« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/17

ハイブリッドに進化する、新時代のカルチャーがここに。『HARAJUKU PERFORMANCE+2010』

『HARAJUKU PERFORMANCE+2010』
2010年12月22日(水)・23日(木祝)
ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6F)


年に一度のジャンル横断型パフォーマンス・フェスティバルを今年も開催! 4回目となる今年のテーマは「イノベーティブ」。
実力派から注目の気鋭、そしてアカデミーからストリート系にいたるまで、革新的な表現を創出するアーティストを国内外から一挙招聘。
クリエイティブ・シーンの最新動向を紐解きます。

Harajuku_performance2010
出演するのは計10組。
“メディア・アートのアカデミー賞”とも言われる「アルスエレクトロニカ2010」デジタル・ミュージック部門において最優秀賞を受賞した映像/音響アーティストの黒川良一、NIKEの「NIKE MUSIC SHOE」においてランニングシューズ「NIKE FREE RUN+」を楽器に改造し演奏するという斬新でユニークなパフォーマンスを披露したHIFANAとDaito MANABE(真鍋大度)、「文化庁メディア芸術祭」アート部門で優秀賞を受賞した和田永によるOpen Reel Ensemble & Braun Tube Project、ロンドンを拠点にポップとオルタナティブの接点で音楽活動を行うカルト的な存在スティーブ・ジャンセンと映像家・写真家の伊瀬聖子、音楽/科学を横断する共同作業を継続的に展開する音楽家の渋谷慶一郎と東京大学教授の池上高志によるユニットなど、世代や枠組みを超越した多彩なアーティストをラインナップしました。

最新のテクノロジーを使用したアーティストと、あくまでプリミィティブな表現にこだわるアーティスト。一見、相反する表現に向かうアーティストをセレクトしたかのように見えますが、ハイテク&ローテク、デジタル&アナログ、アドバンスド&プリミティブを渾然一体化した表現活動が盛り上がりを見せ始めており、ここに焦点を当てることで、最新のクリエイティブ・シーンの潮流が見えてくるはずです。

続きを読む "ハイブリッドに進化する、新時代のカルチャーがここに。『HARAJUKU PERFORMANCE+2010』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中平卓馬写真展/新作含むカラー作品約160点を展示

中平卓馬写真展
『Documentary』

2011年1月8日(土)―2月13日(日)
BLD GALLERY

Takumanakahira_1

現在も撮影に出かけない日はないという作家の撮影行為は、日々続けられています。本展では03年に横浜美術館にて開催された「原点復帰-横浜」展以降の05年頃から10年に至るカラー作品約150点を展示。かつて自身が唱えた「植物図鑑」の理念を実現しているようにも見えるこれらのユニークなカラーの作品群を展示の中心にし、併せて、初期の作品からの転換を図ろうとしていた時期にパリで撮影され、71年パリ青年ビエンナーレで発表された実験的な作品《サーキュレーション―日付、場所、イベント》を、残されたネガからのモダン・プリント(プリント制作=金村修)で約10点展示いたします。

【関連書籍】
中平卓馬『Documentary』(Akio Nagasawa Publishing, 2011)
仕様=A4変型/ソフトカバー/128p
予価=3,990円(税込)


【関連イベント】 ※要申込 
www.bld-gallery.jp
対談 ホンマタカシ×金村修
1月16日(日)15:00~
料金1,000円(定員50名) ※現在お立見席でのご案内となります。


対談 高梨豊×吉増剛造
1月30日(日)15:00~
料金1,000円(定員50名) ※現在お立見席でのご案内となります。

続きを読む "中平卓馬写真展/新作含むカラー作品約160点を展示"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シリーズ9回目は新人ダンサー×32組

『ダンスがみたい!』新人シリーズ9
2011年1月7日(金)―16日(日)
d-倉庫


公募にて集まった自称“新人”32組。1日4団体が見られます。「新人賞」「オーディエンス賞」を受賞したダンサーは今夏の「ダンスがみたい!13」に参加できます。

S9

【出演ダンサー】
1月7日(金)/A Group 石井則仁、今村よしこ、UIUI、奇天烈月光団
1月8日(土)/B Group 荒悠平、[M+M]、COLONCH、藤由トモコ
1月9日(日)/C Group 越博美、ポコペン舞子、みのわそうへい、もっしゅ
1月11日(火)/D Group 上條奈美子、KDANCE、発する身体、吉村和顕
1月12日(水)/E Group 岩崎一恵、木村愛子、サンカン、PAPPINPOSH CO.
1月14日(金)/F Group 染川美帆、土足達、富野幸緒、本原章一
1月15日(土)/G Group 浅見裕子、UNFIGURE、すこやかクラブ、頼唯珊
1月16日(日)/H Group 内田しげ美、坂田有妃子、Cie. Airi Suzuki、橋本規靖
※出演順は未定です。

【関連イベント】
新人賞審査員によるシンポジウム
1月17(月) 19:30 
新人シリーズ9の入場チケット半券、もしくは通し券をお持ちの方は無料。(他のお客様は¥500)
当日は「新人賞」「オーディエンス賞」受賞者のお知らせもあります。
会場=神楽坂die pratze
新宿区西五軒町2-12 TEL.03-3235-7990

続きを読む "シリーズ9回目は新人ダンサー×32組"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンセプトは時間と空間の変容『目を閉じて耳を塞ぐ』

crossroad project/交差点企画
『目を閉じて耳を塞ぐ』
2011年1月6日(木)―10日(月祝)
神楽坂die pratze

Crossroad16

9月に開催された美術家・古賀秀幸展の展示空間で実施したパフォーマンスを劇場版としてリメイク。
「日常は平凡で、だけどとても苦しくて、目を閉じて耳を塞ぎたくなる。今日もあなたは笑ってご飯を食べるけれど、世界は本当に美しいんだろうか。本当に美しいと思っているの・・・。」

演出=親泊康行
出演=佐々木健(劇団 砦)、西澤万奈、中島杏奈、渡邉由希子、親泊康行

続きを読む "コンセプトは時間と空間の変容『目を閉じて耳を塞ぐ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京の光の祭典

『光都東京・LIGHTOPIA2010』
2010年12月21日(火)―29日(水)
皇居外苑エリア・丸の内エリア

Lightopia

アンビエント・キャンドルパーク(皇居外苑エリア/和田倉噴水公園)
12月21日(火)―26日(日)17:00~21:00
地球・環境・平和をテーマに、著名人及び千代田区の小学生がメッセージなどを描いた明り絵を展示。ほのかな明り絵を中心に、周囲の樹木や、噴水、落水盤にも純白の光を配し、空間全体を清廉な光で満たします。新たに会場を彩る光源はすべてLEDを使用し、省エネルギー化を図ります。

光のアート・インスタレーション光流(皇居外苑エリア/日比谷濠・馬場先濠・和田倉濠)
12月21日(火)―29日(水)17:00~21:00
江戸城の名残を留める歴史的文化財、日比谷濠と馬場先濠、和田倉濠の石垣、白く美しい光が連続して流れ、交わり、つながっていく「交流=光流」の姿を創ります。また、石垣の一部には多様な生き物をかたどった光を施します。すべての光にLEDを使用し、省エネ型の環境アートを創造します。

フラワーファンタジア(丸の内エリア)
12月21日(火)―29日(水)17:00~22:00
花と光が集う祝祭「フラワーファンタジア」。人と人が出会い、交流する街に、<地球・環境・平和>メッセージを、咲き誇る花と光の川に願をこめて展開します。省電力型LEDや光ファイバーを使用して、自然と共生する環境型イルミネーションイベントを目指します。

光都東京・LIGHTOPIA2010公式サイト 
http://www.kouto-tokyo.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/16

松永真さんが古希を迎えて制作した約200点のオリジナル作品

『松永 真のCoki Coki-こきこき-フリークス展』
2010年12月16日(木) ―25日(土)
銀座・和光 並木館5階 和光並木ホール


デザインという闘いの後、もうひとりの松永氏が衝動的に創作を始める。
そこに生まれたものを氏は“フリークス”と名付けた。

Shinmatsunaga
会場では作品を購入することができます

松永 真(まつなが・しん)
グラフィックデザイナー。1940年東京生まれ。1964年東京藝術大学美術学部デザイン科を卒業。資生堂宣伝部を経て、1971年に松永 真デザイン事務所設立。主な仕事に、一連の平和ポスター、ヒット商品にスコッティやカンチューハイなどのパッケージデザイン、企業のCI計画にISSEY MIYAKEやベネッセ、国立西洋美術館などがある。国内外での大規模な個展も多く、1995年には和光でも個展を開催。世界各国78ヵ所の美術館などに多くの作品が永久保存。ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ金賞・名誉賞、毎日デザイン賞、芸術選奨文部大臣新人賞、日本宣伝賞・山名賞、紫綬褒章、亀倉雄策賞など受賞多数。現在、日本グラフィックデザイナー協会理事。

続きを読む "松永真さんが古希を迎えて制作した約200点のオリジナル作品"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸山直文展@ShugoArts

丸山直文『透明な足』
開催中-12月25日(土)
ShugoArts

Woods5_2 Woods4_2
丸山直文 Naofumi MARUYAMA
左)「The puddle in the woods 5」2010, acrylic on cotton, 227.3x181.8cm
右)「The puddle in the woods 4」2010, acrylic on cotton, 227.3x181.8cm
森を歩いたときの経験を元に制作した“The puddle in the woods 5”(森の中の水たまり)と名づけられたシリーズ

丸山直文は1964年新潟県生まれ、現在東京を拠点に活動をしています。主な個展に2009年「丸山直文展-後ろの正面」目黒区美術館(東京)、2005年「朝と夜の間」シュウゴアーツ、主なグループ展に2010年「椿会展2010 Trans-Figurative」資生堂ギャラリー(東京)、2006年「ベルリン-東京」Neue National galerie(ベルリン)、2005年「秘すれば花」森美術館(東京)、2003年「ハピネス:アートに見る幸福への鍵」森美術館(東京)など。シュウゴアーツでは5年ぶりの展覧会となります。

続きを読む "丸山直文展@ShugoArts"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/15

Monochrome Circus×graf/家具とダンスのパフォーマンス 『TROPE』

京都芸術センター制作支援事業
Monochrome Circus×graf 新作パフォーマンス
『TROPE』
2011年1月27日(木)―30日(日)
ヴォイスギャラリー(MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w)


瀬戸内国際芸術祭2010でも強力なタッグを組んだ、
Monochrome Circusとgraf新作家具シリーズのコラボレーション。

Trope_flyer
graphic:M.YOKOYAMA_graf

演出・構成=坂本公成(Monochrome Circus)、服部滋樹(graf)
出演=Monochrome Circus(森裕子、佐伯有香、合田有紀、野村香子、小寺麻子)
舞台美術=graf
音楽=山中透


Monochrome Circus http://www.monochromecircus.com
graf http://www.graf-d3.com

【関連イベント】

オープンスタジオ(公開稽古)
1月20日(木)~23日(日)12:00~15:00 入場無料


トークセッション
1月21日(金)19:30 入場無料
服部滋樹(graf)×坂本公成(Monochrome Circus)×松尾恵(ヴォイスギャラリー代表)

続きを読む "Monochrome Circus×graf/家具とダンスのパフォーマンス 『TROPE』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大槻英世展@LOOP HOLE

大槻英世『Against the day』
2010年12月16日(木)―2011年1月22日(土)

Loop1216

14:00~18:00
日・月・祝日休廊(12月26日~1月5日休廊)
オープニング・レセプション:12月16日(木)18:00~

LOOP HOLE
〒183-0022 東京都府中市宮西町1-15-13
tel fax.042-401-1633
email  loop@loophole.jp
URL  www.studioloophole.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5回目を迎えるスペースユイのクリスマス企画展

『BOX OPERA V』
2010年12月16日(木)―25日(土)
SPACE YUI

Space_yui1216
東 逸子

ギャラリーのクリスマス企画である展覧会、「BOX OPERA」も今年で5回目を迎えます。リーダーの北見隆氏を先頭に、東逸子氏、建石修志氏の三名をメインアーティストとしての小さな箱の中の饗宴をお楽しみ下さい。

続きを読む "5回目を迎えるスペースユイのクリスマス企画展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポスターハリスギャラリー今年最後の展覧会

『作家たちの聖時間』
2010年12月15日(水)―27日(月)
ポスターハリスギャラリー

1215phg_2
左)奥山忠「和す」日本画 右)四谷シモン「rue de Seine 6e Paris」パステル

1983年9月に開廊し23年間にわたって、シュールリアルで幻想的でエロティックで前衛的で異端的な作品を数多く紹介、2006年に閉廊した渋谷のギャラリー美蕾樹(ミラージュ)にゆかりのある作家たちによる展覧会。

【展示作家】
浅野勝美、東逸子、奥山忠、金井久美子、桑原弘明、甲秀樹、恒松正敏、野中ユリ、
町野好昭、山本じん、四谷シモン(五十音順)
※新作展示いたします。

12月15日(土)18:00~ オープニング・レセプションあり

【関連イベント】
2010年12月19日(日)17:00~/2,000円(1ドリンク付き)
ハンス・ベルメール『人形の遊戯・欲望の解剖学』
トーク
相馬俊樹(エロティック・アート研究家、美術評論家)×宮川尚理(慶應義塾大学准教授)
朗読
井上倫宏(演劇集団 円)ポール・エリュアール 瀧口修造訳「人形の遊び」より
※ポスターハリスギャラリーに要予約/先着30名

1219talk

続きを読む "ポスターハリスギャラリー今年最後の展覧会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/13

2組の作家による 日常を切取り再構築する展示『MAKE EVERYDAY』

杉浦藍、STOMACHACHE.
『MAKE EVERYDAY』

2011年1月18日(火)―2月12日(土)
fabre8710

As_fabre 杉浦藍 Ai Sugiura

St_fabre STOMACHACHE.

現在を生きる私たちの日常は、めまぐるしい変化と膨大な情報によって構成されているといっても言い過ぎではありません。特に、都市で生きる人間にとっては避けては通れないことです。身の回りには、あらゆるものがあり、最低限のものはリーズナブルな値段で手に入れることができる。あらゆるインフラが整備され、あらゆるシステムが構築されている。私たちは、あまりの便利さに慣れ、それがいつしか息苦しさに変わることもあるでしょう。そんなとき、私たちは、田舎の町へ出かけてみるなど、脱日常を試みるのでしょうか。
しかし、このような情報過多の慌ただしい日常を、肯定的に自然体で受け入れ、この状況を前提として生きているということもある意味事実です。
今回の展示で試みるのは、あらゆる日常をひきよせ、再構築し、さまざまな日常をつくる2組の作家による展示です。
立体、平面作品を制作する杉浦 藍は、1982年生まれ。生まれたときから多くのものに囲まれ暮らしてきたことで、そこで感じる消費のスピードに注目し、身の回りのあらゆるモチーフ、素材をサンプリングして、一つのかたちの存在を試みている作家です。その対象は無限で、それらを取捨選択し、それらの意味性を消し、新しいものとして命をふきこみます。表面的なもの、素材感を感じさせるものが多く、そのかたちの、周辺も含めて表現を試みているようです。
同じく、もう一組のSTOMACHACHE.は、1984年生まれのミヤザキノブエ、1986年生まれのミヤザキトモエの姉妹によるユニットです。特にむずかしいことも考えずに落書きを描いてZineを制作しているという二人ですが、制作物をいろんな人にみてもらい、友達になれたら良いと、積極的にコミュニケーションをはかろうと制作活動を続けています。どんどん消費されていく身の回りのモチーフが中心ですが、アルファベットなどの文字、山などの自然のモチーフも取り上げています。
アメリカナイズされた世代の二周り下の世代、東海岸も西海岸もおなじ領域ととらえ、あらゆる情報を洗練された感性で取捨選択し、組み上げて行く中から見える作家それぞれの思考と手技の世界をプレゼンテーションしたいと考えています。
ディレクター 澤田かおり

続きを読む "2組の作家による 日常を切取り再構築する展示『MAKE EVERYDAY』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木野彩子さんによるダンスワークショップ

『ゆるやかにのびやかなからだをつくる時間』
2011年1月11日(火)・14日(金)・18日(火)・21日(金)・25日(火)
・28日(金)・29日(土)  ※1月30日(日)発表会
川崎市アートセンター アルテリオ小劇場、及び新百合21ホール


ダンサー・木野彩子が、子育て中のパパ・ママと、シニアの方々に向けたダンス・ワークショップ。心地よくからだをのばすことから始めて、みんなで木野彩子が振り付ける小さな作品を踊ります。ストレッチ、マッサージ、ピラティス等木野彩子自身が行なっているワークをその日の参加者の顔ぶれに合わせて行います。寝転んだり、軽く身体を動かすこともあります。動きやすい服装でお越し下さい。
※託児サービスはありませんが、室内にこどもの遊べるスペースをつくりますので、お子様もお連れ頂けます。

対象
グループA/子育て中のパパさん、ママさん(年齢制限はありません)
グループB/60歳前後の方からシニアのみなさん(上限はありません)

講師プロフィール
木野彩子
札幌生まれ。幼少よりモダンダンスを始める。大学にて舞踊教育学を専攻。卒業後は牧野京子のもとで学び、ソロを中心に自らの身体と向かい合った作品作りを続けている。”Edge”で横浜ダンスコレクションソロデュオコンペティション2003 横浜市芸術文化振興財団賞を受賞。 2004年より文化庁在外派遣研修員としてパリで研修、2005年よりロンドンにてRussell Maliphant Companyのダンサーとして活動。2010-11年、川崎市アートセンター クリエイション・サポート事業 継続支援対象アーティスト。2010年夏に本ワークショップのショートバージョンを川崎市アートセンター内のカフェ・アルテで実施。今回はその発展形を目指す。


詳細HP

http://kawasaki-ac.jp/th/cs/cs10/kino/workshop/

続きを読む "木野彩子さんによるダンスワークショップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/08

『世界の小劇場』という新たなプロジェクトが始動

『世界の小劇場』 vol.1 ドイツ編
2011年2月19日(土)―27日(日)
神奈川芸術劇場


毎回異なる国/都市の舞台芸術にフォーカスし
相互交流を活性化するプロジェクト

Sekai_1
左)she she pop “TESTAMENT” photo:Doro Tuch (c)she she pop
中)Rimini Protokoll “Black Tie” 右)and company &co “MAUSOLEUM BUFFO”


第一弾は、舞台芸術の発信地ドイツ、ベルリンを拠点にいま最も期待が高まっている3カンパニーが横浜へ上陸!ベルリンにおいて革新的な作品の発信地として国際的に知られる劇場、HAU(ヘッベル劇場ベルリン)とのコ・キュレーションによって、近年発表された中でも素晴らしい評価を得た3作品をご紹介します。

参加カンパニー/演目
Rimini Protokoll(リミニ・プロトコル)/「Black Tie」
she she pop(シー・シー・ポップ)/「TESTAMENT(遺言、誓約)」
and company &co(アンドカンパニーアンドコー)/「MAUSOLEUM BUFFO」


公式サイト 
http://drifters-intl.org

続きを読む "『世界の小劇場』という新たなプロジェクトが始動"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »