« 新作アニメーションを中心に発表/渡辺豪展 | トップページ | ついに完成した超大作「天妖花戰」渋谷2会場で展示/東學墨画展 »

2011/02/08

会期延長2月19日(土)まで アイウェイウェイ展

Ai Weiwei『Cube Light』
2010年11月19日(金)―2011年2月19日(土)
MISA SHIN GALLERY


「アートフェア東京」のエグゼクティブ・ディレクターとしても活動されていた辛美沙さんのギャラリーが11月19日(金)にオープンします。記念すべき第一回目の展覧会は、中国のアーティスト、アイ・ウェイウェイ(艾未未)。

Ai_weiwei

アイ・ウェイウェイは、現在、北京を拠点としてアーティスト、建築家、デザイナー、またアクティビストとして領域を横断する活動を展開しています。社会に対する鋭い洞察を伴った、コンセプチュアルな作品は国際的に高い評価を得ています。

アイは2002年中国の広州で開催された「第一回広州トリエンナーレ」で初めてシャンデリアの作品を制作しました。エイゼンシュタインの映画「10月」の中でレーニンが演説をするシーンで、クレムリン宮殿の天井から吊り下げられた巨大なシャンデリアが揺れ動く様を見て、美術館の中に組み立てられた足場をそのままはずすことなく、西洋社会における富や権力の象徴としてのシャンデリアを発表しました。以来、各地で形を変えて制作しています。

この度、MISA SHIN GALLERYで展示するCube Lightは、シャンデリアシリーズで唯一の立方体で、また最大の体積となる作品です。アイの作品にはソル・ルウィットやドナルド・ジャッドなどミニマルアートに想起する立方体がしばしば登場します。今回、ギャラリーの空間とフロアプランを見たアイは直ちにシャンデリア作品、Cube Lightの展示を提案しました。かつて工場であった形跡を残す展示スペースは、Cube Lightが光を放ちながら占拠し、この作品のために特別に用意された空間となります。

アーティストは、会期中に来日し、レクチャーを開催する予定です。

www.misashin.com

アイ・ウェイウェイ
1957年、北京生まれ。78年、前衛芸術グループ「星星画會」を共同設立。81年から93年までニューヨークに在住。93年に帰国後、北京を拠点にアーティスト、キュレーター、建築家、デザイナー、批評家、またアクティビストとしても活動する。主なグループ展に、第1回/第2回広州トリエンナーレ(02/05年)、ビエンナーレ・オブ・シドニー(06年)、ドクメンタ12(07年)など。ヘルツォーク&ド・ムーロンとの協働で北京オリンピックスタジアム(鳥の巣)も手がけ、第11回ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展(08年)にも協働参加。個展『何に因って?』森美術館(東京09年)、『So Sorry』ハウス・デル・クンスト(ミュンヘン)(09-10年)など。現在ロンドンのテイト・モダン、タービンホールにおいて大型コミッション作品を展示中。


Ai Weiwei『Cube Light』

11月19日(金)―月19日(土)
火~土 12:00~19:00
日月祝日 休廊

MISA SHIN GALLERY
108-0072 東京都港区白金1-2-7
TEL.03-6450-2334

www.misashin.com

|

« 新作アニメーションを中心に発表/渡辺豪展 | トップページ | ついに完成した超大作「天妖花戰」渋谷2会場で展示/東學墨画展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/49979259

この記事へのトラックバック一覧です: 会期延長2月19日(土)まで アイウェイウェイ展:

« 新作アニメーションを中心に発表/渡辺豪展 | トップページ | ついに完成した超大作「天妖花戰」渋谷2会場で展示/東學墨画展 »