« 安西水丸 新作版画展 『物語とブルースケッチ』 | トップページ | アラーキー氏とのコラボ作品も!榎本了壱展 『川を渡る』 »

2010/01/06

『BEUYS IN JAPAN ヨーゼフ・ボイス よみがえる革命』出版記念トーク・セッション

出版記念トーク・セッション
『社会に抗しうる表現(アクション)の未来はどこにあるか?』
―ボイスの思想を、現在において引き受けるために
2010年1月16日(土) 18:00
ナディッフアパート1F/入場無料

Beuys_nadiff_front Beuys_nadiff_back

現在、水戸芸術館現代美術センターにて行なわれている、「Beuys in Japan : ボイスがいた8日間」展(~1月24日まで)の関連書籍『BEUYS IN JAPAN ヨーゼフ・ボイス よみがえる革命』の発売を記念して、トークショーを開催。

展覧会、及び関連書籍のアートディレクションを担当された現代美術家の松蔭浩之氏、ローカルなストリートの深淵を鋭く描きだし、グラフィティやアンダーグラウンド・カルチャーの熱気を自らのテキストへと織り込んでいく、芥川賞作家のモブ・ノリオ氏、「日本的なるもの」「日本社会」の表象に、ブラック・ユーモアをふんだんに盛り込みながら切り込んでいく、現代美術家の会田誠氏をお招きします。

1984年、バブル前夜の日本に8日間滞在したヨーゼフ・ボイス。学生たちとの対話集会やパフォーマンスを通じて、彼はわたしたちに何を伝えたかったのでしょうか?今回のトークでは、ボイスの当時のメッセージを振り返りながら、現代の危機的な社会のオルタナティブを模索しつつ、ときに大衆社会の懐にしたたかに潜り込みながら、いかに表現の強度を獲得していくかについて、議論を深めていきたいと思います。


[登壇者]
会田誠(現代美術家)
松蔭浩之(現代美術家)
モブ・ノリオ(小説家)
[司会]
高橋瑞木(水戸芸術館現代美術センター)


http://www.nadiff.com/

出版記念トーク・セッション
『社会に抗しうる表現(アクション)の未来はどこにあるか?』
―ボイスの思想を、現在において引き受けるために

1月16日(土) 18:00
入場無料

NADiff a/p/a/r/t
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 1F
TEL.03-3446-4977

http://www.nadiff.com/

書籍情報================================

『BEUYS IN JAPAN ヨーゼフ・ボイス よみがえる革命』
(フィルムアート社)

Beuys_cover_2環境問題、経済危機……バブル前夜の東京に、8日間滞在したドイツの現代美術家ヨーゼフ・ボイス。四半世紀を過ぎたいまの日本に、ボイスのメッセージがアクチュアルによみがえる!ボイス来日に関わった関係者の証言や写真、現代においてボイスを読み解く気鋭の論考などを収録。また、ボイスを読み解くキーワード解説、ボイス関連年表を加えての豪華本です!

水戸芸術館現代美術センター 編
A5判/224ページ/2,600円+税
2010年1月中旬発売

http://www.filmart.co.jp/cat138/beuys_in_japan.php

※2010年1月24日まで、水戸芸術館現代美術ギャラリーにて
「Beuys in Japan : ボイスがいた8日間」展が開催中。

http://www.arttowermito.or.jp/
=======================================

|

« 安西水丸 新作版画展 『物語とブルースケッチ』 | トップページ | アラーキー氏とのコラボ作品も!榎本了壱展 『川を渡る』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/47218991

この記事へのトラックバック一覧です: 『BEUYS IN JAPAN ヨーゼフ・ボイス よみがえる革命』出版記念トーク・セッション:

« 安西水丸 新作版画展 『物語とブルースケッチ』 | トップページ | アラーキー氏とのコラボ作品も!榎本了壱展 『川を渡る』 »