« 奈良美智の最新作である陶芸作品を一挙にまとめた待望の新刊 | トップページ | 【ご招待券プレゼント】影・陰をテーマに国立美術館5館のコレクションが一堂に会する『陰影礼讃』 »

2010/08/18

四辺が語るものとは―菊池星希個展@Pepper's Gallery

菊池星希Solo Exhibition
『Consonance of square~四辺の調和~』

2010年8月23日(月)―28日(土)
Pepper's Gallery


多摩美術大学在学中より積極的に外に向かって作品を発信し続ける
作家の新作展開は、シンプル故に観る側に視覚の意味を問う、
壁面インスタレーション。

Toshiki_kikuchi

―部分と全体のインタラクティブな関係性(ハーモニー)をテーマに、
個体(スクエアのパネル)→群衆(意味を持たないもの)
→集団(意味を持つものもの)に意義を問う。
一個一個分ち描かれているが、我々が見るのは連続したリズムであり、
流れから生じた意味である。
部分の持っている意味と、全体の持っている意味の間に生じるズレ、
これは文脈によって意味を変える為におこるが、
この違いを埋めていくことで「流れ」は音楽のように
まとまりのある美しいリズム、メロディーを奏でる。
「空」や「間」は、これらに音階を与えるのである。これは、時空間芸術である。―


Toshiki Kikuchi
1986年 シンガポール生まれ
2010年3月 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業
2010年4月 多摩美術大学大学院博士前期課程油画専攻入学
現在、同大学大学院1年在学

菊池星希Solo Exhibition
『Consonance of square~四辺の調和~』

8月23日(月)―28日(土)

11:00~19:00(最終日は~16:00)

入場無料

Pepper's Gallery
104-0061  東京都中央区銀座7-13-2  パインビルB1
TEL.03-3544-3240

http://www.peppers-project.com/

|

« 奈良美智の最新作である陶芸作品を一挙にまとめた待望の新刊 | トップページ | 【ご招待券プレゼント】影・陰をテーマに国立美術館5館のコレクションが一堂に会する『陰影礼讃』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四辺が語るものとは―菊池星希個展@Pepper's Gallery:

« 奈良美智の最新作である陶芸作品を一挙にまとめた待望の新刊 | トップページ | 【ご招待券プレゼント】影・陰をテーマに国立美術館5館のコレクションが一堂に会する『陰影礼讃』 »