« スキャンダラスな問題を提起した作家たちの写真展 | トップページ | 『ねこぢるyの世界2010』@ポスターハリスギャラリー »

2010/09/29

今夏、金沢21世紀美術館で初演をむかえ絶賛された鈴木ユキオ新作『HEAR』

『HEAR』
2011年2月4日(金)―6日(日)

アナログとハイテクがクロスオーバーし続ける世界で、
叫び続ける「身体」の声が、観客の耳を圧倒する一時間――

Tokyo_hear

いま、最も注目をあつめ、舞踏とダンスのエッジを走り続ける、振付家・鈴木ユキオが、カンヌ国際映画祭にも招聘され、独特の木炭画アニメーションで熱狂的なファンを集める、辻直之、維新派やUA・くるりの音楽監督として、グローバルに飛躍するミュージシャン・内橋和久、この3人がタッグを組み、独創的な世界を作り出します。

振付・演出=鈴木ユキオ
アニメーション=辻直之
音楽=内橋和久


公式サイト http://www.suzu3.com/

青山円形劇場
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-1 
TEL.03-3797-5678
http://www.aoyama.org/

|

« スキャンダラスな問題を提起した作家たちの写真展 | トップページ | 『ねこぢるyの世界2010』@ポスターハリスギャラリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/49595522

この記事へのトラックバック一覧です: 今夏、金沢21世紀美術館で初演をむかえ絶賛された鈴木ユキオ新作『HEAR』:

« スキャンダラスな問題を提起した作家たちの写真展 | トップページ | 『ねこぢるyの世界2010』@ポスターハリスギャラリー »