« 畳谷哲也個展『Ta Ta Mi No Te タタミノテ』@ATAMATOTE2-3-3 | トップページ | 恒例のTIS展覧会『絵に描いた座右の銘』 »

2012/08/22

フェスティバル/トーキョーにより、本年から発行がはじまるジャーナル

「TOKYO/SCENE」
全国主要劇場、美術館、書店、カフェ等にて配布予定

Tokyoscene01

観客と作品、そして観客とフェスティバルを繋ぐ新たなメディアとして「TOKYO/SCENE」の刊行がスタートします。本年秋に開催されるF/T12の各プログラムと連動しながら、会期終了まで全4 号の配布を予定。批評性の高い独自コンテンツを多数収録し、同時代の芸術表現の可能性を探求します。

[第一号概要]
震災以降の失語状態を経て、舞台表現はいかにして新しい言語を獲得するのか。ノーベル賞作家のエルフリーデ・イェリネクが、3.11を受けて急遽書き上げた戯曲「光のない。」を読み解きながら、映画や音楽など多方面の識者の論考や対話を織り交ぜつつ「語り得ないことを語る」新たな舞台言語の地平を探ります。
特別寄稿:エルフリーデ・イェリネク、玄侑宗久、三輪眞弘
対談、インタビュー:諏訪敦彦×松田正隆、ヨッシ・ヴィーラー、勅使川原三郎

http://festival-tokyo.jp/journal/

|

« 畳谷哲也個展『Ta Ta Mi No Te タタミノテ』@ATAMATOTE2-3-3 | トップページ | 恒例のTIS展覧会『絵に描いた座右の銘』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/55483102

この記事へのトラックバック一覧です: フェスティバル/トーキョーにより、本年から発行がはじまるジャーナル:

« 畳谷哲也個展『Ta Ta Mi No Te タタミノテ』@ATAMATOTE2-3-3 | トップページ | 恒例のTIS展覧会『絵に描いた座右の銘』 »