« モノクロームの静謐に満ちたマイケル・ケンナ独自の世界 | トップページ | 90年代演劇を代表する金字塔的作品『月の岬』再演 »

2012/04/27

舞踊生活72年黒沢輝夫・下田栄子と娘黒沢美香の〈家族舞踊団〉公演『まだ踊る』

黒沢輝夫・下田栄子・黒沢美香 舞踊公演
『まだ踊る』 Still dancing ─やってきた72年間─
2012年6月17日(日)
藤原洋記念ホール

Kurosawa0617

「まだ踊る」を人生最後の舞台として、二年前ヨコハマ赤レンガで開きました。誰もがそれを最後の舞台と思ったことでしょう。当人こそが一番そう思っていました。なぜこの公演を行うのか、なぜ踊るのかを家族で話しながら時が過ぎ、愚直にも認識できたことは、私たちは〈家族舞踊団〉であることです。舞踊のパイオニア石井漠振付「山を登る」(大正10年の作品)を肉体で継承する黒沢輝夫を柱に、三人三様の舞踊観を束ねて初の親子公演に至ります。

私は舞踊家の二代目で父母は80才代の現役舞踊家です
二人は72年間踊りだけをやって暮らしています
それしかできないともいえるし
出会いに恵まれそれだけで生計をたてられたともいえる

人生をダンスに捧げるということは実際にある
                    ─黒沢美香─


演目
「金色に踊れる男」 振付・出演=黒沢輝夫(2012年新作)
「銀色にのす女」 振付・出演=下田栄子 唄=石井智子(2012年新作)
「JAPON」 振付・出演=黒沢輝夫・下田栄子・黒沢美香(2003年初演)
「ある天才少女生涯」 振付・出演=黒沢美香(2012年新作)
「道程」 振付・出演=黒沢輝夫・下田栄子(1994年初演)

映像の上映(1981~2003年作品/抜粋)
「三味あれこれ」(1981年)
「タンゴ」(1982年)
「6:30am ―ファミリーの場合-」(1985年)
「かざぐるま」(1997年)ほか

石井漠 没後50年記念プログラム
「石井漠という人」 お話=山野博大(舞踊評論家)
「山を登る」 出演=黒沢輝夫・黒沢美香 振付=石井漠 指導=石井はるみ(1921年初演)

※上演順未定。都合により、演目が変更になる場合がございます。

黒沢輝夫・下田栄子・黒沢美香 舞踊公演
『まだ踊る』Still dancing ─やってきた72年間─

6月17日(日)

17:00開演(開場16:30)

チケット(全席指定)
前売/1階・2階席6,000円(学生2,500円)、バルコニー席3,000円
当日/1階・2階席6,500円(学生3,000円)、バルコニー席3,500円
※学生券・バルコニー席のお取扱いは、Dance in Deed!のみ。学生券の方は、当日、学生証をご提示いただきます。
※当日券の有無については、事前にお問合わせください。

チケット取扱い
・カンフェティ TEL.0120-240-540(平日10:00~18:00)

http://confetti-web.com/
※ご予約後、セブンイレブンで発券(発券手数料がかかります。)

・Dance in Deed! TEL&FAX.03-3227-0279
E-mail:
madaodoru@gmail.com
ご予約後、チケット代金をお振込みいただきます。申込みの際は、【お名前(フリガナ)・席種・枚数(一般・学生)・TEL・チケット送付先住所・E-mail】をお知らせください。返信をもちまして、お申込みの確認と代金振込先をお知らせします。

お問合せ
Dance in Deed!
TEL・FAX.03-3227-0279
E-mail:
madaodoru@gmail.com

藤原洋記念ホール(慶應義塾大学日吉キャンパス内 協生館2F)
223-8526 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
TEL.045-564-2500

http://www.kcc.keio.ac.jp/access/

|

« モノクロームの静謐に満ちたマイケル・ケンナ独自の世界 | トップページ | 90年代演劇を代表する金字塔的作品『月の岬』再演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/54570916

この記事へのトラックバック一覧です: 舞踊生活72年黒沢輝夫・下田栄子と娘黒沢美香の〈家族舞踊団〉公演『まだ踊る』:

« モノクロームの静謐に満ちたマイケル・ケンナ独自の世界 | トップページ | 90年代演劇を代表する金字塔的作品『月の岬』再演 »