« 蜷川実花撮り下ろし『月刊MEN 向井理』写真集未収録の未公開カット約150点を展示 | トップページ | コムデギャルソン(大阪)のギャラリースペース Sixにて加藤泉個展開催中 »

2011/07/20

様々な分野の方から学ぶ場~Knowledge Garden 第一夜は『照明探偵団』に学ぶ

Knowledge Garden ナレッジ・ガーデン
新しいライフスタイルや社会作りのための知恵を学び、体験し、実践する場を目指して


『照明探偵団』に学ぶ、 日本のあかりの今とこれから
2011年7月27日(水)
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター


これからのライフスタイルの中のあかりのあり方、一緒に考えましょう。

Ew1 Ew2
左)第40回街歩き「日本橋七福神めぐり」(2011)
右)国内調査:京都(2010)


講師=面出薫(照明デザイナー、(株)ライティング プランナーズ アソシエーツ 代表、照明探偵団団長、武蔵野美術大学教授)

レクチャーの詳細はこちらをご覧ください。

http://www.epiphanyworks.net/first.html

『照明探偵団』とは
24時間眠ることのない街・東京にはたくさんの夜の景色が存在します。その反面、明るすぎて闇を失った都市では「光害」や「騒光」という言葉が使われ始めるようになりました。照明探偵団は、照明デザイナー面出薫を団長に1990年に結成され、あらゆる角度から街の光を観察・調査するフィールドワークを主体にした、非営利の照明文化研究会です。現在フィールドワークは東京から地方諸都市へ、そして世界各都市へと発展し、この活動は新聞や雑誌の記事・テレビ番組などでも広く紹介され話題を呼んでいます。

http://shomei-tanteidan.org/

面出薫 (めんで かおる)
1950年、東京生まれ。東京芸術大学大学院修士課程を修了。住宅照明から建築照明、都市・環境照明の分野まで幅広い照明デザインのプロデューサー、プランナーとして活躍するかたわら、市民参加の照明文化研究会「照明探偵団」を組織し、団長として精力的に活動を展開中。3.11以降東京の街のあかりの状況を継続的に調査されています。

www.lighting.co.jp

『照明探偵団』に学ぶ、 日本のあかりの今とこれから

7月27日(水)19:00~21:00(18:30開場)

参加費
2,000円(懇親会費込み)

定員=90名(要予約)
お申込み方法[メール or FAX]
お名前(複数の場合は代表者)、所属先、連絡先電話番号、参加ご希望人数、
メールアドレスを明記の上、エピファニーワークスまでお送り下さい。

info@epiphanyworks.net
FAX.03-3448-0745
※先着順にて受付。定員に達し次第、締切りとさせていただきます。
※参加費は当日会場にて申し受けます(領収書発行可)。

お問合せ
エピファニーワークス
TEL.03-3448-0745

www.epiphanyworks.net

インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F 東京ミッドタウン・デザインハブ内
www.liaison-center.net

|

« 蜷川実花撮り下ろし『月刊MEN 向井理』写真集未収録の未公開カット約150点を展示 | トップページ | コムデギャルソン(大阪)のギャラリースペース Sixにて加藤泉個展開催中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/52258755

この記事へのトラックバック一覧です: 様々な分野の方から学ぶ場~Knowledge Garden 第一夜は『照明探偵団』に学ぶ:

« 蜷川実花撮り下ろし『月刊MEN 向井理』写真集未収録の未公開カット約150点を展示 | トップページ | コムデギャルソン(大阪)のギャラリースペース Sixにて加藤泉個展開催中 »