« ファッションとインテリアのDECOdeBONAIRで4月より写真展開始 | トップページ | 隅田川周辺の街と人を応援する参加型イベント『SUMIDAGAWA PARADE』 »

2012/03/16

能登半島 木彫刻・漆作家大宮静時と、布バッグを創作する大江政子の展覧会

能登 合鹿椀(ごうろくわん)大宮静時のうつわ展 2012
同時開催/大江政子のhome made布バッグ

2012年3月19日(月)―26日(月)
LAPNET SHIP

Omiya_seiji2012

一世紀の時を経て、能登半島の木彫刻・漆作家 大宮静時氏が蘇らせた「合鹿椀」など、“うるし”と“うつわ”の可能性を広げる作品、約100点を一堂に展示する展覧会。

大宮静時
幻の古椀、合鹿椀(ごうろくわん)。一世紀の時を経て発祥の地、能登半島・能登町在住の木彫刻・漆作家の大宮静時が古い技法を辿り復元制作し、蘇らせた合鹿椀と、ナタ、ノミ、チェンソーを用い独自の技法で創った、食器棚に戻さずにそのままディスプレーしておける器や土を塗った「土シリーズ」、自ら採集した縄文朱を塗った器など、うるしとうつわの可能性を広げた作品、約100点を展示販売。なお、この合鹿椀は、能登町が所有する商標登録「合鹿椀」の使用を許可されています。また、漆には殺菌効果があることがわかったそうです。

http://www.ne.jp/asahi/woodcarving/oomiya/

大江政子
あたまのシンから出るデザインと色の組み合わせをあし踏みミシンで、ひとつひとつ、フォルムを立ち上げた個性的なバッグ、約50点を展示販売。布は、フランス、イギリス、日本製、紳士服地布や古布などで丁寧に創られた作品たち。

http://www.ne.jp/asahi/woodcarving/oomiya/masako/

Oe_masako2012

能登 合鹿椀(ごうろくわん)大宮静時のうつわ展 2012
同時開催/大江政子のhome made布バッグ

3月19日(月)―26日(月)

12:00~20:00 ※初日のみ16:00~20:00

会期中無休

入場無料

LAPNET SHIP
150-0001 東京都渋谷区神宮前1-9-11-1F
TEL.03-5411-3330

www.lapnet.jp

|

« ファッションとインテリアのDECOdeBONAIRで4月より写真展開始 | トップページ | 隅田川周辺の街と人を応援する参加型イベント『SUMIDAGAWA PARADE』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/54235819

この記事へのトラックバック一覧です: 能登半島 木彫刻・漆作家大宮静時と、布バッグを創作する大江政子の展覧会:

« ファッションとインテリアのDECOdeBONAIRで4月より写真展開始 | トップページ | 隅田川周辺の街と人を応援する参加型イベント『SUMIDAGAWA PARADE』 »