« ギャラリー恒例のクリスマス企画展『fig. 玩具図譜』@SPACE YUI | トップページ | 巡回展『山本容子のアルファベットjurney』@伊勢丹 相模原店 »

2011/12/02

「見る」という行為そのものを再考するきっかけを与えてくれる作品たち『写真の飛躍』

日本の新進作家展vol.10
『写真の飛躍』
2011年12月10日(土)—2012年1月29日(日)
東京都写真美術館 2階展示室

Haruki
“either portrait or landscape 1A” 2007年 ©Maiko Haruki Courtesy of TARO NASU

今年で第10回を迎える「日本の新進作家」展は、写真の根源的な手法や特性―光、時間、記憶、記録など―を表現にとりいれて、視覚を通して様々な事象を探ろうとしている5人の作家をご紹介します。
写真が発明されてから170年が過ぎ、21世紀に入ってからはデジタル技術の発達が目覚ましく、想像できる画像は全て手に入れることができる時代になりました。しかし想像上の画像には限界があります。より複雑で数多の想定外のことが起きる現実と向き合うためには、あらゆる角度から多面的なアプローチで、五感をとぎすませて何よりも目の前の事象と対することが必要です。
本展覧会では、現実と私たちの間を行き来しながらつくられるイメージや記憶、もしくは視覚そのものから得られる感覚といった、言葉では表しにくいものを写真の本質的な特徴を追求しながら表現し、私たちの認識や感覚をより覚醒させてくれる作品を制作している作家たちに焦点をあてます。

【出品作家】
添野和幸、西野壮平、北野謙、佐野陽一、春木麻衣子


【イベント】
出品作家とゲストによる対談
12月10日(土) 15:00~16:30 佐藤時啓(写真家)×佐野陽一
12月11日(日) 15:00~16:30 山崎博(写真家)×添野和幸

12月17日(土) 15:00~16:30 中島英樹(アートディレクター、グラフィックデザイナー)×春木麻衣子
1月14日(土) 15:00~16:30 大竹昭子(文筆家)×北野謙
1月21日(土) 15:00~16:30 藤森照信(建築家)×西野壮平
会場=東京都写真美術館 1階アトリエ(定員50名)
対象=展覧会チケットをお持ちの方
開場= 14:45より(整理番号順入場、自由席)
受付=当日10:00より当館1階受付にて整理番号つき入場券を配布します。

日本の新進作家展vol.10
『写真の飛躍』

12月10日(土)—2012年1月29日(日)

10:00~18:00(木・金は20:00まで)
※2012年1月2日・3日は11:00~18:00
※入館は閉館の30分前

毎週月曜休館(休館日が祝日・振替休日の場合はそ
の翌日、12月29日~2012年1月1日、4日)

入場料
一般700円/学生600円/中高生・65歳以上500円
※小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料

東京都写真美術館
153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL.03-3280-0099

http://www.syabi.com/

|

« ギャラリー恒例のクリスマス企画展『fig. 玩具図譜』@SPACE YUI | トップページ | 巡回展『山本容子のアルファベットjurney』@伊勢丹 相模原店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/53386381

この記事へのトラックバック一覧です: 「見る」という行為そのものを再考するきっかけを与えてくれる作品たち『写真の飛躍』:

« ギャラリー恒例のクリスマス企画展『fig. 玩具図譜』@SPACE YUI | トップページ | 巡回展『山本容子のアルファベットjurney』@伊勢丹 相模原店 »