« クリエーターによるグラフィック表現への挑戦“グラフィックトライアル”2012 | トップページ | 長崎で被爆した一本の柿の木を通じた『柿の木の物語』 出版記念展覧会 »

2012/07/17

【ご招待券プレゼント】世界の視線を集め続ける日本ファッションの大規模展覧会『Future Beauty』展

Future Beauty
日本ファッションの未来性
2012年7月28日(土)—10月8日(月・祝)
東京都現代美術館 企画展示室3F


ご応募ありがとうございました。
当選された方にはご招待券を発送いたしました。

約100点におよぶ衣装やファッション・ショーの映像、
DMやパンフレットなどを展示した大規模な日本ファッション展

Future_beauty2012
上段左)川久保玲(コム・デ・ギャルソン) 1983年秋冬 
京都服飾文化研究財団所蔵、株式会社コム デ ギャルソン寄贈、林雅之撮影
上段中)山本耀司 1983年春夏
京都服飾文化研究財団所蔵、小山壽美代氏寄贈、広川泰士撮影
上段右)ミントデザインズ 2012年 「アーカイブスドレス」 ©mintdesigns
中段左)ミナ ペルホネン 2005年 「forest parade」 ©minä perhonen
中段右)津村耕佑 「ファイナル・ホーム」 2012年
下段左)サカイ/阿部千登勢 2012年春夏 ©sacai
下段中)ハトラ 2011年秋冬 
photographer: Maki Taguchi, stylist: Sota Yamaguchi, model: Shohei Yamashita
下段右)ミキオサカベ/坂部三樹郎、シュエ・ジェンファン 2011年秋冬 ©株式会社ミキオサカベ


日本ファッションが持つ創造性と、その力強いデザインに潜む文化的背景に焦点を当てた「Future Beauty: 30 Years of Japanese Fashion」展。2010年にバービカン・アート・ギャラリー(ロンドン)、2011年にハウス・デア・クンスト(ミュンヘン)で開催され、高い評価を得ました。新たな作品を加え、ヴァージョンアップした「Future Beauty 日本ファッションの未来性」展は、海外巡回の内容に加えて「日常にひそむ物語」というセクションを新たに設け、今後の方向性を示唆する若手のファッションデザイナーの作品も併せて紹介します。

80年代の「脱構築と革新」から、90年代の“生きるコンセプトを「Attitude(態度)」として見せる世代の表現”を経て、2000年代の食べる、眠る、友人とおしゃべりをするといった“日々の行為=「Behavior(ふるまい)」をもとにした「共感」世代のデザイン”。30年にわたるこれらの変遷を通覧することで、日本ファッションの未来性がみえてきます。

[出展アーティスト]
20471120(中川正博+LICA)、アシードンクラウド(玉井健太郎)、アスキカタスキ(牧野勝弘)、荒川眞一郎、アンダーカバー(高橋盾)、アンリアレイジ(森永邦彦)、イッセイ・ミヤケ(滝沢直己)、エタブルオブメニーオーダーズ(新居幸治+新居洋子)、オー!ヤ?(大矢寛朗)、オオタ(太田雅貴)、神田恵介、ケンゾー(高田賢三)、コム・デ・ギャルソン(川久保玲)、サカイ(阿部千登勢)、システレ(小島悠)、ズッカ(小野塚秋良)、ソマルタ(廣川玉枝)、タオ・コム・デ・ギャルソン(栗原たお)、立野浩二、舘鼻則孝、中章、ネ・ネット(高島一精)、ハトラ(長見佳祐)、ビューティ:ビースト(山下隆生)、ファイナル・ホーム(津村耕佑)、ポト(山本哲也)、堀内太郎、マトフ(堀畑裕之+関口真希子)、マメ(黒河内真衣子)、ミキオ・サカベ(坂部三樹郎+シュエ・ジェンファン)、ミナ・ペルホネン(皆川明)、三宅一生、ミントデザインズ(勝井北斗+八木奈央)、森英恵、山本耀司、リトゥンアフターワーズ(山縣良和)、渡辺淳弥

[展示デザイン]
藤本壮介(建築家)

WEBサイト 
www.mot-art-museum.jp

[関連イベント]
講演会「ファッション・ショーの舞台裏:ヘアメイクの視点から」
8月5日(日) 13:00~15:00
東京都現代美術館 地下2階講堂
講演=岡元美也子、計良宏文(資生堂ビューティートップスペシャリスト)
参加費無料・定員200名(先着順)

講演会「建築家・藤本壮介、『Future Beauty』展を語る」
8月8日(水) 19:00~20:30
日本経済新聞社 東京本社2F SPACE NIO
講演=藤本壮介(本展展示デザイン)
参加費1,000円・定員80名

申込み
京都服飾文化研究財団事務局(TEL.075-321-9221)までお電話でお申込みください。
受付時間=平日9:00~17:00

※イベント詳細、その他のイベントはWEBサイトをご覧ください。

Future Beauty
日本ファッションの未来性

7月28日(土)—10月8日(月・祝)

10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)

毎週月曜休館
※ただし9月17日、10月1日、8日は開館、9月18日(火)は休館

観覧料
一般1,000円
大学生・65歳以上800円
中高生500円
小学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方とその付添者2名、第3水曜日に観覧する65歳以上は無料
※本展チケットで「MOTコレクション」もご覧いただけます。

東京都現代美術館
〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1
TEL.03-5245-4111(代表)
TEL.03-5777-8600(ハローダイヤル)

http://www.mot-art-museum.jp/

|

« クリエーターによるグラフィック表現への挑戦“グラフィックトライアル”2012 | トップページ | 長崎で被爆した一本の柿の木を通じた『柿の木の物語』 出版記念展覧会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/55215823

この記事へのトラックバック一覧です: 【ご招待券プレゼント】世界の視線を集め続ける日本ファッションの大規模展覧会『Future Beauty』展:

« クリエーターによるグラフィック表現への挑戦“グラフィックトライアル”2012 | トップページ | 長崎で被爆した一本の柿の木を通じた『柿の木の物語』 出版記念展覧会 »