« 青年劇場『修学旅行』@サンポートホール高松 | トップページ | 水森亜土+田村セツコ『Ado & Setsuko Lovely Lovely』 »

2011/12/01

新春の松岡美術館には古今東西の美女が集結します

『女性美 The Beauties He Loved』
2012年1月5日(木)―4月15日(日)
松岡美術館

Matsuoka0105

 「女性」それは芸術の世界で最も重要なモチーフの一つです。しかし、作品の作り手、作られた時代、作られた地域によって女性美の定義は様々であり、その多様性が時には観る者を喜ばせ、時には驚愕させ、時には混乱させてもきました。一方、創立者・松岡清次郎が生涯をかけて一代で築いた松岡コレクションは、清次郎個人の好みが素直に反映され、蒐集品すべてに一貫した共通性を見て取ることができます。
 今展ではこの一個人が自らの審美眼のみを頼りに蒐集した、古今東西、女性に関する作品を一堂に公開し、芸術における女性美の多様性と共通性を探ろうと思います。清次郎が、作家が、時代が、地域が愛した女性たちに囲まれながら、春のひとときを過ごしてみてはいかがですか。

展示室1/古代エジプトの女神像や婦人像などのオリエント世界の遺物
展示室2/母子像で有名なヘンリー・ムアと「イタリアの歌麿」エミリオ・グレコのブロンズ像
展示室3/ヒンドゥー教の女神像をはじめとした古代インドの妖艶な彫刻
展示室4/陶磁器や石像を中心とした、古今東西に亘る作品群
展示室5/女性を描いた日本画、洋画、版画
展示室6/日本の現代作家による木彫とブロンズ像

『女性美 The Beauties He Loved』

1月5日(木)―4月15日(日)
※2月28日(火)より一部入替あり

10:00~17:00(入館は16:30分まで)

毎週月曜休館(祝日の場合は翌日)

観覧料
一般800円
65歳以上・障害者700円
中高大生500円

松岡美術館
108-0071 東京都港区白金台5-12-6
TEL.03-5449-0251

http://www.matsuoka-museum.jp

|

« 青年劇場『修学旅行』@サンポートホール高松 | トップページ | 水森亜土+田村セツコ『Ado & Setsuko Lovely Lovely』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/53379712

この記事へのトラックバック一覧です: 新春の松岡美術館には古今東西の美女が集結します:

« 青年劇場『修学旅行』@サンポートホール高松 | トップページ | 水森亜土+田村セツコ『Ado & Setsuko Lovely Lovely』 »