« SHIBAURA HOUSEで始まるスタジオプログラム『HUMAN PRACTICE』 | トップページ | 『銀座目利き百貨街2』に出店してます! »

2012/09/27

道尾秀介展『小説の可能性-potential of novels-』

映画『カラスの親指-by rule of CROW'S thumb』公開記念
道尾秀介展
『小説の可能性-potential of novels-』

2012年10月20日(土)―12月24日(月)
町田市民文学館ことばらんど

Rule_of_crows_thumb

町田で学生時代を過ごした直木賞作家・道尾秀介(1975-)。当時から小説家を目指していた彼が09年に日本推理作家協会賞を受賞した『カラスの親指-by rule of CROW'S thumb』が11月23日(金・祝)から映画として公開されます。
同展はこれを記念して開催する「作家・道尾秀介」全国初の展覧会です。「文章でしか描けないものが、この世にはある」と信じ、ひたすらに「小説の可能性」を追求する道尾作品の魅力を、ぜひご覧ください。

Rule_of_crows_thumb2_2

道尾秀介
2004年『背の眼』で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞しデビュー。05年に『向日葵の咲かない夏』で注目を集め、07年『シャドウ』で第7回本格ミステリ大賞を受賞。09年『カラスの親指』で第62回日本推理作家協会賞、10年『龍神の雨』で第12回大藪春彦賞、『光媒の花』で第23回山本周五郎賞。11年『月と蟹』で第144回直木賞を受賞。ジャンルを問わず多彩な作品を発表し続け、いま最も注目を集める若手作家である。

(c)タカオカ邦彦




映画『カラスの親指-by rule of CROW'S thumb』公開記念
道尾秀介展『小説の可能性-potential of novels-』

10月20日(土)―12月24日(月)

10:00~17:00 ※金曜日は20:00まで

毎週月曜休館(ただし、12月24日は開館)、第2木曜日

観覧無料

展覧会観覧後アンケートに答えると抽選で素敵なグッズをプレゼント

展覧会HP
http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/cul08Literature/bungaku/20120917141359007.html
映画HP http://movies.foxjapan.com/crow/index.html

お問合せ・アクセス
町田市民文学館ことばらんど 
194-0013 東京都町田市原町田4-16-17
TEL.042-739-3420

|

« SHIBAURA HOUSEで始まるスタジオプログラム『HUMAN PRACTICE』 | トップページ | 『銀座目利き百貨街2』に出店してます! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/55756966

この記事へのトラックバック一覧です: 道尾秀介展『小説の可能性-potential of novels-』:

« SHIBAURA HOUSEで始まるスタジオプログラム『HUMAN PRACTICE』 | トップページ | 『銀座目利き百貨街2』に出店してます! »