« 日本を代表するアーティストたちによる“元気な日本が甦るチャリティ広告展”『日本繁昌大展覧会』 | トップページ | 青森&東京公演 渡辺源四郎商店『翔べ!原子力ロボむつ』 »

2012/03/27

川端康成の短編三作を原作として舞台化する国際共同企画 第一弾『少年』

台湾・日本国際共同企画 川端康成三部作 第一弾
『少年』
2012年4月7日(土)―9日(月)
森下スタジオ Bスタジオ

Morishitasdo0407

ノーベル文学賞作家、川端康成が十五歳の時に愛した同級生の少年、清野。二人の少年が交わした濃密な愛の記憶は、その後の川端の執筆に多大な影響を与え、その心情は『伊豆の踊子』にも反映された。そして、五十歳で全集を出版するのを機に少年時代の日記を振り返り、当時の文章を引用した作品『少年』を執筆した。
成熟した作家になった川端が、未熟な少年である自身の姿との対話の中で、見えてきたものとは何か?
台湾演劇界で注目を浴びる劉亮延による脚本・演出、日本人・台湾人キャスト出演のオリジナル国際共同企画を通して、紐解いていく。

原作=川端康成
演出=劉亮延(リウ・リャンエン)
出演=竹口龍茶(はえぎわ)・呉建緯

特設サイト 
http://kawabatatrilogy.com/

台湾・日本国際共同企画 川端康成三部作 第一弾『少年』

4月7日(土)19:30☆
4月8日(日)14:00/18:00◎
4月9日(月)19:30☆
※受付は開演30分前

☆アフタートークあり
詳細は
http://kawabatatrilogy.comにてご確認ください。

◎公演後劉亮延によるプレゼンテーションイベント
『成熟とノスタルジア』

全上演英語・中国語字幕つき

チケット料金(全席自由席)
予約1,300円
当日1,500円
学生900円(要学生証)

予約
専用予約フォーム 
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e05409d1187384

森下スタジオ
135-0004 東京都江東区森下3-5-6
TEL.03-5624-5951

http://www.saison.or.jp/studio/

|

« 日本を代表するアーティストたちによる“元気な日本が甦るチャリティ広告展”『日本繁昌大展覧会』 | トップページ | 青森&東京公演 渡辺源四郎商店『翔べ!原子力ロボむつ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/54320613

この記事へのトラックバック一覧です: 川端康成の短編三作を原作として舞台化する国際共同企画 第一弾『少年』:

« 日本を代表するアーティストたちによる“元気な日本が甦るチャリティ広告展”『日本繁昌大展覧会』 | トップページ | 青森&東京公演 渡辺源四郎商店『翔べ!原子力ロボむつ』 »