« 「陶」の立体作品を発表している村山まりあの展覧会『彼女の場合…』 | トップページ | 5月18日は「国際博物館の日」国立新美術館で記念品プレゼント »

2012/05/10

戦後日本の銅版画のパイオニア『駒井哲郎1920-1976』展

福原コレクション
『駒井哲郎1920-1976』
2012年4月28日(土)―7月1日(日)
世田谷美術館 1階展示室

Setagaya0428

町田市立国際版画美術館を皮切り(2011年4月)に、山口県立萩美術館、伊丹市美術館、郡山市美術館、新潟市美術館と全国を巡回し、世田谷美術館開催で最後となります。
駒井哲郎は、戦後日本の銅版画のパイオニアとして、教科書にも登場する重要な作家。
資生堂名誉会長の福原義春が蒐集した約500点という大コレクションを前後期に分けて一挙公開します。

[関連イベント]
「100円ワークショップ」
小さなお子様から大人の方まで、どなたでもその場で気軽に参加できる100円版画体験です。
会期中毎週土曜日/13:00~15:00/地下創作室C

福原コレクション
『駒井哲郎1920-1976』

〈第I部〉若き日のエッチャーの夢(1935~1960)
4月28日(土)―5月27日(日)

〈第II部〉夢をいざなう版の迷宮(1961~1976)
5月30日(水)―7月1日(日)

休館日
毎週月曜日、4月28日(土)―5月6日(日)は無休
5月28日(月)、29日(火)は展示替のため休室

観覧料
一般1,000円、65歳以上/大高生800円、中小生500円
※障害者の方は500円(介助の方1名までは無料)、大高中小生の障害者の方は無料
※本展に限り、入場券半券をお持ち頂きますと、2回目のチケットご購入時にご観覧料が2割引となります。ぜひ、前後期あわせて展覧会をお楽しみください。

世田谷美術館
157-0075 世田谷区砧公園1-2
TEL.03-3415-6011

http://www.setagayaartmuseum.or.jp/

|

« 「陶」の立体作品を発表している村山まりあの展覧会『彼女の場合…』 | トップページ | 5月18日は「国際博物館の日」国立新美術館で記念品プレゼント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/54676930

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後日本の銅版画のパイオニア『駒井哲郎1920-1976』展:

« 「陶」の立体作品を発表している村山まりあの展覧会『彼女の場合…』 | トップページ | 5月18日は「国際博物館の日」国立新美術館で記念品プレゼント »