« イラストレーター真鍋太郎個展@表参道GYRE | トップページ | 上野ストアハウス開場記念公演『縄-ROPE-』 »

2011/05/11

パゾリーニが遺した舞台戯曲、本邦初翻訳初演『豚小屋』

P.P.Pasolini's PORCILE
『豚小屋』

2011年5月20日(金)―29日(日)
座・高円寺


何故、今、パゾリーニか?

Tf0520mote

20世紀の「謎」ピエル・パオロ・パゾリーニは、イタリアの詩人・映画監督として知られていますが、6本の戯曲作品を遺しています。まだ日本では紹介されていません。
川村毅&ティーファクトリー31年目の第一作として、その創造の礎に川村が多大な影響を受けたパゾリーニの戯曲の本邦初翻訳初演に取り組みます。まずは映画化もされた「豚小屋」。

作=ピエル・パオロ・パゾリーニ
構成・演出=川村毅
衣裳・美粧=宇野亜喜良
出演=手塚とおる、河合杏南、笠木誠、福士惠二、大沼百合子、
伊澤勉、柊アリス、中村崇、伊藤キム

ティーファクトリー 
http://www.tfactory.jp/

ピエル・パオロ・パゾリーニ
1922年、イタリア・ボローニャでファシスト軍人の父と元教師の母の長男として生まれる。22歳で処女詩集「カザルサ詩集」を自費出版。終戦前に弟を反独パルチザンの内戦で亡くす。カザルサで教師になるが、イタリア共産党に入党、地域のリーダーとして活躍する。しかし「ホモセクシュアルが未青年を堕落させている」と密告され、共産党から除名される。極貧の中で詩作・小説執筆を続け、1956年フェデリコ・フェリーニ監督の『カビリアの夜』の脚本を共同執筆したしたのをきっかけに、次々と映画作品を発表、国際的評価を得る。1975年、『ソドムの市』撮影直後、ローマ郊外の海岸で他殺体で発見されたが、事件の真相は未だ不明。

P.P.Pasolini's PORCILE
『豚小屋』

5月20日(金)19:00
5月21日(土)14:00/19:00
5月22日(日)14:00/19:00
5月23日(月)19:00
5月24日(火)19:00
5月25日(水)14:00★
5月27日(金)19:00
5月28日(土)14:00/19:00
5月29日(日)14:00
※開場は開演30分前
★トークあり

チケット(全席指定)
4,500円

チケット取扱い
ティーファクトリーオンラインチケットサービス
イープラス
電子チケットぴあ、
座・高円寺チケットボックス
座・高円寺WEBチケット

座・高円寺(杉並区立杉並芸術会館)
166-0002 杉並区高円寺北2-1-2
TEL.03-3223-7500

http://za-koenji.jp/

|

« イラストレーター真鍋太郎個展@表参道GYRE | トップページ | 上野ストアハウス開場記念公演『縄-ROPE-』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/51642675

この記事へのトラックバック一覧です: パゾリーニが遺した舞台戯曲、本邦初翻訳初演『豚小屋』:

« イラストレーター真鍋太郎個展@表参道GYRE | トップページ | 上野ストアハウス開場記念公演『縄-ROPE-』 »