« 青年団若手自主企画作品『僕らのアルゴリズム』 | トップページ | キラキラ作品に触れて心の栄養チャージはいかが?! »

2010/10/18

香港のアーティスト リー・キット日本初個展

リー・キット 『Well, that's just a chill.』
2010年10月30日(土)-11月20日(土)
ShugoArts

Lee_kit_story11
ストーリー11: なぜお茶をこぼしたのか
2010, Acrylic on fabric, sewing, found image on internet, wooden panel (detail)


リー・キット(Lee Kit)は1978年、香港生まれ。現在も香港で活動しています。主な展覧会に2008年第3回広州トリエンナーレ、2009年ソウルでのプラットフォーム イン キムサに出品し、香港だけでなく国際的にも注目を集め、今後の活動が期待されている作家です。

Lee_kit_johnsons
Johnson’s (Milk Bath)
2010, acrylic, emulsion paint, inkjet ink and tape on cardboard, 108x83cm


今回の展覧会では、本展のために制作したふたつのシリーズを展示します。“Story”シリーズはインターネットで見つけた画像の中にあるタオルなどを再現し、それを梱包するためのダンボールに描かれた絵画 ”packing for painting“といっしょに展示する作品です。そしてその作品タイトルは作家が制作中に考えた短い物語、つまり制作中の作家の頭の中をのぞき見るようなものになっています。もう一方の ”Cardboard paintings” シリーズは、作家本人にも理由は分からないが、頭の中からどうしても消すことができない、というハンドソープや洗剤のメーカーロゴをダンボールに描いたペインティングです。

リー・キット 『Well, that's just a chill.』

10月30日(土)-11月20日(土)
12:00~19:00
日、月、祝日休廊
入場無料

ShugoArts
〒135-0024 東京都江東区清澄1-3-2, 5階
TEL.03-5621-6434

www.shugoarts.com

|

« 青年団若手自主企画作品『僕らのアルゴリズム』 | トップページ | キラキラ作品に触れて心の栄養チャージはいかが?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香港のアーティスト リー・キット日本初個展:

« 青年団若手自主企画作品『僕らのアルゴリズム』 | トップページ | キラキラ作品に触れて心の栄養チャージはいかが?! »