« 「近松門左衛門」をテーマに上演する、加賀谷香『エゴイズム』 | トップページ | グランプリ選出公開審査を開催『写真新世紀 東京展 2011』 »

2011/10/26

香山リカ著書

Kayama10_4

気にしない技術(PHP新書)
発売=2011年10月 定価=720円+税
「前向きなのはとにかくいいことだ」―ポジティブ・シンキングの絶対化は、いつしか「前向きでなければいけない」という強迫観念となった。すべてにおいて「頑張らなければいけない」私たち。明るく人づきあいができなければ人格的に否定され、ツイッターや朝活、婚活ブームに乗らなければ無能と見なされる。周囲の同調圧力に耐えかねて「うつ」になったり、やる気を失くしてしまう人が増えるのも当たり前。心が悲鳴をあげている。自分をだますのはもうよそう。世間や職場にふりまわされず、平凡な日常に幸せを感じるコツ。

ほどほどに豊かな社会(ナカニシヤ出版)香山リカ・橘木俊詔(共著)
発売=2011年10月 定価=1,800円+税

心も経済も「ほどほど」がいちばん。悩める若者たち、無縁社会、日本経済のゆくえ、3.11と原発…。これからの社会のあり方をめぐる、精神科医と経済学者の対話。

そこからすべては始まるのだから 大震災を経て、いま(メディアファクトリー)
発売=2011年10月 定価=1,100円+税
未曾有の大災害が起きて、それまでとはすっかり違ってしまったように見える社会とそこに生きる私。でも、本当にすべてが変わってしまったのだろうか?あるいは、「悪いほうに変わってしまった」のだろうか?いや、そうではない。このような世の中でも、「変わらない私」「変える必要のない私」も必ずあるはずだ。あるいは、「良いほうに変わったこと」や「新しく気づいたこと」もあるのではないだろうか。失ったものを数えるのではなくて、残ったもの、新たに生まれたものをひとつひとつ数えてみよう。そうすることで、心はきっと落ち着きを取り戻し、明日に向けて歩き出す力もわいてくるはずだから…。

|

« 「近松門左衛門」をテーマに上演する、加賀谷香『エゴイズム』 | トップページ | グランプリ選出公開審査を開催『写真新世紀 東京展 2011』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/53088636

この記事へのトラックバック一覧です: 香山リカ著書:

« 「近松門左衛門」をテーマに上演する、加賀谷香『エゴイズム』 | トップページ | グランプリ選出公開審査を開催『写真新世紀 東京展 2011』 »