« 建築家/デザイナーの矢萩喜從郎がプロデュースするイベント&展覧会 | トップページ | 第4回 『1_WALL』 グラフィック/写真作品募集! »

2010/09/16

森鷗外と娘姉妹の軌跡と作品に迫る企画展

世田谷文学館開館15周年記念
父からの贈りもの『森鷗外と娘たち展』
2010年10月2日(土)−11月28日(日)
世田谷文学館

Setabun1002

日本近代文学の興隆期に偉大な足跡を残した森鷗外(1862~1922)。明治国家の中枢で軍医・官僚として生きながら、多種多様な題材をテーマに創作の筆を執り、あとに続く者たちに多大な影響を与えました。いっぽうで家庭人としての鷗外はきわめて子煩悩な父親でした。その濃やかで大きな愛情に包まれて育った子どもたちはそれぞれに個性を伸ばし、森茉莉(1903~1987/代沢、経堂に居住)と小堀杏奴(1909~1998/梅丘に居住)の二人の娘はやがて小説家・随筆家の道を歩むことになります。姉妹とゆかりの深い世田谷で開催するこの企画展は、「父性」をキーワードに父・森鷗外と森茉莉、小堀杏奴それぞれの軌跡と作品に迫る初めての試みです。

[関連イベント]
対談「作家の娘たち、大いに語る」
10月10日(日)14:00~15:30
出演=阿川佐和子(阿川弘之長女)×井上紀子(城山三郎次女)
参加費=1,000円 ※事前申込制(定員150人)
記念講演会「森鷗外の医学と文学」
10月17日(日)14:00~15:30
講師=加賀乙彦(作家)
参加費=500円 ※当日先着150名
記念講演会「森家の家庭 鷗外の『半日』と妻志げの『波瀾』をめぐって」
10月30日(土)14:00~15:30
講師=山崎一穎(跡見学園女子大学客員教授/森鷗外記念会会長)
参加費=500円 ※当日先着150名
記念レクチャー「森鷗外の歴史小説『安井夫人』を中心に」
11月13日(土)14:00~15:30
講師=須田喜代次(大妻女子大学教授)
参加費=500円 ※当日先着150名
記念レクチャー「娘たちから見た森鷗外」
11月23日(火・祝)14:00~15:30
講師=金井景子(早稲田大学教授)
参加費=500円 ※当日先着150名
対談「明治の父vs平成の父」
11月28日(日)14:00~15:30
出演=野崎歓(フランス文学者・エッセイスト)×堀江敏幸(作家)
参加費=1,000円 ※当日先着150名

アートフリマINセタブン
11月3日(水・祝)11:00~17:00
お問合せ=世田谷アートフリマプロジェクト 
http://artfleama.net/

世田谷文学館開館15周年記念
父からの贈りもの『森鷗外と娘たち展』

10月2日(土)−11月28日(日)

10:00~18:00(ショップは17:00まで、入館は17:30まで)

毎週月曜休館(但し10月11日は開館、翌12日休館)

観覧料
一般700円、大学・高校生500円、65歳以上・障がい者手帳をお持ちの方350円、小学・中学生250円

世田谷文学館
〒157-0062 世田谷区南鳥山1-10-10
TEL.03-5374-9111

http://www.setabun.or.jp/

[同時開催]-------------------
『小堀四郎と鴎外の娘 ひと筋の道』

世田谷美術館 2階展示室
東京都世田谷区砧公園1−2

http://www.setagayaartmuseum.or.jp/

|

« 建築家/デザイナーの矢萩喜從郎がプロデュースするイベント&展覧会 | トップページ | 第4回 『1_WALL』 グラフィック/写真作品募集! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/49465418

この記事へのトラックバック一覧です: 森鷗外と娘姉妹の軌跡と作品に迫る企画展:

« 建築家/デザイナーの矢萩喜從郎がプロデュースするイベント&展覧会 | トップページ | 第4回 『1_WALL』 グラフィック/写真作品募集! »