« Wind(風)をテーマにしたグループ展@SPACE YUI | トップページ | 世界ツアーを終えて更にパワーアップした「クニコ・プレイズ・ライヒ」 »

2012/10/05

広告写真界の鬼才 操上和美―時のポートレイト

操上和美 時のポートレイト
ノスタルジックな存在になりかけた時間。
2012年9月29日(土)―12月2日(日)
東京都写真美術館

Kurigami_portrait_of_a_moment_2

日産「フェアレディZ」、サントリー「オールド」をはじめとするコマーシャルフォト、井上陽水のレコードジャケット、大江健三郎のポートレートなど、1970~80年代のメディア芸術を一新した広告写真界の鬼才、操上和美(1936~)。広告表現の新たな可能性を切り拓き、現代に至るまでコマーシャル、グラフィック、エディトリアル等の表現を牽引し続けてきた彼は、映画『ゼラチン・シルバー・ラブ』(2009)では視覚表現の映像化にも挑戦しました。同展は、1970年代から撮り続けてきた作品を一堂に集め、作家の写真眼に迫ります。

操上和美 時のポートレイト
ノスタルジックな存在になりかけた時間。

9月29日(土)―12月2日(日)

10:00~18:00(木・金は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで

毎週月曜休館(月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)
※ただし10月1日(月・都民の日)は開館、翌2日(火)は休館

観覧料
一般700円/学生600円/中高生・65歳以上500円
※10月1日(月・都民の日)は入場無料
※小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料

東京都写真美術館
153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL.03-3280-0099

http://www.syabi.com/

|

« Wind(風)をテーマにしたグループ展@SPACE YUI | トップページ | 世界ツアーを終えて更にパワーアップした「クニコ・プレイズ・ライヒ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/55818081

この記事へのトラックバック一覧です: 広告写真界の鬼才 操上和美―時のポートレイト:

« Wind(風)をテーマにしたグループ展@SPACE YUI | トップページ | 世界ツアーを終えて更にパワーアップした「クニコ・プレイズ・ライヒ」 »