« 世界中を魅了するアラブの現代美術『アラブ・エクスプレス展』開催中 | トップページ | 『銀座目利き百貨街2』に榎本了壱が、「小丸家」を出店します »

2012/07/23

ニブロール 『SEE/SAW』

ニブロールの 『SEE/SAW』を見た!大傑作!

評=榎本了壱

20日、ヨコハマ創造都市センターで、Nibrollのダンス 『SEE/SAW』を見た。ニブロールは、常に何かを強く訴えかける衝撃力のある作品を発表し続けているが、今回の「SEE/SAW」はその中でもベストワークと評していい素晴らしい作品だ。前半は4人のダンサーによる、いかにも矢内原美邦の振付けらしい動き。日常の仕種とトリッキーなムーヴメントを美事にフュージョンした暴力的で被虐的な、しかしリリカルなダンスだ。それは、時間と空間を正確にプログラミングした、高橋啓祐の幻惑的な映像とリレーションをとりながら進行する。さらにはスカンクの機械音のような無機質でミニマルな音楽が、じわじわとそれを強力にサポートしていく。何気ない、しかし決定的な記憶への回帰と、それほど遠くない死への戦慄、抵抗、あるいは共鳴。動くことで解体してしまいようなダンサーたちの肉体が、生への希求から死へ至る危機感をも呼び起こしていく。
後半は、スズキタカユキデザインの、黒いコスチュームの18人の若いダンサー、アクターたちがぞろりと登場して来る。ここで前半の「生」のモチーフが一転「死」のテーマへと移行する。日常のプロダクツが飛翔して永遠に飛び去っていく映像の中で、彼らはあらん限りの声を絞って叫び続ける。世界の終わりに立ち会っているような絶望と、しかしそれでも林檎の種を蒔こうとするような若々しいアンビバレンツ。ヨコハマ創造都市センターのギリシャ風な白い巨きな列柱が、死を祀る斎場にも見えてきて、彼らの熟練していない動きや発声が続く。それがかえってダンス作品という既成の完成度を拒絶しながら、リアルで真摯な答えのない行為の連続から、切ない程の共感をオーディエンスに投げかけて来る。
矢内原美邦はまた一段と成熟している。そして高橋啓祐とのコラボレーションは、Nibrollというユニットを、確実にインターナショナルな地平へと、ライジングさせた。必見の作品である!
8月12日(日)まで。ヨコハマ創造都市センター

www.nibroll.com

|

« 世界中を魅了するアラブの現代美術『アラブ・エクスプレス展』開催中 | トップページ | 『銀座目利き百貨街2』に榎本了壱が、「小丸家」を出店します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/55262392

この記事へのトラックバック一覧です: ニブロール 『SEE/SAW』:

« 世界中を魅了するアラブの現代美術『アラブ・エクスプレス展』開催中 | トップページ | 『銀座目利き百貨街2』に榎本了壱が、「小丸家」を出店します »