« ニブロール新作公演 3年半ぶりの東京公演で初のロングラン! | トップページ | 残席わずか!ナンセンスコメディーユニット テニスコート公演 »

2011/04/13

世田谷美術館パフォーマンス・シリーズ 今回のアーティスト=岩渕貞太

トランス/エントランスvol.11
『錆び』
2011年5月14日(土)
世田谷美術館 エントランス・ホール

12

世田谷美術館は、館内のあらゆる空間が美術の展示のみならずパフォーマンスの場にもなるように、との意図から設計されており、なかでもドラマティックなエントランス・ホールを若手パフォーマーの舞台にする「トランス/エントランス」は、好評のパフォーマンス・シリーズです。

今回登場するのは、しなやかで強靭な身体から独自のダンスの世界を構築する、岩渕貞太。目には見えない時の積み重なりを象徴する「錆び」がテーマです。開館以来25年、数百万人もの人々が当館のエントランスを通過していった“気配”を浮き彫りにしようとする試みに、どうぞご期待下さい。

振付・出演=岩渕貞太(ダンサー/振付家)

岩渕貞太ホームページ 
http://teita-iwabuchi.com

トランス/エントランスvol.11
『錆び』

5月14日(土)19:00開場 19:30開演

定員=100名

チケット
前売り・予約・当日とも2,000円(中学生以下無料)
※乳幼児のご入場はご遠慮下さい。

チケット予約
世田谷美術館
・ホームページ 
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/
・TEL.03-3415-6011(月休)

世田谷美術館
〒157-0075 世田谷区砧公園1-2
TEL.03-3415-6011

http://www.setagayaartmuseum.or.jp/

|

« ニブロール新作公演 3年半ぶりの東京公演で初のロングラン! | トップページ | 残席わずか!ナンセンスコメディーユニット テニスコート公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/51377515

この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷美術館パフォーマンス・シリーズ 今回のアーティスト=岩渕貞太:

« ニブロール新作公演 3年半ぶりの東京公演で初のロングラン! | トップページ | 残席わずか!ナンセンスコメディーユニット テニスコート公演 »