« 大好評!LAPNET SHIPのマジカルカメラツアー | トップページ | 四辺が語るものとは―菊池星希個展@Pepper's Gallery »

2010/08/17

奈良美智の最新作である陶芸作品を一挙にまとめた待望の新刊

奈良美智作品集『Ceramic Works』(FOIL刊)

日本を代表する美術家として活躍めざましい奈良美智が
新たな作品形態として選んだのが「土=陶芸」。

Ceramikworks1Ceramicworks2

2007年に滋賀の信楽へ、アーティスト・イン・レジデンスとして訪れ、約3年の間に制作された陶芸作品は、今年の5月に東京の小山登美夫ギャラリーでその姿を現し、鑑賞者たちに大きな驚きと感動を与えました。3メートルにも及ぶ立体作品、手の平でまるで仏のような表情を見せる女の子、轆轤を使って作られた壺や皿に絵付けするという昔ながらのスタイルで作られた作品など、現在までにその数161点。旧知の仲である写真家・森本美絵によるインスタレーション写真を中心とした構成で綴られる奈良美智の新しい作品世界は、その意欲的な作家の現在を知るにふさわしい一冊となりました。300ミリという大判サイズの作品集は、その細部に至るまで見るものを惹きつけます。また巻末には現在までの全作品リストが掲載されます。

Cw_cover

[書籍概要]

奈良美智作品集『Ceramic Works』

著者=奈良美智
写真=森本美絵、木奥恵三、ほか
デザイン=山本誠
発行=FOIL
予価=2,940円(本体2,800円)
判型=280×300mm
ページ=96ページ/ソフトカバー/オールカラー

2010年9月上旬発売予定

http://www.foiltokyo.com

|

« 大好評!LAPNET SHIPのマジカルカメラツアー | トップページ | 四辺が語るものとは―菊池星希個展@Pepper's Gallery »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良美智の最新作である陶芸作品を一挙にまとめた待望の新刊:

« 大好評!LAPNET SHIPのマジカルカメラツアー | トップページ | 四辺が語るものとは―菊池星希個展@Pepper's Gallery »