« ドミニク・ペロー展 都市というランドスケープ | トップページ | 東大収蔵の学術標本×オーストラリア現代アーティスト ケイト・ロードの色鮮やかな展覧会 »

2010/11/15

辰野登恵子の5年ぶりとなる国内での新作展

辰野登恵子新作展
開催中-12月26日(日)
BLD GALLERY

Tatsunotoeko
70年代後半より一貫して平面にこだわり、日本のモダニズム絵画を牽引してきた辰野の新作絵画10点を展示します。(会期中一部展示替有)

作家HP http://www.tatsunotoeko.com
展覧会詳細 http://www.bld-gallery.jp/exhibition/101103tatsunotoeko.html

[アーティスト・トーク]
辰野登恵子×会田誠
12月5日(日)15:00~
参加費1,000円(定員50名/座席予約先着順)
予約フォーム 
https://pro.form-mailer.jp/fms/2338176413114

辰野登恵子新作展

開催中-12月26日(日)
11:00~19:00
会期中無休 ※12月5日はイベント開催の為、14:30~18:00まで一般の方はご入場できません。
入場無料

BLD GALLERY
〒104-0061 東京都中央区銀座2-4-9 SPP銀座ビル8F
TEL.03-5524-3903

www.bld-gallery.jp

|

« ドミニク・ペロー展 都市というランドスケープ | トップページ | 東大収蔵の学術標本×オーストラリア現代アーティスト ケイト・ロードの色鮮やかな展覧会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辰野登恵子の5年ぶりとなる国内での新作展:

« ドミニク・ペロー展 都市というランドスケープ | トップページ | 東大収蔵の学術標本×オーストラリア現代アーティスト ケイト・ロードの色鮮やかな展覧会 »