« 178人のイラストレーターが描く『スマイル』展 | トップページ | 東京都写真美術館で開催中の江成常夫写真展『昭和史のかたち』 »

2011/07/26

世界の見え方が変わる?!特別な「ものさし」を見つけるキッズ・プログラム

ICCキッズ・プログラム 2011
『トランス→スケール「ものさし」をかえてみよう』
2011年8月13日(土)―21日(日)
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]4階特設会場

Icc0813

現代の社会には、さまざまなテクノロジーによって世界を観測、観察するための「ものさし」がたくさんあります。わたしたちは、それらのさまざまな「ものさし」を使って世界を理解し、その理解の上に創造的な生活を築いてきました。自分だけの「ものさし」を持って世界を見るとき、それはその人だけの世界を創造し、またそれをほかの人たちと一緒に見るとき。みんなで新しい世界を手に入れることができるかもしれません。
ジャンルを横断しながら、自分の「ものさし」を使って、今までと違った世界の見え方を教えてくれる三人の作家を招きます。展示とワークショップを通じて自分の手と目で自分がどのような「ものさし」を使って世界を見ているのかを考えてみましょう。

[参加作家と展示作品]
寺田尚樹《1/100の世界》2011年
アニメーション制作=布山タルト

http://www.teradadesign.com
http://www.teradamokei.jp

野老朝雄《kumapon(g)》2011年
展示協力=布山タルト+トリガーデバイス

http://tokolo.com/

鳴川肇《平行カメラ》2011年
http://www.authagraph.com

[企画協力/会場構成]
長岡勉

ICCキッズ・プログラム 2011
『トランス→スケール「ものさし」をかえてみよう』

8月13日(土)―21日(日)

12:00~17:00
会期中無休
入場無料

【関連イベント】
ギャラリートーク
会場で子どもたちに向けて、展示の説明を行ないます。
講師=寺田尚樹,野老朝雄,鳴川肇,長岡勉,畠中実(ICC)
8月14日(日)14:00~

ワークショップ
・「ちいさなまちをつくってみよう」寺田尚樹
8月17日(水)14:00~15:00
定員=10組20名
参加対象=小学生以上(低学年の場合は保護者と一緒にご参加ください)

・「ふしぎなカメラをつくってみよう」鳴川肇
8月20日(土)14:00~15:00
定員=10組20名
参加対象=小学生以上(低学年の場合は保護者と一緒にご参加ください)

・「kumapon(g)をつくってみよう」野老朝雄
8月21日(日)14:00~15:00
定員=10組20名
参加対象=小学生以上(低学年の場合は保護者と一緒にご参加ください)

※ワークショップ、ギャラリートークの申込みは当日先着順です。

お問合せ
ICC フリーダイヤル 0120-144199

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
TEL.03-5353-0800

http://www.ntticc.or.jp/

|

« 178人のイラストレーターが描く『スマイル』展 | トップページ | 東京都写真美術館で開催中の江成常夫写真展『昭和史のかたち』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/52312360

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の見え方が変わる?!特別な「ものさし」を見つけるキッズ・プログラム:

« 178人のイラストレーターが描く『スマイル』展 | トップページ | 東京都写真美術館で開催中の江成常夫写真展『昭和史のかたち』 »