« バッハからテクノまで駆け抜けるフランチェスコ・トリスターノ×コンテンポラリーダンスの勅使川原三郎と佐東利穂子のコラボ公演が実現 | トップページ | 僧侶が唱える声楽「聲明」コンサート『存亡の秋』@スパイラルガーデン »

2011/12/20

有形文化財「旧小坂家住宅」を舞台に、黒沢美香ソロダンスを創作・上演『鳥日』

INSIDE/OUT
黒沢美香ソロダンス『鳥日』
2012年1月18日(水)―22日(日)
瀬田四丁目広場 旧小坂家住宅

Toribi

INSIDE/OUTは、世田谷美術館にて「建築と身体」をテーマに展開しているパフォーマンスシリーズです。第3回目となる今回は、世田谷美術館を飛び出し、世田谷区内の有形文化財「旧小坂家住宅」を舞台に、黒沢美香ソロダンスを創作・上演します。
黒沢美香は、日本のダンスの前衛を走り続けている振付家・ダンサー。
孤高のダンサー、究極のソロダンサーなどと称され、その存在はダンス界のみならず、ジャンルを越えて大きな影響を与えています。『鳥日』は、鬱蒼と生い茂る緑のなかに佇む昭和の邸宅を起点に、一年の歩みの中でゆっくりと立ち上げられる1時間の新作です。大広間、茶室、書斎、寝室・・・部屋から部屋へと巡る、古き邸宅ならではのダンス体験をお楽しみ下さい。

振付・構成・出演=黒沢美香
衣裳=堂本教子
構成・美術=首くくり栲象
音響=サエグサユキオ

黒沢美香公式サイト
http://www.k5.dion.ne.jp/~kurosawa/

NSIDE/OUT
黒沢美香ソロダンス『鳥日』

1月18日(水)―22日(日)
開場14:45/開演15:00(上演時間約60分)

各回定員25名(申込先着順)

申込方法=世田谷美術館、下記予約受付フォームまたはお電話にて予約可能
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/event/entry.php?id=pe00320
TEL.03-3415-6011(休館日:1/9を除く毎月曜日、12/29-1/3、1/10)
※ただし月曜日(1/9除く)12/29-1/3、1/10は休館
※希望公演日を備考欄にご記入下さい。

参加費2,500円

お問合せ
世田谷美術館
157-0075 世田谷区砧公園1-2
TEL.03-3415-6011

http://www.setagayaartmuseum.or.jp/

瀬田四丁目広場 旧小坂家住宅
158-0095 世田谷区瀬田4-41-21

|

« バッハからテクノまで駆け抜けるフランチェスコ・トリスターノ×コンテンポラリーダンスの勅使川原三郎と佐東利穂子のコラボ公演が実現 | トップページ | 僧侶が唱える声楽「聲明」コンサート『存亡の秋』@スパイラルガーデン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/53527514

この記事へのトラックバック一覧です: 有形文化財「旧小坂家住宅」を舞台に、黒沢美香ソロダンスを創作・上演『鳥日』:

« バッハからテクノまで駆け抜けるフランチェスコ・トリスターノ×コンテンポラリーダンスの勅使川原三郎と佐東利穂子のコラボ公演が実現 | トップページ | 僧侶が唱える声楽「聲明」コンサート『存亡の秋』@スパイラルガーデン »