« 写真家・新津保建秀דももクロ”メンバーだった早見あかりの展覧会 | トップページ | 宮崎県立美術館にて『日本のグラフィックデザイン2008–2010展』 »

2011/04/15

都築響一展『HELL』2gallery同時開催

都築響一『HELL』
2011年4月22日(金)―5月28日(日)
稲荷町 GALERIA DE MUERTE・神田岩本町 ZENSHIによる同時開催


都築響一の写真には、人間の生き様がある。
喜怒哀楽、趣味嗜好、老若男女が生きる曼荼羅世界だ。

Hell

タイ各地の寺院にある地獄のテーマパークは、一般の旅行ガイドブックには紹介されない「穴場」である。
信仰心や教育上の目的のため、あるいは怖いもの見たさの者達が訪れるこの場所は、地元の人達の手によって作られた巨大なセメントのオブジェで溢れている。
デフォルメされ色鮮やかに塗装されたアマチュアチックな造形は、どれもリアルな恐怖を喚起するが、同時にどこか懐かしくほのぼのとした情景を浮かび上がらせている。それは地獄というテーマ性を除けば、現地の人達の営みそのものを表しているようにも見える。誰に与えられたでもない世界の片隅で、どこにでもいる人間達が、どこにでもいるアーティストとして暮らしている、そんな日常の姿も見えてくる。
決してありふれてなどいない、どこにでもあるアートを撮り続ける都築響一の極楽地獄には、並みのアートでは敵わないのだ。

ZENSHIではモノクロっぽくてアート色の強い大判プリントを、一方のGALERIA DE MUERTEではよりポップな多数のカラープリントによる、めまいのするような展示をご覧いただけます。

都築響一『HELL』

4月22日(金)―5月28日(日)
入場無料

ZENSHI
12:00~19:00
会期中の水曜日~土曜日オープン(他日は予約制)

101-0033 東京都千代田区神田岩本町4
TEL.03-6206-8078

http://zenshi.com

GALERIA DE MUERTE
13:00~19:00
水曜・日曜休廊

110-0015 東京都台東区東上野
TEL.03-3835-8278

http://www.galeriademuerte.com

|

« 写真家・新津保建秀דももクロ”メンバーだった早見あかりの展覧会 | トップページ | 宮崎県立美術館にて『日本のグラフィックデザイン2008–2010展』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/51395846

この記事へのトラックバック一覧です: 都築響一展『HELL』2gallery同時開催:

« 写真家・新津保建秀דももクロ”メンバーだった早見あかりの展覧会 | トップページ | 宮崎県立美術館にて『日本のグラフィックデザイン2008–2010展』 »