« 巡回展『山本容子のアルファベットjurney』@伊勢丹 相模原店 | トップページ | “社会と美大生を繋ぐ”美大生の総合展覧会『THE SIX 2011』 »

2011/12/02

もうすぐ修了!『寺山修司と天井棧敷◎ポスター展』in広島

『寺山修司と天井棧敷◎ポスター展』
―演劇実験室◎天井棧敷の宣伝美術の全貌―
開催中―12月6日(火)
広島オリエンタルホテル オリエンタルデザインギャラリー

Terayamaposter_hiroshima_2

世界屈指の前衛劇団(アヴァンギャルドカンパニー)として、国内外で活躍した「演劇実験室◎天井棧敷」(1967~1983)の演劇公演のポスター。これらのポスターの多くはシルクスクリーン作品で現在美術的評価も高く、現存する枚数は僅かです。1960年代から70年代、世界の若者の既成の秩序に対する異議申し立てに同調するように日本の演劇界でも、新劇とはまるで異質な世界を創造することを目指した小劇場運動(いわゆるアングラ演劇)が勢いを持ち、寺山修司(天井棧敷)、唐十郎(状況劇場)、鈴木忠志(早稲田小劇場)、佐藤信(黒テント)、らがそれまでにない実験的な舞台を繰り広げていきました。この頃、舞台と相乗効果をもたらしたのが、このアングラ劇団の旗印として登場したポスターです。

特に寺山修司が主宰した天井棧敷のポスターには、1967年の劇団旗揚げメンバーでもあった横尾忠則をはじめとして、粟津潔、宇野亜喜良、金子國義、林静一、及川正通、花輪和一、合田佐和子、戸田ツトムなど、多くのアーティストがかかわりました。彼らの手によるポスターは、単なる公演告知のポスターの枠を越え、日本が熱く燃えた時代を鋭く切り取り、それらのポスター自体が発するメッセージは時代を越え今も輝き続けています。

『寺山修司と天井棧敷◎ポスター展』
―演劇実験室◎天井棧敷の宣伝美術の全貌―

開催中―12月6日(火)

11:00~20:00(最終日は~17:00)

期間中無休

入場無料

広島オリエンタルホテル
〒730-0026 広島県広島市中区田中町6-10
TEL.082-240-7111

http://www.oriental-hiroshima.com/

|

« 巡回展『山本容子のアルファベットjurney』@伊勢丹 相模原店 | トップページ | “社会と美大生を繋ぐ”美大生の総合展覧会『THE SIX 2011』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/53386796

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ修了!『寺山修司と天井棧敷◎ポスター展』in広島:

« 巡回展『山本容子のアルファベットjurney』@伊勢丹 相模原店 | トップページ | “社会と美大生を繋ぐ”美大生の総合展覧会『THE SIX 2011』 »