« 東大収蔵の学術標本×オーストラリア現代アーティスト ケイト・ロードの色鮮やかな展覧会 | トップページ | 明和電機ひさしぶりの国内ソロライブ »

2010/11/18

いまなお清新な輝きを放つ大正イマジュリィの数々

大正イマジュリィの世界
デザインとイラストレーションのモダーンズ

2010年11月30日(火)―2011年1月23日(日)
松濤美術館

Imagerie1Imagerie2
ポピューラー・カルチャーの旗手として広く浸透し、モダニズムをめざしながらそれでいて叙情的な感性をみせた、大正の新しいイマジュリィのデザインやイラストレーションに注目します。竹久夢二、杉浦非水、小林かいち、橋口五葉、高畠華宵、富本憲吉など独創的な発想で絶大な人気を博した美術家たち、知られざる奇想の美術家たちの約300点の作品を展示します。

[関連イベント]
美術相談
12月4日(土)14:00~16:00
講師=林美紀子(木版画家)
鼎談「大正 唄うイマジュリィ、踊るイマジュリィ」
12月11日(土)14:00~
出演=谷口朋子氏(挿絵研究家)、芳賀直子氏(舞踏研究家)、辺見海氏(編集者)
ギャラリートーク「夢二、かいち、春佳を語る」
12月12日(日)14:00~
出演=山田俊幸氏(帝塚山学院大学教授/企画監修)
ギャラリートーク(担当学芸員による解説)
12月17日(金)、1月14日(金)14:00~
ギャラリートーク「竹久夢二と大正・昭和初期の楽譜イマジュリィ」
1月9日(日)14:00~
出演=竹内貴久雄氏(音楽評論家、音楽文化史家)
美術映画会
1月15日(土)14:00~「東大寺Ⅰ」「伴大納言絵巻」
1月22日(土)14:00~「東大寺Ⅱ」「源氏物語絵巻」

大正イマジュリィの世界
デザインとイラストレーションのモダーンズ

11月30日(火)―2011年1月23日(日)
10:00~18:00(金曜日は19:00まで) ※入館は閉館30分前まで

休館日
毎週月曜、12月29日(水)―年1月3日(月) ※1月10日(月)は開館、翌11日(火)は休館

入館料
一般300円、小中学生100円
※60歳以上の方、障がい者の方(付添1名含む)は入館無料。(要証明)
※毎週土曜日、小中学生は入館無料。

松濤美術館
150-0046 渋谷区松濤2-14-14
TEL.03-3465-9421

http://www.city.shibuya.tokyo.jp

|

« 東大収蔵の学術標本×オーストラリア現代アーティスト ケイト・ロードの色鮮やかな展覧会 | トップページ | 明和電機ひさしぶりの国内ソロライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/50062508

この記事へのトラックバック一覧です: いまなお清新な輝きを放つ大正イマジュリィの数々:

« 東大収蔵の学術標本×オーストラリア現代アーティスト ケイト・ロードの色鮮やかな展覧会 | トップページ | 明和電機ひさしぶりの国内ソロライブ »