« スティーブ・ライヒ ― 加藤訓子、新たなワーク!‘kuniko plays reich’in yokohama | トップページ | 金森穣率いるNoism新作公演『Nameless Voice ~水の庭、砂の家』 »

2012/05/30

fabre8710の次回展覧会はブログやツイッター連動企画や各種イベントが盛りだくさん

Right, there is nothing.
『はしらのきず展 丹波の暮らし』

2012年6月1日(金)―8月4日(土)
fabre8710

Tamba

Right, there is nothing.は、2009年7月に大阪で開店。作品集、ジンなどの出版物や、プロダクト、zakka、artwork(primary)、古道具、古書などを扱っています。ショップコーナーとウェブストアというかたちで営業し、今年2月には東京(fabre8710の上のフロア)に小さなショップをオープンしました。

Right, there is nothing.の開店3周年記念でもある今展は、2010年に大阪で開催し、好評を博した『はしらのきず展』の続編で、兵庫県の『丹波の暮らし』をテーマに、古いものたちと、工藝品を集め、紹介する展覧会となります。

丹波は、Right, there is nothing.の運営スタッフの出身地でもあることから、お店にとって、いちばん思い入れのある地域です。永年ひとの手で使われてきたもの、またすっかり忘れられていたもの、さらにその土地でつくり続けられてきた工藝品などを紹介することで、『丹波の暮らし』を感じていただけるような、ユニークな展示空間になるようにと考えています。

明治から昭和30年頃までの古い生活を経てきた『古いものたち』と、復興の第一人者である足立康子さんの『丹波布』、宮内庁御用達である素朴な土人形の伝統を守ってこられた5代目 赤井君江さんの『稲畑人形』、丹波に根付いた焼物としてスリップウェアの代表的作陶家である柴田雅章さんの『丹波焼』を紹介いたします。

詳しくはこちら
fabre8710 
http://www.fabre8710.com
Right, there is nothing. http://www.right-th.com

Right, there is nothing.
『はしらのきず展 丹波の暮らし』

6月1日(金)―8月4日(土)

12:00~19:00 金・土曜のみオープン(他日、アポイントメント制)

日・月~木・祝休

入場無料

fabre8710
101-0042 東京都千代田区神田東松下町19 興亜第1ビルB2F
TEL.03-6206-8337

http://www.fabre8710.com
http://www.facebook.com/fabre8710

|

« スティーブ・ライヒ ― 加藤訓子、新たなワーク!‘kuniko plays reich’in yokohama | トップページ | 金森穣率いるNoism新作公演『Nameless Voice ~水の庭、砂の家』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/54835475

この記事へのトラックバック一覧です: fabre8710の次回展覧会はブログやツイッター連動企画や各種イベントが盛りだくさん:

« スティーブ・ライヒ ― 加藤訓子、新たなワーク!‘kuniko plays reich’in yokohama | トップページ | 金森穣率いるNoism新作公演『Nameless Voice ~水の庭、砂の家』 »