« 興味が湧いたらハジメドキ。演劇ワークショップ受講者募集 | トップページ | ギャルリももぐさで始まる『わたしの日用品=愛用品』展 »

2012/07/12

佐藤卓と深澤直人の視点から東北の「食と住」に焦点を当てる展覧会開催中

『テマヒマ展〈東北の食と住〉』
2012年4月27日(金)~8月26日(日)
21_21 DESIGN SIGHT

Temahima

東北のものづくりには、合理性を追求してきた現代社会が忘れてしまいがちな「時間」の概念が、今もなお生き続けています。長く厳しい冬を越すなかで、繰り返し根気よく行われる手仕事。暦に寄り添い素材を準備する、自然が息づく謙虚な暮らし。未来を考えるデザインの観点からも注目したい、「手間」のプロセス、「ひま」(時間)というプロセス。テマヒマかけた東北のものづくりが可能としてきた特色や魅力、そして何よりその考え方を、私たちはどのように明日につないでいけるのでしょうか。
本展に向けて、デザイナーをはじめ、フードディレクター、ジャーナリスト、映像作家、写真家で構成されたチームが、東北6県の「食と住」をめぐるリサーチを行ないました。歴史のなかで培われた独自の伝統を継承する農家。時代や社会の動きを見つめ手仕事を再興する職人。若い才能とともに新たなものづくりの可能性を開拓する工房......。粘り強く前向きな東北の人々との出会いが、展覧会というかたちに結実します。
会場では、佐藤卓のグラフィックと深澤直人の空間構成により、東北のテマヒマかけた「食と住」にまつわる55種の品々を、撮りおろしの映像や写真とともに紹介します。東北の文化や精神を背景に生まれたものづくりから、今後のデザインに活かすべき知恵や工夫を探ります。

公式サイト http://www.2121designsight.jp/program/temahima/

『テマヒマ展〈東北の食と住〉』

4月27日(金)~8月26日(日)

火曜日休館

11:00~20:00(入場は19:30まで)

入場料
一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料

21_21 DESIGN SIGHT
東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
TEL.03-3475-212

http://www.2121designsight.jp

|

« 興味が湧いたらハジメドキ。演劇ワークショップ受講者募集 | トップページ | ギャルリももぐさで始まる『わたしの日用品=愛用品』展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/55178664

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤卓と深澤直人の視点から東北の「食と住」に焦点を当てる展覧会開催中:

« 興味が湧いたらハジメドキ。演劇ワークショップ受講者募集 | トップページ | ギャルリももぐさで始まる『わたしの日用品=愛用品』展 »