« 木村俊幸個展『MATIM -寄港-』 | トップページ | 2週間限定の書店『三条富小路書店』@京都・ギャラリーH2o »

2012/12/07

2つの人格になったセサミスペースの『ソフトスペシフィック』展

セサミスペース 個展 『ソフトスペシフィック』
〈前期〉2012年12月8日(土)―2013年1月26日(土)
〈後期〉2013年2月1日(金)―3月2日(土)
fabre8710

Girl_girl_girl
sesamespace
左)girl girl girl #8/Lambda print ed.8 801×554mm 2012
右)girl girl girl #9/Lambda print ed.8 801×554mm 2012


セサミスペースは、これまで女性1名により、作家活動を行ってきましたが、今年9月から男性1名が加わることになり、「二つの人格を持つ作家」というコンセプトで活動しています。(ユニットではなく、セサミスペースという作家の中に人格が2つ(名)あるという考え方です。)それにより、これまで発表してきた写真作品や、ビジュアル作品、ドローイング、ビデオ、インスタレーションなどに加え、テキスト、プロジェクトなどの作品を含めた、より多角的なアートワークを提示しています。

今展では、展覧会タイトルにもありますように、「ソフトスペシフィック(Soft-specific:造語)」を打ち出し、構成。先日まで参加していた青参道アートフェアではヘアサロン UMiTOS Tokyo Aoyamaで新作を展示し、その際サロンの人や、サービス、個性に焦点をあてた、その店(ソフト)だからこそ成り立つ新作を発表しました。(オーナーのスタイリストがメンタル面も含めたカウンセリングを行われること、展示スペースがカウンセリングルームであったことから、まずカウンセリングを受け、その後ヘアスタイリングをしていただき、その髪型をサンプリング。これまでのセサミスペース作品のテーマに重ね合わせ、これまでの制作手法を用い、「内面」と「表層」を、テキストを含め作品化。)

そのコンセプトの一部をひき継ぎながら、次の「ソフトスペシフィック」へと移行するという意味で、今回の個展のタイトルを「ソフトスペシフィック」として打ち出し、今後のセサミスペース作品の一つの柱としてもプレゼンテーションしていくかたちとなります。

昨年の個展「経験のコラージュ」では、「経験」という概念をコラージュするというコンセプトのもと、「経験」をコラージュした新作の展示に、旧作もさらに加えて「経験」をコラージュ(展示)。まるで回顧展の様相を呈しつつも、「現在性」を象徴したものとなりました。今回の個展では、そこからの連続として、目に見えない、形のないもの、「ソフト」に焦点を当てた「ソフトスペシフィック」をコンセプトに展開します。 「場所」にしばられない、そして「現在性」を意識したものとなる予定です。

〈前期/初日〉オープニングレセプション:2012年12月8日(土)18:00~20:00 
〈後期〉オープニングレセプション:2013年2月2日(土)18:00~20:00

セサミスペース 個展 『ソフトスペシフィック』

〈前期〉2012年12月8日(土)―2013年1月26日(土)
〈後期〉2013年2月1日(金)―3月2日(土)

12:00~19:00

金・土曜のみオープン

日・月~木・祝休

入場無料

fabre8710
101-0042 東京都千代田区神田東松下町19 興亜第1ビルB2F
TEL.03-6206-8337

http://www.fabre8710.com
http://www.facebook.com/fabre8710

|

« 木村俊幸個展『MATIM -寄港-』 | トップページ | 2週間限定の書店『三条富小路書店』@京都・ギャラリーH2o »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/56270412

この記事へのトラックバック一覧です: 2つの人格になったセサミスペースの『ソフトスペシフィック』展:

« 木村俊幸個展『MATIM -寄港-』 | トップページ | 2週間限定の書店『三条富小路書店』@京都・ギャラリーH2o »