« 【ご招待券プレゼント】世界の視線を集め続ける日本ファッションの大規模展覧会『Future Beauty』展 | トップページ | 高橋キンタロー個展『of the shape looks』@SPACE YUI »

2012/07/18

長崎で被爆した一本の柿の木を通じた『柿の木の物語』 出版記念展覧会

KAKI STORY 1995-2012
―つながる・ひろがる柿の木の旅―
2012年7月27日(金)―9月2日(日)
BLD GALLERY

Kaki_story

1945年8月9日、長崎に原爆が落とされ多くの生命が絶たれたその暗闇の中、生き続けた1本の柿の木がありました。被爆した柿の木は、ほかの柿の木と比べ元気がありませんでしたが、樹木医・海老沼正幸の治療によって二世を産みだすまでに回復しました。そして海老沼は、この「被爆柿の木二世」の苗木を、平和の象徴として子どもたちに配る活動を始めます。

海老沼と柿の木の親子の存在を知った現代美術家・宮島達男は、その活動をアートとしてサポートしていきたいと考え、1996年「時の蘇生・柿の木プロジェクト」を設立。柿の木プロジェクトは、国内外の子供たちと被爆柿の木二世を植樹し、平和の意味を考えるワークショップをサポートしています。これまでに、22か国、198の地域で植樹を行ってきました。同プロジェクトは、植樹を通じて次の世代へ生命のエネルギーを伝えることを目指しています。同時に、柿の木と出会った人々が感じ、起こした行為のすべてをアートとして捉え、記録し、世界に発信しています。

今夏、同プロジェクトの18年間の活動の軌跡をまとめた本、『柿の木の物語』が出版されます。この出版を記念する今回の展覧会では、「被爆柿の木二世」に出会った人々が生み出した作品を中心に、プロジェクトを紹介していきます。会場では、各植樹地で創造された作品や音楽とともに、来場者の参加により変化していく「シンボルツリー」を設置。また、様々なトーク・イベントや子どもたちを対象としたワークショップも予定しています。

KAKI STORY 1995-2012 
―つながる・ひろがる柿の木の旅―

7月27日(金)―9月2日(日)

11:00~19:00

会期中無休

入場無料

BLD GALLERY
〒104-0061 東京都中央区銀座2-4-9 SPP銀座ビル8F
TEL.03-5524-3903

www.bld-gallery.jp

|

« 【ご招待券プレゼント】世界の視線を集め続ける日本ファッションの大規模展覧会『Future Beauty』展 | トップページ | 高橋キンタロー個展『of the shape looks』@SPACE YUI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/55223902

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎で被爆した一本の柿の木を通じた『柿の木の物語』 出版記念展覧会:

« 【ご招待券プレゼント】世界の視線を集め続ける日本ファッションの大規模展覧会『Future Beauty』展 | トップページ | 高橋キンタロー個展『of the shape looks』@SPACE YUI »