロジェクト]
並河進:nepia千のトイレプロジェクト
水谷孝次:MERRYプロジェクト
柳澤大輔:旅する支社・仙台
上田壮一:Think the Earth
佐藤尚之:助けあいジャパン
山崎亮:コミュニティデザイン
池田正昭:毎日アースデイ
マエキタミヤコ:ホワイトバンドキャンペーン
梅原真:四万十新聞バック
山名清隆:キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ
嵯峨生馬:プロボノ
米良はるか:READYFOR?
鈴木菜央:ウェブマガジンgreenz.jp
植田紘栄志:ぞうさんペーパー
永井一史:TAP PROJECT
本村拓人:世界を変えるデザイン展
南部哲宏:浜のミサンガ
大迫修三:チャリティ企画展

続きを読む "もうすぐ終了『もちかえる展覧会』東京ミッドタウン・デザインハブ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/18

今年の『HARAJU​KU PERFORMANC​E+』は引続き「DOMMUNE」とコラボ!!!!!!

『HARAJUKU PERFORMANCE+DOMMUNE 2012』
2012年12月22日(土)・23日(日・祝)
ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6F)


12月22日に開催されるオーディション型イベントの出演者とゲスト審査員が決定したほか、12月23日に高木正勝×細田守×東浩紀による豪華トークショーの開催も決定しました。

Hppdommune2012

既存のジャンルや世代にとらわれない新機軸の出演者ラインナップで、クリエイティブシーンの最前線を紹介している『HARAJUKU PERFORMANCE+』。6年目を迎える今年は、昨年に引き続き現在美術家・宇川直宏が主宰するライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」とコラボレート。次代を担うクリエーターの発掘と、日本が誇るクリエーターの世界発信という2つの軸で展開します。

初日は、オーディション形式のイベントを開催。約100組の応募の中から精選されたクリエイターのパフォーマンスを、各界で活躍するゲスト審査員が評価し、ラフォーレミュージアム原宿で1日上演を行うことができるラフォーレ原宿賞とドミューンスタジオで放送される番組へ出演することができるDOMMUNE賞を決定。次代を担うクリエーターの活動をサポートします。

2日目は、注目を集め続ける高木正勝のスペシャルライブを開催。音楽と主題歌を手掛けた「おおかみこどもの雨と雪」の楽曲など、最新作も含めたピアノ公演をお届けするほか、「おおかみこどもの雨と雪」を監督した細田守、そして東浩紀を迎えるトークショーも開催します。

今年の『HARAJUKU PERFORMANCE+』は、出来事をリアルタイムに世界に向けて発信するソーシャル・メディア時代に相応しい、新しいイベントのカタチを創出します。

[出演者ラインナップ]
12月22日(土)オーディションイベント

出演者
・子供鉅人(KODOMOKYOJIN)
・川村美紀子(MIKIKO KAWAMURA)
・core of bells(コア オブ ベルズ)
・TENGU(テング)
・DJみそしるとMCごはん
・柊アリス(ALICE HIIRAGI)

ゲスト審査員
・湯山玲子
・渋谷慶一郎
・廣川玉枝
・宇川直宏

12月23日(日)高木正勝スペシャルライブ
出演者&トークゲスト
・高木正勝
・東浩紀
・細田守

DOMMUNE

http://www.dommune.com/

HARAJUKU PERFORMANCE+
http://www.dommune.com/harajuku2012/

続きを読む "今年の『HARAJU​KU PERFORMANC​E+』は引続き「DOMMUNE」とコラボ!!!!!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンスカンパニーカレイドスコープ、新作二本立てプログラム

La Danse Compagnie Kaleidoscope
『unlesse/Tribe 3rd』
2013年1月5日(土)・6日(日)
全労済ホール/スペース・ゼロ

Kaleidoscope2013

演出・振付・構成・出演=二見一幸

『unlesse』
出演=田保知里、加賀谷香、幸内未帆、佐々木紀子、高橋あや乃、花村愛子、
松田空、小林啓子、小出顕太郎、西澤光時、構井晃道、秋月淳司、池田遼


『Tribe 3rd』
出演=佐藤伊都美、長谷川真奈美、木暮あい、石井麻莉子、清水揚子、西山舞、遠藤恵、辻慈子、
渡邊ありさ、大野木純子、樋口聖子、平山温子、西川卓、向井章人、伊藤満彦、篠原修平

続きを読む "ダンスカンパニーカレイドスコープ、新作二本立てプログラム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケイタケイ演出・振付・出演『待つ女 ... 。』

ケイタケイ's ムービングアース・オリエントスフィア
『待つ女 ... 。』
2012年12月28日(金)19:30
シアターΧ(カイ)

Theaterx1228

ケイタ・ソロダンス LIGHT, Part37
崩れる事をか!壊れる事をか!
踊りが生まれる時。
ある日突然、何かの約束の時間が来た時のように。
たとえば満月の月、幼虫が孵化する日、花が開く日。
ソロの舞踊もそうありたいと時を待つ。
そんな時のなかで、実を結んだ舞踊を踊りたい。

演出・振付・衣装・出演=ケイタケイ

続きを読む "ケイタケイ演出・振付・出演『待つ女 ... 。』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スターダンサーズ・バレエ団『くるみ割り人形』(新作初演)

スターダンサーズ・バレエ団
『くるみ割り人形』(新作初演)

2012年12月22日(土)―24日(月)
テアトロ・ジーリオ・ショウワ

Star_dancers_ballet_2012_dec

鈴木稔の演出・振付で新作「くるみ割り人形」を初演。
デザイナー、ディック・バードとの初コラボ。
クリスマスに同バレエ団がお届けする新たなオリジナル作品です。

演出・振付=鈴木稔
舞台美術・衣裳=ディック・バード
指揮=田中良和
管弦楽=テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ
マスク=ロバート・アルソップ
出演=スターダンサーズ・バレエ団

公演ホームページ 
http://www.sdballet.com

続きを読む "スターダンサーズ・バレエ団『くるみ割り人形』(新作初演)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萩原朔美×谷川渥『書物のエロティックス』

萩原朔美×谷川渥
『書物のエロティックス』

2012年12月15日(土)―26日(水)
アートスペース煌翔


映像作家・萩原朔美と美学者・谷川渥のコラボレーション企画。書物をテーマに繰り広げられる官能の小宇宙。書籍やオブジェ、映像などの展示のほか、コンテンポラリーダンス、エロティックダンスやトークショーなどのイベントが盛り沢山。

Kosho1215_1

Kosho1215_2

続きを読む "萩原朔美×谷川渥『書物のエロティックス』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/11

シンガポールを代表するアートディレクター テセウス・チャンの展覧会

テセウス・チャン:ヴェルク No.20 銀座
THE EXTREMITIES OF THE PRINTED MATTER
2012年12月3日(月)―25日(火)
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)

Theseus_chan

テセウス・チャンは、独創性あふれるインディペンデント・マガジン『WERK(ヴェルク)』で知られています。2000年に創刊された『WERK』は、毎号800~1,000部限定で制作されており、1部ごとに表情が異なるほど手の込んだものです。
このテセウス・チャン流の手法を一語に畳み込むのが、「極限」「極端な手段」「身体の先端部分(=四肢、指先、つま先、鼻、耳)」を意味する“Extremities”なのです。
同展のためにテセウスは、世界初お披露目となる『WERK』20号を新たに制作し、gggという展覧会場そのものまでをもメディアとしてご紹介します。

続きを読む "シンガポールを代表するアートディレクター テセウス・チャンの展覧会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川俣正 展『Expand BankART』@BankART Studio NYK

川俣正 展『Expand BankART』
2012年11月9日(金)―2013年1月13日(日)
BankART Studio NYK全館

Kawamata_tadashi

川俣正は1980年代の活動初期から国内外で注目され、この30年間、常に「美術と社会」との関わりについて、新しい話題を提供し続けてきました。現在、川俣氏はパリを拠点に活発な活動をさらに展開していますが、今回BankART Studio NYKでは、久々に活動初期から行っている建物内外と関わるプロジェクトを展開します。多様な都市空間と人々、できごとが川俣氏を巡りながら展開していきます。

続きを読む "川俣正 展『Expand BankART』@BankART Studio NYK"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森本千絵『en°木の実』展@オン・サンデーズ

森本千絵『en°木の実』展
2012年12月3日(月)―2013年1月29日(火)
ON SUNDAYS

Chie_morimoto_1 Chie_morimoto_2

デザイン、広告の仕事にはじまり、近年はコミュニケーションディレクターとしても独自の創作を続ける森本千絵。同展では、2011年3月の震災のあと毎日書き続けている新聞コラージュ「日々の実日記」、制作のためのオリジナルローイングやダミー本、森本自身の大切なものがぎっしりと詰まった「秘密の引き出し」を初公開。また、自らがデザインしたテーブルやインテリアで特別なメニューを供する「en°木の味カフェ」、森本千絵が選ぶ理想の本をオン・サンデーズが総力を挙げて揃えた「驚異の書en°棚」、オリジナル商品が揃うギフトショップ「贈るgoen°」などが集結し混沌と驚きの空間を作り出す。森本千絵の全ての創作のルーツとその繋がりを紹介する初めての展覧会。会期中、会場には作家本人が日々の仕事をこなしつつ滞在する。

続きを読む "森本千絵『en°木の実』展@オン・サンデーズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヌードルプロデューサーとコラボした山口典子新作展

山口典子 個展
Nu doll -Stop Motion Animation-

2012年12月12日(水)―24日(月祝)
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA2

Noriko_yamaguchi

「Nu doll -Stop Motion Animation-」では、ヌードルプロデューサー・株式会社富多屋生麺代表取締役の渡辺一明さんとのコラボレーションにより実現した山口典子の新作を展示します。山口は「KEITAI GIRL」や「PEPPERMINT GIRL」をはじめとする作品で、人と人とのコミュニケーションのあり方を写真、映像、パフォーマンス等で表現しつづけてきました。今回は映像作品と平面作品を展示します。またトークショーでは、福島県にお住まいの渡辺さんをゲストに迎え、震災後に彼が建てたアート作品の為の部屋を紹介して頂きます。

[関連イベント]
レセプション&トークショー  12月22日(土)17:00~
ゲスト:渡辺一明氏(ヌードルプロデューサー・株式会社富多屋生麺 代表取締役)

続きを読む "ヌードルプロデューサーとコラボした山口典子新作展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/10

ダンスカンパニーMonochrome Circusとgrafによる2年ぶりの舞台公演

Monochrome Circus×graf×山中透
『TROPE -device as a new structure–』

2013年1月19日(土)—26日(土)
MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w

Monochrome_circus_trope

2013年1月、舞台公演「TROPE(トロープ)」の待望の再上演を行います。ダンスのみならずデザインや建築、アートなど各方面から様々な反響を呼んだ前回の公演から2年の時を経た今回は、構成や展開に新たな解釈を加えた7日間全9回公演という、Monochrome Circusとしては初めてのロングラン公演に挑みます。
また今回は2人のダンサーによるダブルキャストにも挑むなど、表現の新たな可能性も追求します。舞台音楽は今回も元dumb typeの山中透が担当。家具と身体が繰り広げる可能性に満ちた刺激的なパフォーマンスを、ぜひお見逃し無く!

演出・構成=坂本公成 服部滋樹
振付=坂本公成
出演=森裕子、佐伯有香、野村香子、grafスタッフ 
ダブルキャスト* 合田有紀 渡邉尚 小寺麻子 福井幸代
舞台美術=graf
音楽=山中透

特設サイト

http://www.monochromecircus.com/trope2/index.html

続きを読む "ダンスカンパニーMonochrome Circusとgrafによる2年ぶりの舞台公演"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水戸芸術館現代美術ギャラリーにて個展開催『高嶺格のクールジャパン』

『高嶺格のクールジャパン』
2012年12月22日―2013年2月17日
水戸芸術館現代美術ギャラリー

Takaminecool
高嶺格『ジャパン・シンドローム 水戸編』2012年
撮影:松本美枝子


現代社会に潜む支配や抑圧のシステムに対して、批評的かつユーモアあふれる作品を発表している現代美術家・演出家の高嶺格氏の個展です。

「女は、女に生まれるのではない。女になるのだ」という、ボーヴォワールの有名な言葉があります。自意識が形成される過程で、個人に対しいかに社会の集団意識が影響するかを端的に言い表したこの言葉は、現在の日本でますます大きな意味を持つのではないかと思います。「日本人は、日本人に生まれるのではない。日本人になるのだ」あまりに身近にあったため、意識に上ることのなかった物事。あるいは巧みに操作され、意識に上がることを妨げられてきた物事。これらの物事に対し、私たちがついに当事者となったのが現在の状況だと言えるのではないでしょうか?
自分の中になにがあるのか?自分はどう作られてきたのか?3.11のあと、煙に燻されるように出てきたのはその問いだったように思います。「人はなんのために生きるのか?」古代から途切れることなく思想されてきたこの問いを、自分の生きてきた時間と重ねて、鑑賞者と共に考えてみようと思います。 高嶺格

http://arttowermito.or.jp/gallery/gallery02.html?id=341

[関連イベント]
アーティスト・イン・ギャラリー
12月22日(土)14:00~15:00
水戸芸術館現代美術ギャラリー/予約不要

アーティスト・トーク
2013年2月16日(土) 14:00~15:30
水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室/予約不要、先着順60名

続きを読む "水戸芸術館現代美術ギャラリーにて個展開催『高嶺格のクールジャパン』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦しをん「まほろ駅前番外地」ドラマ放送記念『まほろの〈住人十色〉』展

『まほろの〈住人十色〉』展
2012年12月18日(火)—2013年3月31日(日)
町田市民文学館ことばらんど 1階 文学サロン・閲覧室

Mahoro1218
©「まほろ駅前番外地」製作委員会2013

町田で育った人気作家、三浦しをんの“まほろ駅前シリーズ”第2作『まほろ駅前番外地』が2013年1月からドラマ放送されます。「多田便利軒」を営む多田啓介と、そこに居候する行天春彦が暮らす、繁華街と豊かな自然を併せもつ町「まほろ」は、町田がモデルとなっています。「番外地」は、多田と行天が便利屋の仕事を通して出逢った、まほろの住人たちが主役のオムニバス・ストーリー。個性豊かな住人たちはそれぞれの抱える心の闇や不安と向き合いながら、各人の“幸福”へと向かって歩みだします。
同展では、町田で行われたドラマ撮影の様子と、小説『まほろ駅前番外地』をご紹介します。エネルギーあふれる町の姿と、三浦さんの問いかけたテーマ〈幸福の再生〉への手がかりを、住人たちの物語からご覧ください。

・展覧会URL
http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/cul08Literature/bungaku/20121203112728404.html
・テレビドラマHP
http://www.tv-tokyo.co.jp/mahoro/

[関連イベント]
「三浦しをん×池田真紀子 特別対談」
2013年1月27日(日)14:00~15:30/文学館2階 大会議室
ゲスト:三浦しをん/池田真紀子(翻訳家)
定員80名(申込順)
申込=町田市イベントダイヤル(TEL.042-724-5656)で12月22日(土)正午から受付

まほろ散歩
町田駅周辺で“まほろ駅前シリーズ”に登場する場
所を歩きます。
2013年2月26日(火)、3月10日(日)14:00~15:00/文学館1階 文学サロン
定員20名程度(申込不要・雨天決行)

いつでも参加できるイベント「まほろ検定‐番外地編‐」
展覧会期間中、「まほろ駅前番外地」に関する検定問題を配布します。全問正解者には記念品を差し上げます。

続きを読む "三浦しをん「まほろ駅前番外地」ドラマ放送記念『まほろの〈住人十色〉』展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

usaginingenオリジナル映像マシーン"TA-CO"お披露目コンサート

usaginingen
"TA-CO"お披露目コンサート

2012年12月15日(土)19:45open 20:00start

Usaginingen

ドイツ・ベルリンを拠点に、グラフィックデザイン、音楽制作、
映像パフォーマンス等の活動を繰り広げる2人組ユニット・usaginingen。
楽しい空間と時間を作り出し、世界中の人々に驚きや笑顔を与えています。
この度、usaginingenがアラタニウラノのギャラリー空間に登場。
独自に発明したオリジナルの映像マシーン "TA-CO" の紹介、
実際に "TA-CO"を使った映像パフォーマンスを行います。

"TA-CO" 誕生のおはなし
"TA-CO" コンサート

入場無料・予約不要

usaginingen
http://www.usaginingen.com/

ARATANIURANO
108-0072 東京都港区白金3-1-15-2F
TEL.03-5422-8320
http://www.arataniurano.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『BOX OPERA-天使篇』展@SPACE YUI

『BOX OPERA-天使篇』
2012年12月17日(月)―26日(水)
SPACE YUI

Box_opera2012

毎年、冬のイベントとして皆様に親しまれる様になったBOX OPERA展も今年で7
度目となりました。
X'masの雰囲気にふさわしい世界観溢れる作品をお届けできたら、と思います。

[出品作家]北見隆、木村繁之、建石修志です。

続きを読む "『BOX OPERA-天使篇』展@SPACE YUI"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひるたえみ、はじめてのLEICAで、はじめての展覧会『LEICA VIRGIN』

Lv_title
2012年12月13日(木)ー27日(木)
ATAMATOTE 2-3-3

Lv_20110412p_3LEICA写真と洋服日記と
ことばでつづる
365日のPUBLICな
PRIVATE DIARYをつくりました。




オープニングレセプション
12月13日(木)19:00~

ゲスト:萩原朔美、榎本了壱、ほか
スペシャルなゲストを迎えて
ギャラリートークをいたします。












続きを読む "ひるたえみ、はじめてのLEICAで、はじめての展覧会『LEICA VIRGIN』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2週間限定の書店『三条富小路書店』@京都・ギャラリーH2o

2週間限定の書店 『三条富小路書店』
2012年12月4日(火)―16日(日)
京都・ギャラリーH2o

Santomi2012_web

京都、三条富小路にあるギャラリーH2oが2週間限定で本屋さんに変身します。
それが「三条富小路書店」。

販売するラインナップは作者同士のネットワークで集まったものをはじめ、京都を中心に全国から参加者を募り少部数発行の個人出版物(いわゆるzine・リトルプレス)や、作家やのつくる1点モノ、本のカタチをしていない「?」ものまで。作り手の顔ががみえる「本」が一同に並びます。
お気に入りの一冊を見つけに、ぜひ遊びにきてください!

http://bookyoto.web.fc2.com/index.html

F0134538_
[↑出品例]オオスキトモコさんのイラストポストカードや限定のスキャナ写真の写真集
http://petitmatch.exblog.jp/18227391/

続きを読む "2週間限定の書店『三条富小路書店』@京都・ギャラリーH2o"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/07

2つの人格になったセサミスペースの『ソフトスペシフィック』展

セサミスペース 個展 『ソフトスペシフィック』
〈前期〉2012年12月8日(土)―2013年1月26日(土)
〈後期〉2013年2月1日(金)―3月2日(土)
fabre8710

Girl_girl_girl
sesamespace
左)girl girl girl #8/Lambda print ed.8 801×554mm 2012
右)girl girl girl #9/Lambda print ed.8 801×554mm 2012


セサミスペースは、これまで女性1名により、作家活動を行ってきましたが、今年9月から男性1名が加わることになり、「二つの人格を持つ作家」というコンセプトで活動しています。(ユニットではなく、セサミスペースという作家の中に人格が2つ(名)あるという考え方です。)それにより、これまで発表してきた写真作品や、ビジュアル作品、ドローイング、ビデオ、インスタレーションなどに加え、テキスト、プロジェクトなどの作品を含めた、より多角的なアートワークを提示しています。

今展では、展覧会タイトルにもありますように、「ソフトスペシフィック(Soft-specific:造語)」を打ち出し、構成。先日まで参加していた青参道アートフェアではヘアサロン UMiTOS Tokyo Aoyamaで新作を展示し、その際サロンの人や、サービス、個性に焦点をあてた、その店(ソフト)だからこそ成り立つ新作を発表しました。(オーナーのスタイリストがメンタル面も含めたカウンセリングを行われること、展示スペースがカウンセリングルームであったことから、まずカウンセリングを受け、その後ヘアスタイリングをしていただき、その髪型をサンプリング。これまでのセサミスペース作品のテーマに重ね合わせ、これまでの制作手法を用い、「内面」と「表層」を、テキストを含め作品化。)

そのコンセプトの一部をひき継ぎながら、次の「ソフトスペシフィック」へと移行するという意味で、今回の個展のタイトルを「ソフトスペシフィック」として打ち出し、今後のセサミスペース作品の一つの柱としてもプレゼンテーションしていくかたちとなります。

昨年の個展「経験のコラージュ」では、「経験」という概念をコラージュするというコンセプトのもと、「経験」をコラージュした新作の展示に、旧作もさらに加えて「経験」をコラージュ(展示)。まるで回顧展の様相を呈しつつも、「現在性」を象徴したものとなりました。今回の個展では、そこからの連続として、目に見えない、形のないもの、「ソフト」に焦点を当てた「ソフトスペシフィック」をコンセプトに展開します。 「場所」にしばられない、そして「現在性」を意識したものとなる予定です。

〈前期/初日〉オープニングレセプション:2012年12月8日(土)18:00~20:00 
〈後期〉オープニングレセプション:2013年2月2日(土)18:00~20:00

続きを読む "2つの人格になったセサミスペースの『ソフトスペシフィック』展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木村俊幸個展『MATIM -寄港-』

木村俊幸 個展
『MATIM -寄港-』

2012年12月7日(金)―29日(土)、2013年1月10日(木)―19日(土)

Matim

14:00~18:00 +アポイントメント

日~水、祝日休廊

オープニングレセプション 12月7日(金)18:00~

[同時開催]
木村俊幸 個展『MATIM -前線(仮)-』
12月1日(土)~25日(火)13:00~19:00 
※水曜・日曜 休廊
ガレリア デ ムエルテ

http://www.galeriademuerte.com/

MATIM TV-YES MATIM!!- 2012 http://vimeo.com/53852310
MATIM RADIO twitter https://twitter.com/matim_radio

LOOP HOLE
183-0022 東京都府中市宮西町1-15-13
TEL.042-401-1633
http://studioloophole.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »