« 辰野登恵子の5年ぶりとなる国内での新作展 | トップページ | いまなお清新な輝きを放つ大正イマジュリィの数々 »

2010/11/16

東大収蔵の学術標本×オーストラリア現代アーティスト ケイト・ロードの色鮮やかな展覧会

インターメディアテク(IMT)プレイベント小石川分館特別展示
『ファンタスマ―ケイト・ロードの標本室』
2010年11月6日(土)―12月5日(日)
東京大学総合研究博物館 小石川分館

Fantasma_flyer

日本で初めて紹介されるオーストラリアの現代アーティスト、ケイト・ロードの作品と、東京大学総合研究博物館収蔵の学術標本が並ぶ、一風変わった展覧会が、明治期の擬洋風建築である同博物館小石川分館で開催されます。本展示は、小石川分館の常設展『驚異の部屋』(ヴンダーカンマー)の中にロードの作品が散りばめられる構成。動植物をモチーフとしたロードの色鮮やかな彫刻作品と、東京大学総合研究博物館の学術標本が渾然一体となって、学術と美術、夢と現実が入り混じる特異な世界をつくりだします。会場の一角には、ロードがつくるヴィヴィッドな色使いの小部屋も登場、滞在制作時にヒントを得た、併設する小石川植物園の植物や小石川分館の建物がモチーフの作品も展示されます。紅葉の名所と共に、色鮮やかな作品の数々をお楽しみください。

[関連イベント]
11月28日(日) ケイト・ロードの作品からヒントを得た、参加型ワークショップ
※要申込/定員20名 TEL.03-5777-8600(ハローダイヤル) 

展覧会HP 
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/exhibition/2010FANTASMA.html

インターメディアテク(IMT)プレイベント小石川分館特別展示
『ファンタスマ―ケイト・ロードの標本室』

11月6日(土)―12月5日(日)
10:00~16:30(入館は16:00まで)
月曜・火曜休館 ※11月23日(火・祝)は開館
入場無料

東京大学総合研究博物館 小石川分館
東京都文京区白山3-7-1
お問合せ TEL.03-5777-8600(ハローダイヤル)

http://www.um.u-tokyo.ac.jp/

|

« 辰野登恵子の5年ぶりとなる国内での新作展 | トップページ | いまなお清新な輝きを放つ大正イマジュリィの数々 »

コメント

夢と現実の空間ですか。非常にそそられます。

投稿: セラピストm | 2010/11/16 16:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東大収蔵の学術標本×オーストラリア現代アーティスト ケイト・ロードの色鮮やかな展覧会:

« 辰野登恵子の5年ぶりとなる国内での新作展 | トップページ | いまなお清新な輝きを放つ大正イマジュリィの数々 »