« Dance Theatre LUDENS最新作『1 hour before Sunset』 | トップページ | 巷をにぎわすダンス集団「まことクラヴ」が江戸博にやってくる! »

2011/09/01

様々な分野の方から学ぶ場~Knowledge Garden Vol.2

Knowledge Garden ナレッジ・ガーデン
新しいライフスタイルや社会作りのための知恵を学び、体験し、実践する場を目指して


『365日“防災の日”-防災とコミュニティの新しい形』
2011年9月22日(木)
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター

Itsumo_01 Moyamoya
左)地震ITSUMOプロジェクトの防災知識情報  右)アートおどろくいわき復興モヤモヤ会議

9月1日は「防災の日」。今年は例年に増して各地で防災への取り組みが行われることと思います。ナレッジ・ガーデンでも、個人で、地域で取り組む新しい防災の形について考えてみたいと思います。

日常から防災を考え、そこから自分たちが暮らす街を再発見し、地域のコミュニケーションを促進する活動を続けるNPO プラス・アーツ。理事長の永田さんが企画した、阪神・淡路大震災を体験した人々の思いや経験、そしてその知恵をまとめた「地震イツモノート」(2007年)が今再び注目を集めています。その経験を活かし、楽しく学ぶ防災訓練「イザ!カエルキャラバン!」の国内外での開催、無印良品と恊働で進める「良品と防災」プロジェクトなど、積極的に活動を展開されています。

また、福島県いわき市の複合文化施設「いわきアリオス」は、3.11の震災後からGW明けまで、期せずして地域住民の避難所となりました。住民のケアと施設の復旧に努めながら、施設が使えない間は(全面再開は11月予定)、学校・地域の施設などを回る「おでかけアリオス」や市民と共にアート視点でまちの未来を考える「アートおどろくいわき復興モヤモヤ会議」を開催するなどの取り組みを始めています。
もちろん今まだ復興の途上にあるアリオスでの経験と、阪神大震災双方の経験をうかがうことで、東京での防災とコミュニティのあり方、そして私たちが被災地に対してこれからできることは何なのか、考えていきたいと思います。

【講師】
永田宏和(NPO 法人プラス・アーツ理事長)
森隆一郎(いわき芸術文化交流館アリオス マーケティングマネージャー)

『365日“防災の日”-防災とコミュニティの新しい形』

9月22日(木)19:00~21:00(18:30開場)

参加費
2,000円(懇親会費込み)

定員=90名(要予約)
お申込み方法[メール or FAX]
お名前(複数の場合は代表者)、所属先、連絡先電話番号、参加ご希望人数、
メールアドレスを明記の上、エピファニーワークスまでお送り下さい。

info@epiphanyworks.net
FAX.03-3448-0745
※先着順にて受付。定員に達し次第、締切りとさせていただきます。
※参加費は当日会場にて申し受けます(領収書発行可)。

お問合せ
エピファニーワークス
TEL.03-3448-0745

www.epiphanyworks.net

インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F 東京ミッドタウン・デザインハブ内
www.liaison-center.net

|

« Dance Theatre LUDENS最新作『1 hour before Sunset』 | トップページ | 巷をにぎわすダンス集団「まことクラヴ」が江戸博にやってくる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/52620013

この記事へのトラックバック一覧です: 様々な分野の方から学ぶ場~Knowledge Garden Vol.2:

« Dance Theatre LUDENS最新作『1 hour before Sunset』 | トップページ | 巷をにぎわすダンス集団「まことクラヴ」が江戸博にやってくる! »