« 浅井健一を被写体とした写真展を開催!『AROUND BENZIE』@LAPNET SHIP | トップページ | 開催中『日本のグラフィックデザイン2012』@東京ミッドタウン・デザインハブ »

2012/06/28

村山知義の宇宙-すべての僕が沸騰する-関連企画の演劇をPICK UP

村山知義の宇宙
すべての僕が沸騰する
2012年7月14日(土)―9月2日(日)
世田谷美術館 1階展示室

Tomoyoshi0714murayama

関連演劇企画
村山知義の代表的な戯曲『スカートをはいたネロ』を取り上げ、
演劇人としての側面に迫る注目の企画


中野成樹+フランケンズ「現在に『スカートをはいたネロ』を試演する」
7月16日(月・祝)13:00/15:00/17:00(開場は開演15分前) ※上演時間約45分
世田谷美術館 1階講堂


「この戯曲執筆当時の村山が、人形芝居を意識した理由の一つには、低コストがあったと思われます。同じ人形劇芝居である『やっぱり奴隷だ』の冒頭にも「ごく簡単で費用もかからないこの技法・形式に着目せよ」といった趣旨のことが書かれています。停滞を排除し絶えぬ活動を行うためのアイディアだったのでしょう。そしてそれは、プロレタリアの、その芸術家の誠実なる態度であったかもしれません。正直、我々はいま人形劇のいろはをわかってはいません。しかし停滞をおそれる気持ちはわかります。そしてそれから逃げ切るための低コストも。本作では特殊な演出は行いません。簡素な舞台に、戯曲の指示通り「すべて舞台を人形に比して非常に大きく」つくってもみます。そして、何よりも忘れてならないのは、村山が感じていたであろう世界を思い、彼の言葉を大きな声でそこに響かせること。彼の言葉は、いまにどう響くのでしょう?」text by 中野成樹(プレスリリースより)

構成・演出=中野成樹
出演=村上聡一、福田毅、竹田英司、田中佑弥、洪雄大、野島真理、
石橋志保、斎藤淳子、小泉真希、北川麗

チケット料金
・ホームページ限定予約(公演+展覧会チケット)1,300円
・当日(公演のみ)1,000円
・当日の展覧会チケットをお持ちの方500円

詳細&予約

http://www.setagayaartmuseum.or.jp/wnew/index.html#wn00347

村山知義の宇宙
すべての僕が沸騰する

7月14日(土)―9月2日(日)

10:00~18:00 ※入館は閉館30分前まで

毎週月曜日休館、ただし7月16日(月・祝)は開館、17日(火)は休館

観覧料
一般1,000円、65歳以上/大高生800円、中小生500円
※障害者の方は500円(介助の方1名までは無料)、大高中小生の障害者の方は無料

世田谷美術館
157-0075 世田谷区砧公園1-2
TEL.03-3415-6011

http://www.setagayaartmuseum.or.jp/

|

« 浅井健一を被写体とした写真展を開催!『AROUND BENZIE』@LAPNET SHIP | トップページ | 開催中『日本のグラフィックデザイン2012』@東京ミッドタウン・デザインハブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/55070688

この記事へのトラックバック一覧です: 村山知義の宇宙-すべての僕が沸騰する-関連企画の演劇をPICK UP:

« 浅井健一を被写体とした写真展を開催!『AROUND BENZIE』@LAPNET SHIP | トップページ | 開催中『日本のグラフィックデザイン2012』@東京ミッドタウン・デザインハブ »