« 毎年恒例のグループ展『CHOCOLATS DES FUCHU』 | トップページ | 2回目をむかえるトーキョー発信のインターナショナル・アートフェア »

2012/02/22

振付家・北村明子、約3年ぶりの新作!終演後に榎本了壱トークも!

コンテンポラリーダンス振付家・ダンサー北村明子の新作
インドネシア×日本国際共同制作

『To Belong』
2012年3月15日(木)―18日(日)
森下スタジオ スタジオB

To_belong_2

『To Belong』はインドネシアの音楽家スラマット・グンドノ、舞踊家マルチナス・ミロト、日本からは、映像作家石川慶、音楽家森永泰弘が、北村明子のディレクションのもと集まりました。人間の身体、精神、科学の法則、神、生と死をテーマに、振付家、音楽家、映像作家たちがそれぞれ育った文化的背景を越えて、思考を交換し創作される領域横断的な舞台作品です。
東京のミックスカルチャーの中で育った北村にとって、伝統に強く結び付きながら、現代の芸術が発展しているインドネシアの文化形態は、近くて遠い存在です。異なるバックグラウンドを持つアーティスト達の対話を通じて、北村明子のダンスをリ・ブート(再起動)させます。

構成・演出:北村明子
ドラマトゥルク・映像:石川慶
サウンドディレクション:森永泰弘
音楽提供:Slamet Gundono(スラマット・グンドノ)
照明・美術・テクニカルマネージメント:関口裕二(balance,inc.-Design)
出演・振付:Martinus Miroto(マルチナス・ミロト)、Rianto(リアント)、三東瑠璃、北村明子

詳細 
http://www.akikokitamura.com/tobelong/

『To Belong』

[日程/ポストパフォーマンストーク・ゲストスピーカー]
3月15日(木)19:00~21:00  
谷川渥(美学研究者、國學院大學教授)

3月16日(金)19:00~21:00 
榎本了壱(アートディレクター、京都造形大学教授) 

3月17日(土)19:00~21:00 
萩原朔美(演出家、映像作家、多摩美術大学教授)

3月18日(日)16:00~18:00

※作品45分、トーク45分の予定です。
※受付開始・開場時間は開演の30分前。

チケット料金
全席自由2,000円

森下スタジオ
〒135-0004 東京都江東区森下3-5-6
TEL.03-5624-5951

http://www.saison.or.jp/studio/
[当日のお問合せ]森下スタジオB(直通電話)TEL.03-5624-5954

|

« 毎年恒例のグループ展『CHOCOLATS DES FUCHU』 | トップページ | 2回目をむかえるトーキョー発信のインターナショナル・アートフェア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/54048460

この記事へのトラックバック一覧です: 振付家・北村明子、約3年ぶりの新作!終演後に榎本了壱トークも!:

« 毎年恒例のグループ展『CHOCOLATS DES FUCHU』 | トップページ | 2回目をむかえるトーキョー発信のインターナショナル・アートフェア »