« 平田オリザが22年前に龍昇企画に書き下ろした『チャイニーズスープ』 | トップページ | ベルギー×日本 ダンスコラボレーションプロジェクト『横浜借景』 »

2012/08/10

小田原亜梨沙個展『a Tokyo suburb』@fabre8710

小田原亜梨沙 『a Tokyo suburb』
2012年9月8日(土)―11月24日(土)
fabre8710

A4pinkI_took_the_usual_road_homeMyfic

Arisa Odawara
上)a Tokyo suburb 2012
下左)I took the usual road home. 2011 acrylic on canvas 410×530mm
下右)#153 2012 watercolor on paper 210×297mm


終わりのない人形劇
2005年、若手の発掘イベント「GEISAI」で、初めて小田原亜梨沙の作品を見た。レトロな服装のぽっちゃりした女性が、二人ないしはそれ以上、反復して描かれた不思議なドローイング。カラフルに塗られた服の柄が目をひき、そのフラットで軽妙なグラフィック感覚と、黒目のない人物達の虚無感が妙に印象に残ったのだった。
水彩を中心に、鉛筆やペンも使って描かれる彼女のドローイングは、その後も創作の基盤になっていったようだ。勢いのある線やタッチが装飾的に画面を彩り、相変わらず不可解な女性や男性像を中心に、スイーツやコスメ、牧歌的な風景が、連想ゲームのように画面に登場した。青木陵子やスーザン・チャンチオロといった、ドローイングを重視する同時代のアーティストとも、うっすらどこかで繋がっていた。
そんな彼女の作品が変化したのは、「my fictitious diary」という空想日記を描き始めた、2008年頃からだった。複数の男女が家の中やリゾートで繰り広げる、ちょっと意味深な人間模様。一枚のドローイングとしばしば英語のコメントで表されるその日記は、題名を知らなければ、他人の日常をのぞき見する好奇心で興奮が倍増しただろう。けれど、海外のメロドラマを思わせるステレオタイプな雰囲気と、女性の背後に骸骨がいたりする突拍子のなさに、これが想像の物語だということが明らかになる。そして、観客の別の想像力に火が付けられる。
三日に一度は描き、すでに十冊近くにもなった空想日記には、実は50ものエピソードが平行して起きているのだという。小田原は、そうして日々、ゲームのように物語を膨らませていくことで、絵を描くことが自然に続けられると、打ち明ける。中には、細部を変えて繰り返し描かれる場面もあり、それがキャンバス画などに転じるケースも増えてきた。マネキンのように戯画化された世界が、絵画の中では抽象化され、別の意味を帯びて見えることが興味深い。
幼い頃、息を潜めて大人達の様子を伺い、その成り行きをこっそり空想していた小田原は、人形遊びのように自分の世界を絵の中に描き表してきたという。その後、独学で試行錯誤した彼女の想像世界は、木々が枝葉を広げるように、つぎつぎと作品として展開し始めた。今回の展覧会では、地上と地中が舞台になるらしい。あの奇妙な人々が、今度はどんな風に活躍するのか、今から楽しみだ。
宮村周子 Miyamura Noriko (編集者、ライター)

『a Tokyo suburb』と題されたドローイングと、その連作として板に描かれる作品、さらに絵の中に登場する生物やその様子をクローズアップした粘土作品など、計約10点を展示予定です。


オープニングレセプション 9月8日(土)18:00~20:00

http://www.fabre8710.com

小田原亜梨沙『a Tokyo suburb』

9月8日(土)―11月24日(土)

12:00~19:00 金・土曜のみオープン

日・月~木・祝休

入場無料

fabre8710
101-0042 東京都千代田区神田東松下町19 興亜第1ビルB2F
TEL.03-6206-8337

http://www.fabre8710.com
http://www.facebook.com/fabre8710

|

« 平田オリザが22年前に龍昇企画に書き下ろした『チャイニーズスープ』 | トップページ | ベルギー×日本 ダンスコラボレーションプロジェクト『横浜借景』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/55392857

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原亜梨沙個展『a Tokyo suburb』@fabre8710:

« 平田オリザが22年前に龍昇企画に書き下ろした『チャイニーズスープ』 | トップページ | ベルギー×日本 ダンスコラボレーションプロジェクト『横浜借景』 »