« 会期中日々変化していく有馬かおる『natural freedom』展 | トップページ | 今、最も注目を集めるフードアーティスト、諏訪綾子の過去最大規模となる大型企画展 »

2010/09/01

明滅した光と音の奔流に浮かび上がるエッジの効いた身体

あいちトリエンナーレ2010 パフォーミング・アーツ
梅田宏明
『Adapting for Distortion
【日本初演】/Haptic』
2010年9月11日(土)・12日(日)
愛知芸術文化センター 小ホール

Umeda0911

錯覚をテーマにした『Adapting for Distortion』は日本初演。幾何学的に映し出される光のラインに浮かぶ梅田のシャープな身体に、それを観る者は、自身の視界がズレ、歪み、異次元へ誘導されるような錯覚に身を委ねることになるだろう。『Haptic』はギリシャ語の"haptical"=「触覚」を語源とする英語で「触覚的な」「触覚を喜ばせる」という意味をもつとされる。本作では、色鮮やかな照明と音の奔流に包み込まれる身体の存在が人の五感を掴んで離さず、光と音に触れることが出来るかのような快感をもたらす。

振付・ダンス=梅田宏明

公式サイト http://aichitriennale.jp

梅田宏明
『Adapting for Distortion【日本初演】/Haptic』

9月11日(土)19:00
9月12日(日)14:00
※公演終了後、アフタートークを開催予定

チケット(全席自由)
前売/一般3,000円、学生2,000円
※当日券は500円アップ。ただし前売券完売時、当日券が販売されない場合もあります。詳細はお問合せください。

チケット取扱い
愛知芸術文化センタープレイガイド、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、JCDNダンスリザーブ

パフォーミング・アーツチケットに関するお問合せ
あいちトリエンナーレ入場券管理センター TEL.052-202-1531(平日10:00~17:00)

愛知芸術文化センター
461-8525 名古屋市東区東桜1-13-2
TEL.052-971-5511

http://www.aac.pref.aichi.jp/

|

« 会期中日々変化していく有馬かおる『natural freedom』展 | トップページ | 今、最も注目を集めるフードアーティスト、諏訪綾子の過去最大規模となる大型企画展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/49315022

この記事へのトラックバック一覧です: 明滅した光と音の奔流に浮かび上がるエッジの効いた身体:

« 会期中日々変化していく有馬かおる『natural freedom』展 | トップページ | 今、最も注目を集めるフードアーティスト、諏訪綾子の過去最大規模となる大型企画展 »