« 明滅した光と音の奔流に浮かび上がるエッジの効いた身体 | トップページ | 謎なテーマが興味をそそるFICTION公演『ボノボ』 »

2010/09/07

今、最も注目を集めるフードアーティスト、諏訪綾子の過去最大規模となる大型企画展

諏訪綾子展 ゲリラレストラン
LOST TONGUES

2010年10月9日(土)・10日(日)・11日(月・祝)
[展示/11:00~20:00] [フードパフォーマンス]14:00/19:00
ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6F)


ミステリアスなウェイターに調理人、想像をかきたてる食べ物…。
五感を刺激する新しい食体験。

Losttongues_omote_4Losttongues2_4

Tast_4

胃までコンセプトを届けます。―そんなユニークなキャッチコピーのもと“フードクリエイション”という名で活動を始動した彼女は、展覧会やパフォーマンス、ケータリング、商品開発など、「食」に纏わるさまざまな取り組みを行っています。とりわけ、その活動が注目を集めたのは、2008年に金沢21世紀美術館デザインギャラリーで行われた『食欲のデザイン展 感覚であじわう感情のテイスト』があげられます。人間の喜怒哀楽などの感情を表現した、食べられる作品「感情のテイスト」を鑑賞者が実際にあじわうことができるというこれまでにない試みは、大きな反響を呼びました。

また近年では、個人名義でも表現活動を展開。環境演出をほどこした空間で「感情のテイスト」をあじわえるフードパフォーマンス『ゲリラレストラン』を国内外で発表。レストラン、演劇、パフォーマンスなどを融合させた、既成の枠にとらわれない彼女の作品は、世界各国で高い評価を得ています。

このたび開催する展覧会は、これまで彼女が制作してきた食べ物をモティーフにした立体作品や写真、グラフィックに加え、過去の“フードクリエイション”による活動を収めた映像などを展示・上映。また、場内にゲリラレストラン『LOST TONGUES』を出現させ、連日、「感情のテイスト」をあじわえるフードパフォーマンスも展開します。さらに、ロビースペースにはウェイティングバーを設え、“フードクリエイション”が開発した食品「感覚であじわう 感情のテイスト」などの新商品を提供します。

五感を通して伝える「表現としての食」。味覚だけでなく、目であじわい、匂いであじわい、想像であじわい、口の中の感触と音であじわう。―空腹を満たすためでも、グルメとしての美食でもない、新たな「食」の価値。本展を通じて、そんな新時代に相応しい新たな「食」のカタチに迫ります。

諏訪 綾子
1976年 石川県生まれ。金沢美術工芸大学卒業後、2006年より“food creation”の活動を開始、主宰を務める。以降、コンセプチュアルなケータリングサービスというスタイルで企業とのコラボレーションワークを行う。また、食べ物を感覚的コミュニケーションの究極の素材として扱い、パフォーマンス・エキシビションを通じて新たな食の価値を提案するアーティストとして活動を行っている。

http://www.foodcreation.jp

【チケット料金】
[展示]
入場無料
[フードパフォーマンス]
■S席(着席・フルコース) 
前売5,000円(税込)
・「感情のテイスト」フルコース(フィンガーフードおよびドリンク 計9品)をお楽しみいただけます。
・“フードクリエイション”タブロイド誌付き
※ドレスコード:黒を取り入れた装い ※日時指定・全席指定     
■A席(立見・テイスティング) 
前売1,500円(税込)/当日1,800円(税込)
・「感情のテイスト」テイスティング(フィンガーフード2品)をお楽しみいただけます。
※日時指定 ※10月9日(土)14:00公演はA席のみを販売

【チケット発売日】9月1日

【チケット取扱い】チケットぴあ TEL.0570-02-9999 
http://t.pia.jp/

お問合せ・アクセス
ラフォーレ原宿
東京都渋谷区神宮前1-11-6
TEL.03-3475-0411

http://www.laforet.ne.jp

|

« 明滅した光と音の奔流に浮かび上がるエッジの効いた身体 | トップページ | 謎なテーマが興味をそそるFICTION公演『ボノボ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/49379045

この記事へのトラックバック一覧です: 今、最も注目を集めるフードアーティスト、諏訪綾子の過去最大規模となる大型企画展:

« 明滅した光と音の奔流に浮かび上がるエッジの効いた身体 | トップページ | 謎なテーマが興味をそそるFICTION公演『ボノボ』 »