« 都築響一展『HELL』2gallery同時開催 | トップページ | クラシック界の若手トップ奏者がサンポートホール高松に登場 »

2011/04/15

宮崎県立美術館にて『日本のグラフィックデザイン2008–2010展』

日本のグラフィックデザイン2008–2010展
2011年4月29日(金)—6月5日(日)
宮崎県立美術館

Jagda_m

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が発行するデザイン年鑑『Grahic Design in Japan』(六燿社刊)の2008~2010年版に掲載された作品の中から、「亀倉雄策賞」「JAGDA賞」「JAGDA新人賞」の各受賞作品および同書籍の掲載作品選考委員がそれぞれの独自の視点で選んだ「This One!」作品をはじめとする優れた作品497点(出品者325名)を展示するものです。

Jagda0415_miyazaki

日本のグラフィックデザイン2008–2010展

4月29日(金)—6月5日(日)
10:00~18:00(展示室への入室は17:30まで)
休館日=毎週月曜日及び5月6日

観覧料
大人500円/小中高生300円
※身体障害者手帳、障害者手帳、療育手帳をご提示の方及びその介護同伴者1名は無料

宮崎県立美術館
880-0031 宮崎市船塚3-210(県総合文化公園内)
TEL.0985-20-3792

http://www.miyazaki-archive.jp/bijutsu/index.html

|

« 都築響一展『HELL』2gallery同時開催 | トップページ | クラシック界の若手トップ奏者がサンポートホール高松に登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/51396005

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎県立美術館にて『日本のグラフィックデザイン2008–2010展』:

« 都築響一展『HELL』2gallery同時開催 | トップページ | クラシック界の若手トップ奏者がサンポートホール高松に登場 »