« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/26

鉄割アルバトロスケット公演 『四畳半オアシスロケット』

鉄割アルバトロスケット公演
『四畳半オアシスロケット』

2009年12月26日(土)・27日(日)
六本木SuperDeluxe

Tetsuwari1226

<能書き>
感電するような瞬間をもとめてほっつき歩き、できることならば雷が頭に落ちてきてしまうことを願っているような、ただやらずにはいられない人達です。戦うように歌ったり、歌うように転がったり、笑いながら戦ったり、踊るみたいに笑ったり、そんなことをやる人達が六本木に集 合。日常に変な風穴をあけて、吹きだまった、隙間風野郎共です。


[ゲストライブ]
12月26日(土)
鉄割×OORUTAICHI (オオルタイチ)
公式HP http://www.okimirecords.com/

12月27日(日)
鉄割×contact Gonzo(コンタクト・ゴンゾ)
公式HP http://contactgonzo.dtiblog.com/

鉄割アルバトロスケット http://www.tetsuwari.com/

続きを読む "鉄割アルバトロスケット公演 『四畳半オアシスロケット』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『spaceyui Christmas exhibition 展』 @SPACE YUI

『spaceyui Christmas exhibition 展』
2009年12月7日(月)-16日(水)
SPACE YUI

09christmas

ささめや ゆき、田村セツコ、高田せいこの三人が、
クリスマスの時期にお送りするファンタジーの世界。
自由な不思議な世界に遊ぶ展覧会。

続きを読む "『spaceyui Christmas exhibition 展』 @SPACE YUI"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本大学芸術学部演劇学科 平成21年度 卒業制作発表(洋舞)

日本大学芸術学部演劇学科
『Modern Dance Performance』

2009年12月4日(金)・5日(土)
日本大学芸術学部・中講堂


平成21年度 卒業制作発表(洋舞)

Modernperformance

公式サイト 
http://theatre.art.nihon-u.ac.jp/

続きを読む "日本大学芸術学部演劇学科 平成21年度 卒業制作発表(洋舞)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタコレオグラフィーワード2010 いよいよ公募開始!

-次代を担う振付家の発掘-
TOYOTA
CHOREOGRAPHY
AWARD 2010


2009年11月26日(木) 公募開始!

『トヨタコレオグラフィーワード』は、ジャンルやキャリアを超えたオリジナリティー溢れる次代のダンスを対象とし、その作品を創り出す振付家のステップアップをサポートします。

[主旨]
このアワードは、芸術・文化の分野において、次代を担う振付家の発掘と育成をめざすことを目的に、2001年、トヨタ自動車株式会社と世田谷パブリックシアターとの提携事業として設立、本年で7回目を迎えます。国内での舞踊の振興をめざし、振付家の活動の場を広げていくことを支援します。

[審査行程]
一般公募の中から、審査委員によるファイナリスト選考会にて選出されたトヨタコレオグラフィーアワード ファイナリスト名が、Nextage(最終審査会)において作品(15~20分)を上演。審査委員、ゲスト審査委員により「次代を担う振付家賞」1名、観客投票により「オーディエンス賞」1名を決定いたします。

[TCA2010 これまでとの違い]
国内劇場プロデューサー、ディレクターが審査委員として、ファイナリスト選考と、最終審査を行います。Nextage (最終審査会) では、審査委員の他、演出家・美術家・作家などのゲスト審査委員を迎え審査に参加していただきます。また、最終審査会では、応募作品のほか、新作も審査対象とします。

<公募>
2009年11月26日(木)-2010年1月15日(金)※当日消印有効
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

<ファイナリスト選考会>
映像・書類選考 2010年2月中旬
審査委員により、ファイナリスト6名を選出
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

<“ネクステージ”(最終審査会)>
2010年7月19日(月・祝)  世田谷パブリックシアター
ファイナリスト振付作品の実演(15~20分)
審査委員・ゲスト審査員により、受賞者を決定

詳しくは http://www.toyota.co.jp/tca/

続きを読む "トヨタコレオグラフィーワード2010 いよいよ公募開始!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三輪途道展 『普通のありよう』 @ガレリア・グラフィカ

三輪途道 展
『普通のありよう』

2009年11月30日(月)-12月19日(土)
ガレリア・グラフィカ

Miwamichiyo

-普通のありよう-
変らないもの、普遍であること、普通でいること、そのありようをやっと、彫れる心持になった気がする。時代性とか、社会性とかの言葉を追った自分があったのは正直事実だけど、自分がしょい込んだものを、やっと降ろせる気がする。おしゃべりをやめて、普通の、普通のありようを子供の肖像で提示したい。


オープニング・パーティー:11月30日(月)17:00~

ガレリア・グラフィカ http://www.galleriagrafica.com

ガレリア・グラフィカ 三輪途道の作品紹介
http://www.galleriagrafica.com/artists/miwa/index.html

作家公式サイト http://www.gaden.jp/arts/UEmi.html

続きを読む "三輪途道展 『普通のありよう』 @ガレリア・グラフィカ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐藤時啓展 『Tree』光―呼吸 @ZEIT-FOTO SALON

佐藤時啓 作品展
『Tree』 光ー呼吸

2009年11月27日(金)-12月22日(火)
ZEIT-FOTO SALON


光ー呼吸シリーズより、モノクロ写真作品約10点を展示します。

Tokihirosato

オープニングレセプション:11月27日(金)18:00~

続きを読む "佐藤時啓展 『Tree』光―呼吸 @ZEIT-FOTO SALON"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/25

HARAJUKU PERFORMANCE+2009

HARAJUKU PERFORMANCE+2009
2009年12月19日(土)・20日(日)・22日(火)・23日(水・祝)の4日間
ラフォーレミュージアム原宿


毎年、大好評を博しているジャンル・世代横断型のパフォーマンス・フェスティバルが今年も開催!!3回目となる今回は、菊地成孔さんと田口トモロヲさんをゲストに迎えるロマンチカのスペシャル公演と、マドンナのワールドツアーに参加した はむつんサーブはじめ、次代を担う大注目のアーティスト8組によるオムニバスライブの豪華二本立て。世界が注目するパフォーマンスの最前線が一堂に会します!

Harajyuku2009

12月19日(土)、20日(日)
ロマンチカスペシャル公演 横町慶子 SOLO ACT VOL.01「かわうそ」
~カットバックやボイスオーバーなどの映像手法を多用した演劇×ダンス・パフォーマンスという新たな試み~
[主演・振付]横町慶子
[音楽監督]菊地成孔
[声の出演]田口トモロヲ
[作・演出]林巻子


12月22日(火)、23日(水・祝)
パフォーマンスライヴ
~ダンス、演劇、映像、アート。アカデミーからストリートにいたるまで、独自の感性と自由な発想で生み出される新たな表現スタイル~
黒田育世
はむつんサーブ
生西康典
contact Gonzo
トーチカ
柴幸男
Open Reel Ensemble
山崎広太

続きを読む "HARAJUKU PERFORMANCE+2009"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お笑いLive! 『環八フルスイング vol.2』

『環八フルスイング vol.2』
クリスマスイブイブイブイブイブ・・・ですが、やっぱり今回も振り回します

2009年12月15日(火)
笹塚ファクトリー


大好評のvol.1にひき続き――
vol.2もフルスイングみたいですよ!!

Kanpachi02

[出演]御茶ノ水男子/爽快パンク/NOモーション/ラブレターズ

続きを読む "お笑いLive! 『環八フルスイング vol.2』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CLUB DICTIONARY DELUXE 『ART PICNIC vol.1』

Clubking1_2Free paper dictionary produce
CLUB DICTIONARY DELUXE
『ART PICNIC vol.1』

2009年11月29日(日)
表参道スペースオー(表参道ヒルズB3)


[ART PICNICとは]
ピクニックに出かけるようにアートを楽しむイベント。
レジャー・シート1枚にアーティスト1人が一日限りお祭りです!
記念すべき第1回のテーマは[パンツ・アート・ロック]。
[BODY WILD]コラボのパンツデザインに集結したクリエイターを中心に
アートイベント[ギャラリー&バザー]を開催します!

Clubking2

【イベント概要】

1.オリジナル作品の展示&即売
2.作家私物のバザー
3.写真&イラストによるスライドショー
4.DJ&VJショー
5.T-SHIRTS AS MEDIA2010展示&販売
6.mother dictionary remakeT-SHIRTS展示&販売
7.トークショー ...and more

【ART PICNIC参加一覧】
enlightenment、五月女ケイ子、groovisions、姉川たく、TGBdesign.、DEVILROBOTS、大橋修(thumbM)、小町渉、常盤響、 ena、タキ・オノ、東泉一郎、河原光、丸若屋、imustak、五木田智央、安田寿之、ASYL、石浦克(TGBdesign.)、小池光、豊田弘治(パームグラフィックス)、みうらじゅん、リリー・フランキー、安斎肇、石川直樹、GDC、SHINICHIRO ARAKAWA、服部一成、NEXUSVII®、若木信吾×マイク・ミン×角田純一、LOOPWHEELER、regina、赤摩千穂、eri、遠藤幹子、kitica、home spun、FOR岡野隆司、嶺川貴子、yacco、ユーゴ、優恵、曽田耕 、TOKYO CULTUART by BEAMS、URBAN RESEARCH、GUNZE、Lee、TOWER RECORDS、THE NORTH FACE、STUSSY、PHANTOM FILM、over-rev. design office、gunpowder、KiKi inc.、VACANT...etc

クラブキングオフィシャルサイト 
http://www.clubking.com
BODY WILD公式サイト http://www.bodywild.com 

続きを読む "CLUB DICTIONARY DELUXE 『ART PICNIC vol.1』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『野村佐紀子展 1』 @photographers' gallery

『野村佐紀子展 1』
2009年11月20日(金)-12月5日(土)
12:00~20:00 会期中無休

Nomurasakiko

photographers' gallery

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-16-11-401(サンフタミビル4F)
TEL/FAX.03-5368-2631
http://www.pg-web.net/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

篠崎隆展 『ニュー・ドメスティック・アニマル・ランドスケープ』

篠崎隆 展
『ニュー・ドメスティック・アニマル・ランドスケープ』
2009年11月19日(木)-12月1日(火)
リビングデザインセンターOZONE(7F リビングデザインギャラリー)

Shinozakitakashi

わたしたち人間は長い間どうぶつと共生してきました。 しかし今日の都市でどうぶつと暮らすのはむずかしく、実際にはどうぶつのキャラクターやぬいぐるみに囲まれたりしています。
本展では、それらをあたらしい『ドメスティック・アニマル』として積極的に再評価すると共に、オリジナル家具のプロトタイプ等で構成された室内への配置・掛け合わせをおこない、あらたな『けしき』の提案を試みます。


リビングデザインセンターOZONE 
http://www.ozone.co.jp

続きを読む "篠崎隆展 『ニュー・ドメスティック・アニマル・ランドスケープ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/20

感劇市場2009 CONDORS 『君のプランでOK!』

感劇市場2009
CONDORS 『君のプランでOK!』
2009年11月28日(土)
学習院女子大学 やわらぎホール


男たちが舞う!笑い渦巻くコンテンポラリーダンス。
近藤良平×石渕聡による、一夜限りのステージ!!

Condors1128

振付/近藤良平
出演/近藤良平、石渕聡

CONDORS http://www.condors.jp

公演公式サイト http://www.kangeki-ichiba.org/information.html

続きを読む "感劇市場2009 CONDORS 『君のプランでOK!』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『WORM HOLE episode12』 @magical, ARTROOM

『WORM HOLE episode12』
2009年11月27日(金)-12月26日(土)
magical, ARTROOM

Wormhole1

作家/鈴木光、仲田慎吾、西山弘洋、忽滑谷昭太郎、安田悠

オープニングレセプション:2009年11月27日(金)19:00~

[関連イベント:やまびこEFFECT]
2009年12月11日(金)19:00~/入場無料
DJ/置石、Nuka
Sampler/AIWA
TRU/仲田
Mie/スパルガ、Nuka、etc.
Effect/MetalPark
Video&Pianica/Videotapemusic

続きを読む "『WORM HOLE episode12』 @magical, ARTROOM"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“芸劇eyes” 冨士山アネットproduced 『EKKKYO-!』

東京芸術劇場提携公演 「芸劇eyes」
Fujiyamalogo produced
『EKKKYO-!』
2010年1月14日(木)-17日(日)
東京芸術劇場 小ホール1

Ekkyo_logo

1fujiyama
冨士山アネット


演劇、ダンス等、ひとつの枠に留まらないジャンルを[越境]した団体が、ショートピースを発表するパフォーマンスフェスティバル[EKKKYO-!]好評を博し、2010年1月いよいよ東京芸術劇場に登場!今、観るべき団体を集結して届けます!

構成・演出/長谷川寧

[参加団体]
冨士山アネット[証明∴]
作・演出・振付/長谷川寧
振付・出演/大園康司、伊藤麻希、奥山隆、間野律子、玉井勝教

ままごと[あゆみ -EKKKYO-! Remix-]
作・演出/柴幸男
出演/黒川深雪(InnocentSphere/toi)、斎藤淳子(中野成樹+フランケンズ)、中島佳子

ライン京急[ナターシャ・キンスキー]
作・演出・振付・出演・音楽/山縣太一、大谷能生

CASTAYAProject[±0′00″(0′00″No.2)]
演出/Enric Castaya Orchestra

モモンガ・コンプレックス
[ウォールフラワーズ EKKKYO-!によせて。]
構成・振付・演出/白神ももこ
出演/北川結、眞嶋木綿、臼井梨恵、たにかわまいこ、若林里枝

岡崎藝術座[アフターデイズ/HOLD YOUR HANDS]
作・演出/神里雄大
出演/大重わたる(夜ふかしの会)、島田桃依、夏目慎也(東京デスロック)、他

2mamagoto3linekq4castayaproject
左から)ままごと (c)青木司/ライン京急/CASTAYAProject

5momonga6okazaki
左から)モモンガ・コンプレックス/岡崎藝術座 (c)富貴塚悠太

続きを読む "“芸劇eyes” 冨士山アネットproduced 『EKKKYO-!』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小池博史&パパ・タラフマラ新作公演 『パンク・ドンキホーテ』

小池博史&パパ・タラフマラ新作公演
『パンク・ドンキホーテ』

2009年12月11日(金)~20日(日)全11公演
あうるすぽっと


ずれずれ狂ったパンドンファミリーが織りなす儚く愛おしい極彩喜劇
のどかな田園風景、陽気な音楽。
明るさと狂気を身に纏う家長パンドンが、世界の果てに見たものは…。
総勢16名のパフォーマーとジプシーバンドがお届けする
“パパ・タラフマラる豪華ドン・キホーテ”。
スピード感が爽快なパパタラワールドに乞うご期待!

Punk_flyer

作・演出・振付:小池博史
出演:松島誠、白井さち子、あらた真生、石本華江、クトゥット・リナ、オーウェン・ウェンリャン 他
舞台美術:トラフ建築設計事務所(鈴野浩一、禿真哉)/オブジェ:田中真聡 他
作曲:アラン・パットン 藤井健介
演奏:アラン・パットン(アコーディオン、のこぎり、ヴォイス)、岩原智(チューバ、ベース)、
多田葉子 (サックス、クラリネット、ピアニカ)

パンク・ドンキホーテ特設サイト 
http://www.pappa-tara.com/punk
Youtube予告編 http://www.youtube.com/watch?v=RL5Bagd9KZs
パパ・タラフマラ http://www.pappa-tara.com/

Punk_img

続きを読む "小池博史&パパ・タラフマラ新作公演 『パンク・ドンキホーテ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/19

神村恵カンパニー 『配置と森』 @六本木Super Deluxe

神村恵カンパニー
『配置と森』

2009年12月22日(火)・23日(水・祝)
六本木Super Deluxe

Kamimura1 Kamimura2

08年12月STスポットにて上演した「配置と森」から1年経た、
新バージョン。
ものと人と空間が互いに迷い込み、浸食し合う。
今回やるのは、その浸食具合をぐいぐい深めることだけ。


振付=神村恵
美術=出田郷
音楽=大谷能生
出演=石田陽介、トチアキタイヨウ、福留麻里、山縣太一(チェルフィッチュ)、神村恵

オフィシャルサイト 
http://www.kamimuramegumi.info

続きを読む "神村恵カンパニー 『配置と森』 @六本木Super Deluxe"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音談科 Vol.4 『オれげぇ』 戌井昭人@MUSIC BAR 道

MUSIC BAR 道 presents 音談科 Vol.4
題して 『オれげぇ』 by 戌井昭人
2009年11月21日(土)

宮沢章夫氏、大谷能生氏、いとうせいこう氏と続いた、
MUSIC BAR 道のトークイベント・シリーズ「音談科」の第4弾。

Musicbarmiti
著書『まずいスープ』(新潮社)の評判も高い、鉄割アルバトロスケット主宰戌井昭人さんを迎え、聞き手の吾妻橋ダンスクロッシングオーガナイザー・桜井圭介さんとともにお酒を飲みつつ、自身の作品のこと、好きな芸人のこと、世にあふれるバカなこと、好きな音楽、そして、今回の鉄割公演の音源解説などについて語っていきます!


18:30 open/19:00 start
料金/1,500円(1ドリンク付)
予約方法
[予約フォーム]
http://www.miti4.com/event.html 
または[電話]TEL.03-3832-3740
または[Eメール]
info@miti4.com にお名前、希望人数、メールアドレス、
携帯番号を書き送信してください。


MUSIC BAR 道
東京都文京区湯島3-35-6 3F
(千代田線湯島駅4番出口隣接ビル)
TEL.03-3832-3740

http://www.miti4.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沢渡朔 写真展 『Kinky』 @BLD GALLERY

沢渡朔 写真展
『Kinky』

[第1期]2009年12月2日(水)-12月27日(日)
[第2期]2010年1月8日(金)-1月31日(日)
BLD GALLERY


Bld1
(c) Hajime Sawatari

沢渡朔は日本大学芸術学部写真学科在学中より写真雑誌等で作品発表を始め、日本デザインセンター勤務を経て、1966年よりフリーの写真家として活動しています。ファッション・フォトグラファーとして活躍する傍ら、『カメラ毎日』を初め数々の雑誌で作品を発表。不思議の国のアリスを題材にした「少女アリス」(1973)や、イタリア人ファッションモデルを撮影した「ナディア」(1973)やなど数々の傑作を生み出しています。

今回展示される作品は、写真家としてキャリアをスタートしはじめた沢渡が、モデルの荒張弘子と出会い、その後、実際の恋愛、結婚へと発展していく過程の1968-69年に撮影したものです。そういった意味で本シリーズ「Kinky」は、後に「少女アリス」「ナディア」といった一人の少女や女性を撮り下ろす沢渡独自のスタイルの原点と言えます。当時の流行語であった“奇妙な”“風変わりな”という意味を持つ「Kinky」とタイトルにあるよう、60年代の雰囲気を色濃く残す作品群は、撮影当時、数点が写真雑誌に掲載されたものの、現在までまとめて発表されることなく、今回初めてシリーズとして発表されます。

若き写真家とモデルの愛情あふれるコラボレーションが結実した本シリーズは、ドキュメンタリーの要素を含みつつも、60年代という時代性と沢渡の持つイマジネーションの世界が融合しあい、不思議な世界を作り上げています。


アーティスト・トーク

第一期:沢渡朔×白石かずこ(詩人)
第二期:沢渡朔×四谷シモン(人形作家)
※詳しくはギャラリーHPにて。

Bld2_3 Bdl3
(c) Hajime Sawatari

続きを読む "沢渡朔 写真展 『Kinky』 @BLD GALLERY"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/18

親族代表 THE LIVE 『渋々』

親族代表 THE LIVE
『渋々』

[東京公演]2009年12月12日(土)-20日(日) @新宿シアターモリエール
[大阪公演]2009年12月22日(火)・23日(水・祝) @梅田 HEP HALL

それぞれがTV・CMなど多方面で活躍しているコントユニット
「親族代表」の10周年記念公演!

Sinzokudaihyou

出演/親族代表(嶋村太一・竹井亮介・野間口徹)
脚本・演出/福原充則(ピチチ5)
脚本提供/ケラリーノ・サンドロヴィッチ(ナイロン100℃)、ブルースカイ、
池田鉄洋(猫のホテル/表現さわやか)、川尻恵太(SUGAR BOY)
音楽/西山宏幸(ブルドッキングヘッドロック)

オフィシャルサイト 
http://shinzoku.cool.ne.jp/

続きを読む "親族代表 THE LIVE 『渋々』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/17

イキウメ 2009冬公演 『見えざるモノの生き残り』

イキウメ 2009冬公演
『見えざるモノの生き残り』
[東京公演] 2009年12月2日(水)~7日(月) @紀伊國屋ホール
[大阪公演] 2009年12月17日(木)~20日(日) @HEP HALL
[福岡公演] 2009年12月22日(火)・23日(水・祝) @西鉄ホール


座敷童子を招待してみよう。

Ikiume

見えざるのモノの生き残り、の一つとして。彼らもいつまでも着物におかっぱ、という風体ではあるまい。ひょっとしたら童子、ですらないのかもしれない。座敷オジサン。ポロシャツの。オジサンはぼんやり座敷に座っているだけで、その家に幸福をもたらす。ありがたいけど今の住宅事情じゃ、離れ座敷を一部屋、なんて望めない。いいとこリビングのソファー、もしくは和室の片隅、一畳分を献上しよう。ワンルームマンションでマンツーマン、なんてケースもありうる。「お茶を一杯いただけますか」玄関で彼らはそう言う。それがサインだ。幸せになりたきゃ断っちゃいけない。防犯なんて概念ひとまず置いとけ。都会における、座敷童子の事例報告。2009。


作・演出/前川知大
出演/浜田信也、盛隆二、岩本幸子、伊勢佳世、森下創、窪田道聡、板垣雄亮 、有川マコト

劇団サイト 
http://www.ikiume.jp

続きを読む "イキウメ 2009冬公演 『見えざるモノの生き残り』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寺山修司生誕祭 『三上寛スペシャルライブ』&クリスマスフェア

寺山修司生誕祭
『三上寛スペシャルライブ』

2009年12月10日(木)
ポスターハリスギャラリー


寺山修司74歳の誕生日にあたる12月10日、
三上寛スペシャルライブと寺山秘蔵映像上映です

Ph1210

19:00開場/19:30開演
3,500円(1drink付)
※予約の方全員に「寺山修司特製クリアファイル」または「テラヤマスク」をプレゼント。

予約はポスターハリスギャラリーまで。(定員各40名/予約順整理番号付)
東京都渋谷区道玄坂2-26-18 朝香ビル103
TEL.080-2023-0499
メール:
info@posterharis.com

[同時開催]クリスマスフェア
2009年12月10日(木)-25日(金)
ギャラリー内商品を特別定価でご提供、また限定商品もあり。
カフェスペースもできました。
13:00-19:00/月曜休廊/入場無料

お問合せ
ポスターハリス・カンパニー
http://posterharis.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭劇団ペニノ 『太陽と下着の見える町』

庭劇団ペニノ 公演
『太陽と下着の見える町』
2009年12月5日(土)-13日(日)
にしすがも創造舎


究極のパンチラ演劇ここにあり!?
タニノの脳内世界を覗き見よ!!

Ft09a_1205

今回の公演は、タニノがずっとあたため、実現させたいと思っていた作品にして、タニノの下着に対する愛情がすべて注がれ、女性の下着の「見え方」「見せ方」を考察するという。にしすがも創造舎の体育館という広大な空間を手に入れたタニノクロウの非凡な脳内世界を、全身で体感できる絶好の機会となるだろう。


演出/タニノクロウ
出演/久保井研、山田伊久磨、五十嵐操、内田慈、笹野鈴々音、佐野陽一、森準人
間瀬英正、坂倉奈津子、大久保宏章、寺田ゆい、高橋ちづ 他

続きを読む "庭劇団ペニノ 『太陽と下着の見える町』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/16

連続トークセッションVol.7『イート イン』佐々木敦氏×戌井昭人氏

JUNKU 佐々木敦さん×小説家 連続トークセッション(第7回)
『イート イン』
2009年11月18日(水)
ジュンク堂書店新宿店


戌井昭人氏「まずいスープ」(新潮社)刊行記念
佐々木敦×戌井昭人

Eatin

誰と食べるかどこで食べるか。家で食べるか、家を出て食べるか。なにを口にして、なにを残そうとするのか。佐々木敦さん×小説家連続トークも、はや七回目。ゲストには劇団「鉄割アルバトロスケット」でおなじみの、戌井昭人さんをお迎え致します。そのパフォーマンスから小説の技法に至るまで、今回もじっくりと佐々木さんに迫っていただきます。

佐々木敦(ささき・あつし)
1964年生まれ。批評家。HEADZ代表。雑誌『エクス・ポ』、『ヒアホン』編集発行人。早稲田大学、武蔵野美術大学非常勤講師。著書に『(H)EAR--ポスト・サイレンスの諸相』『テクノイズ・マテリアリズム』(青土社)、『絶対安全文芸批評』(インファス)、『90年代論(仮)』(原書房・近刊)『テクノ/ロジカル/音楽論』(リットー・ミュージック)、『ソフトアンドハード』(太田出版)、『ex-music』(河出書房新社)、『映画的最前線』(水声社)、『批評とは何か?批評家養成ギブス』(メディア総合研究所)、『ニッポンの思想』(講談社現代新書)ほか。


戌井昭人(いぬい・あきと)
1971年、東京生まれ。パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」にて、台本、出演、諸々担当。寸劇、不条理劇、音楽パフォーマンス、踊りなどをふんだんに盛り込んだその舞台は熱狂的に支持されている。『まずいスープ』は著者初の小説集。


Inuiakito戌井昭人著
『まずいスープ』

単行本/191ページ
出版社/新潮社
定価/1,575円
発売日/2009年9月30日

全国の書店で発売中!



続きを読む "連続トークセッションVol.7『イート イン』佐々木敦氏×戌井昭人氏"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『非・サブカル映像アンダーグラウンド』@UPLINK FACTORY

『非・サブカル映像アンダーグラウンド』
11月21日(土)
渋谷UPLINK FACTORY

Uplink1121

まったく違う角度で映像世界を再構築する3人のクリエイター。メジャーとアンダーグラウンドの中間着地ポイントであり、「サブカルチャー」とは呼ばれない新しい分野の作家たちが放つ待望の映像イベント!


[上映予定作品]
TOOWAII(VJ,VIDEO DIRECTOR)

「The Professionals-EVANGELION remix-」
(「新世紀エヴァンゲリオン」のオフィシャル・リミックス映像)
「B-boys in Tokyo」
「Spoken Word!」
「ゆるゆるぐさり」など。

片岡一郎(活動写真弁士)
「喧嘩安兵衛」(1928) 阪東妻三郎主演
「太郎さんの汽車」(1929)など。

佐々木誠(映像作家)
「マイノリティとセックスに関する2、3の事例」(07)
「指輪ホテル 情熱」プロモーション映像

※上映終了後、VJ・TOOWAII・片岡一郎・佐々木誠によるトークイベントあり。

渋谷UPLINK FACTORY 
http://www.uplink.co.jp/factory

続きを読む "『非・サブカル映像アンダーグラウンド』@UPLINK FACTORY"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/12

作・演出:平田オリザ 『サンタクロース会議』

青年団第61回公演
『サンタクロース会議』

2009年12月11日(金)-23日(水・祝)
こまばアゴラ劇場


子ども参加型演劇の『サンタクロース会議』とサンタクロースの存在を信じている子どもは見てはいけない!大人のための『サンタクロース会議 アダルト編』2本立て。

Santaclausconference

作・演出/平田オリザ
出演/木崎友紀子、川隅奈保子、兵藤公美、島田曜蔵、工藤倫子、鈴木智香子、
田原礼子、村井まどか、安倍健太郎、小林亮子、立蔵葉子、山本裕子、畑中友仁

続きを読む "作・演出:平田オリザ 『サンタクロース会議』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『フォト・ロマンス』 @東京芸術劇場

『フォト・ロマンス』
11月26日(木)-29日(日)
東京芸術劇場 小ホール1


歴史/物語、舞台/写真、リアル/フィクション、アート/検閲…
あらゆる境界線上で戯れる、先鋭的パフォーマンス。

Photoromance

レバノン空襲直後のデモの日。対照的な二つの人生が交錯する―。

このストーリーは、イタリア映画史に残る名作から借用されたものだ。ただ、舞台は2006年のレバノンに置き換えられている。原作と同様に、出発点は孤独を抱える2人の人生が、突如交錯することである。ただ、『フォト・ロマンス』の登場人物は、社会・政治的の現実に適用し難い元極左翼の活動家、そして家庭・社会・宗教的な悩み事に溺れる主婦である。彼らは極原理主義と極資本主義の間で葛藤するレバノンにいる。この作品でもサーネーとムルエは、これまで同様、演劇における表現と遊戯の関係性、芸術における虚構と真実の関係性を鋭く問いかける。ただし今回は、地元レバノンのドキュメンタリーに着想を得るのではなく、想像上の登場人物と写実的演技で、レバノンの複雑な現実と演劇そのものを「物語」の中に描いていく。

構成・作・演出・出演/ラビア・ムルエ、リナ・サーネー
特別出演/モナ・ムルエ

続きを読む "『フォト・ロマンス』 @東京芸術劇場 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/11

川崎徹著 『猫の水につかるカエル』

今年1番の本!
川崎徹著 『猫の水につかるカエル』 講談社刊

評=榎本了壱

Tkawasaki_1
川崎徹著
講談社刊
定価1,600円+税

川崎徹さま

『猫の水につかるカエル』は、贈っていただいてすぐ讀みました。
感動して、どう手紙を書くか迷っているうち時間が経ってしまいました。
まず、『傘と長靴』に出てくるホームレスのエノモトさん登場で、
ぐっと近親感を禁じ得ない状況で、読み進みました。
公園猫と、父の死と、父の記憶の、構成が見事で、緊張感があります。
しかも父の通夜の一夜は、イタリアン・ネオリアリズムの映像を見ているような、
ドキドキするものがありました。(…)

続きを読む "川崎徹著 『猫の水につかるカエル』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『手ぬぐいTOKYO』 200人のクリエイターによる200の提案

CREATION project 2009
『手ぬぐいTOKYO』
200人のクリエイターによる200の提案
2009年11月24日(火)-12月25日(金)
[共同開催]
クリエイションギャラリーG8
ガーディアン・ガーデン

G8_gg

昨年まで18回続いたチャリティー展をリニューアルし、「CREATION project」として新たにスタート。その第1回目として、「手ぬぐい」をテーマに国内外200人のクリエイターがデザイン。展覧会会期中、1枚1,800円(予価)で販売し、収益金はすべて財団法人日本ユニセフ協会を通じてユニセフ(国際連合児童基金)に寄付されます。


公式サイト http://rcc.recruit.co.jp/

T1   T2

続きを読む "『手ぬぐいTOKYO』 200人のクリエイターによる200の提案"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢吹申彦 『猫の市』 展 @SPACE YUI

矢吹申彦『猫の市』展
11月23日(月・祝)-28日(土)
SPACE YUI

Yabuki1123

猫の絵はよほど描いてきたつもりだが、人の家の
猫になったものもいれば、ずうっと家に居続ける
猫もいる。そういう猫と新参者の猫を並べてみて、
猫何匹いるか?なにしろ傘一本で120匹ですぜ。


オープニングレセプション:11月24日(火)17:00~

続きを読む "矢吹申彦 『猫の市』 展 @SPACE YUI"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金融系パフォーマンス 『デッド・キャット・バウンス』

『デッド・キャット・バウンス』
11月23日(月・祝)-27日(金)
にしすがも創造舎


チケットと引き換えに、パフォーマンスをお見せするのではありません。
今夜の主役は、あなたの<お金>です。

Deadcatbounce

クリス・コンデックが誘うのは、観客が支払ったチケット代を原資にした、90分間の投資ゲーム・ショーの世界。ロンドン証券取引所で取引される株式をリアルタイムで売り買い。1公演につき、1%の利益を出すことが目標。目標を果たした場合は利益を観客と山分けする。逆に目標を果たせなかった場合は、この失態に悪態をつきながら観客を空腹のまま帰らせてしまうことになる。その過程では、観客も意思決定に加わる。買う。売る。つかむ。金を儲けるのにどうすればよい?もっと金を儲ける方法は?究極の金融系パフォーマンスが、ついに東京初上陸!


演出・ビデオ・デザイン/クリス・コンデック
舞台美術/ヘルバート・クリットシュ
技術監督/マルク・シュテファン
ドラマトゥルク/ヤン・リンダース、クリスティアーネ・キュール
出演/川畑陽子、クリスティアーネ・キュール、クリス・コンデック、
近藤強(青年団)、ハンネス・シュトロブル(演奏)、アレクサンダー・シュレーダ、
ヴィクトァE.モラレス、シモン・ヴェルスネル

続きを読む "金融系パフォーマンス 『デッド・キャット・バウンス』 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/10

小西真奈 横山裕一 渡辺豪 グループ展 『山と渓谷』

小西真奈 横山裕一 渡辺豪 グループ展
『山と渓谷』
2009年11月14日(土)-12月12日(土)
ARATANIURANO

Mountains_and_valleys
世界観や手法の全く異なる3人によって描き出された、
それぞれの『山と渓谷』。目前に広がるパノラマをご堪能ください。


オープニングレセプション:11月14日(土)18:00-20:00

続きを読む "小西真奈 横山裕一 渡辺豪 グループ展 『山と渓谷』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作・演出:平田オリザ 『カガクするココロ』『北限の猿』

青年団全国2本立て公演
『カガクするココロ』『北限の猿』
【東京公演】2009年12月26日
(土)-2010年1月26日(火)
こまばアゴラ劇場

Oriza_hirata

猿を人間に進化させるプロジェクトを研究している某国立大学の生物学研究室を舞台に、生命倫理の問題や日本人論、そして現代の若者の姿を鮮明に描き出す、「科学シリーズ」2本立て公演。
現在、大阪大学でロボット演劇プロジェクトに取り組む平田オリザの“「科学」と「演劇」の総合”の原点、待望の再演!


作・演出:平田オリザ

出演
『カガクするココロ』
兵藤公美、工藤倫子、村井まどか、山本雅幸、安倍健太郎、荻野友里、河村竜也、小林亮子、
二反田幸平、堀夏子、村田牧子、海津忠、木引優子、桜町元、佐山和泉、鄭亜美
『北限の猿』
工藤倫子、村井まどか、山本雅幸、安倍健太郎、河村竜也、後藤麻美、小林亮子、長野海、
二反田幸平、堀夏子、村田牧子、山本裕子、海津忠、佐山和泉、中村真生

続きを読む "作・演出:平田オリザ 『カガクするココロ』『北限の猿』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タテヨコ企画 『西から昇る太陽のように』

タテヨコ企画10周年記念公演・ファイナル
『西から昇る太陽のように』
2009年12月10日(木)-13日(日)
吉祥寺シアター

Tateyoko1210

とある山村にあるアトリエ。アトリエでは、女たちがロクロを使って作品を作っていた。女たちはみな村に越してきた専業主婦であり、ここは、主婦たちにとって社交場でもある。最近の彼女たちの話題の中心は、陶芸の先生宅周辺で起こる小さな事件。夜中に聞こえる怪しい音だったり、飼っていた犬がいなくなったり。どれも警察が動くほどのものではないが、明らかに人為的なにおいがする小さな事件。主婦たちは、これらの事件の解決を願う「主婦探偵」なのである。そして今晩、ここではパーティーが開かれるのだ。主婦たちは、今日こそ犯人を捕まえてやろうと目を光らせるが、三人の目の届かないところでまた小さな事件は起こる。片田舎の小さな集落に平穏の日々は訪れるのか。そして犯人は誰なのか。タテヨコ企画が贈る、大人のおとぎ話。


作・演出/横田修
キャスト/青木柳葉魚、市橋朝子、大塚あかね、舘智子、舘野完、ちゅうり、西山竜一、
服部健太郎、久行しのぶ、藤崎成益、好宮温太郎(タテヨコ企画)、阿部よしつぐ、
小高仁、椿真由美(青年座)、仲坪由紀子、若狭勝也(KAKUTA)

タテヨコ企画オフィシャルサイト 
http://tateyoko.com/

続きを読む "タテヨコ企画 『西から昇る太陽のように』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーロッパ企画 『曲がれ!スプーン』

ヨーロッパ企画 第28回公演
『曲がれ!スプーン』
【東京公演】2009年12月10日(木)-22日(火)
紀伊國屋ホール


不遇をかこっている、すべてのエスパーに捧ぐ―
サイキック業界待望の、新時代突入コメディ!

Europe1

クリスマスイブ。町外れの、うら寂れた喫茶店『カフェ・ド・念力』。集まってきたのは、各種様々な超能力を持ったエスパーたち。今夜はここで、秘密の「エスパーパーティ」が開かれようとしている。普段は能力を隠して暮らしている彼らが、初めてその“力”を、仲間同士で披露しあうのだ。呼びかけ人であるマスターが、少し席を外している間、痩せた男・神田が店に迷い込む。仲間が来たと勘違いしたエスパーたちは、彼をパーティの輪に招き入れる。しかし、やがて神田はエスパーではないことが判明。自分達の秘密を口外されたくないエスパーたちは、あれやこれやと策を練ることに。ところがそこへ、超常現象番組のAD・桜井が、神田を取材にやってきて…。


作・演出/上田誠
出演/石田剛太、酒井善史、諏訪雅、角田貴志、土佐和成、
中川晴樹、永野宗典、西村直子、本多力、山脇唯

ヨーロッパ企画オフィシャルサイト 
http://www.europe-kikaku.com

Europe2 ------------------------------------------------
映画版 『曲がれ!スプーン』
11月21日(土)全国ロードショー

監督/本広克行
原作・脚本/上田誠
出演/長澤まさみ、三宅弘城、諏訪雅、中川晴樹、辻修、川島潤哉、
岩井秀人、志賀廣太郎 他

http://magare-spoon.com
------------------------------------------------

続きを読む "ヨーロッパ企画 『曲がれ!スプーン』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本祐布子『IN THE KITCHEN』展@Annon cook

山本祐布子 『IN THE KITCHEN』展
2009年10月31日(土)-11月30日(月)
Annon cook

Inthekitchen

新刊『IN THE KITCHEN』(mille books)の発売を記念し、東京原宿のカフェ「Annon cook」にて作品展を開催。本に掲載された作品展示の他、書籍内で紹介したレシピを元に考案した限定メニューもお楽しみいただけます。

続きを読む "山本祐布子『IN THE KITCHEN』展@Annon cook"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/09

Theatre Company Ort-d.d 『A・R-芥川龍之介素描-』

Theatre Company Ort-d.d
『A・R-芥川龍之介素描-』
2009年11月21日(土)・22日(日)
学習院女子大学やわらぎホール

Ar

『A・R-芥川龍之介素描-』は1993年に劇団NOISEが上演、晩年の芥川と彼を取り巻く人々の姿を軸に、「蜘蛛の糸」「羅生門」「地獄変」「或阿呆の一生」などを絡ませ、芥川の生きた時代と彼が目指した芸術を描こうとした作品である。


原作/如月小春
構成・演出/倉迫康史
出演/村上哲也、三橋麻子、小田さやか、平佐喜子、渡辺麻依、杉村誠子、
金子由菜、三村聡、加藤幸夫、佐藤円


http://www16.plala.or.jp/ort/

続きを読む "Theatre Company Ort-d.d 『A・R-芥川龍之介素描-』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/06

『Life On The Planet -演劇の新しいコラボレーションのカタチ』

川崎市アートセンター×mmp(ミクストメディア・プロダクト)
『Life On The Planet -演劇の新しいコラボレーションのカタチ
2009年11月13日(金)-15日(日)
川崎市アートセンター アルテリオ小劇場

ドキュメンタリー演劇の旗手・阿部初美が立ち上げた新レーベル
「ミクストメディア・プロダクト」の新作公演。

Lifeontheplanet_2

実在する完全人工閉鎖空間に興味をもったアーティストが集まり、共同創造が始まった。劇作家・松田正隆が書く不可思議なテキストの断片。音楽家・批評家の大谷能生が響かせる生まれたての音。ドラマトゥルク・長島確がそれらを組み立て、演出家・阿部初美が俳優と共に、語られるべき生の実感を探る。太陽も海もない、空気すらも自分たちで作る閉鎖空間。この作品は完全なるフィクション。でもそれはいつか、起こりうること……。


[テキスト]松田正隆(マレビトの会) [演出]阿部初美(mmp)
[ドラマトゥルク]長島確(mmp) [音楽]大谷能生
[出演]野村昇史(演劇集団円)、谷川清美(演劇集団円)、永井秀樹(青年団)
瀧川英次(七里ガ浜オールスターズ)、田中夢(遊園地再生事業団)

続きを読む "『Life On The Planet -演劇の新しいコラボレーションのカタチ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小島章司フラメンコ2009 『ラ・セレスティーナ ~三人のパブロ~』

小島章司フラメンコ2009
『La Celestina (ラ・セレスティーナ) ~三人のパブロ~
2009年11月27日(金)-29日(日)
ル テアトル銀座


ピカソ、ネルーダ、カザルスで描く『ラ・セレスティーナ』の世界

Celestina1Celestina2

15世紀スペイン古典文学の傑作『ラ・セレスティーナ』。画家パブロ・ピカソ、チリの詩人パブロ・ネルーダ、チェロ奏者パウ(パブロ)・カザルス。絵画、詩、音楽の巨人である彼らはスペイン語圏では〈三人のパブロ〉と称されます。『La Celestina(ラ・セレスティーナ) ~三人のパブロ~』は、これら不世出の芸術家三人にオマージュを捧げる舞台です。


[バイレ]小島章司、クリスティアン・ロサーノ、タマラ・ロペス、パブロ・フライレ、
フランシスコ・モルガード、アンヘル・サンチェス・ファリーニャ、小島章司フラメンコ舞踊団
[カンテ]ペドロ・オブレゴン、カリダー・ベガ、エル・ロンドロ
[ギター]チクエロ、サルバ・デ・マリア [ヴァイオリン]オルビード・ランサ
[チェロ]リト・イグレシアス [パーカッション]ペドロ・マヌエル・ナバーロ・グリマルディ
[原案]小島章司 [演出・振付]ハビエル・ラトーレ [作曲]チクエロ [美術]堀越千秋

小島章司フラメンコ舞踊団 
http://www.shojikojima.com

続きを読む "小島章司フラメンコ2009 『ラ・セレスティーナ ~三人のパブロ~』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/05

有馬かおる個展 『れんこんのなか』

有馬かおる個展
『れんこんのなか』

2009年11月6日(金)-12月12日(土)
ZENSHI

Kaoruarima

1969年愛知県生まれの有馬かおるは、自宅兼ギャラリー「キワマリ荘」の運営や、2007年に水戸芸術館で開催された展覧会「夏の扉マイクロポップの時代」への参加など精力的に活動を続ける作家です。新聞紙やわら版紙など日常的な素材に描く素朴な画風で知られる作品は、自然体の自分を通して見つめる世界の深淵やあり方を表出します。針金やデジタルフレームといった、これまであまり美術作品としては使われない素材もユニークな方法で取り入れ、それらを巧みに構成していく今回の展示は、有馬にとっては久々の個展となる意欲的な展覧会です。是非ともご高覧下さい。―ZENSHI


[関連イベント]

オープニングレセプション/11月6日(金)18:00~ @ZENSHI1階

トークイベント/11月15日(日)18:30~
同世代の作家二人、有馬かおる(1969年生まれ)と玉井健司(1968年生まれ)が、この度の展覧会「れんこんのなか」の作品について、またそれぞれの制作について語り合います。
モデレーター:河田亜也子

~ZENSHI2階 メヒコ系飲み屋「スナック ミホ」が同時オープン~

前回第1回目では雨天にもかかわらず、ほぼオールスタンディングの大盛況!
アートの枠を超えてまさに異業種交流の場となりました・・
トークイベントのお供に、是非お立ち寄り下さい。
11月15日(日)18:00-23:00 (L.O.22:45)

続きを読む "有馬かおる個展 『れんこんのなか』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンス01 『DANCE with BACH ―伝統芸術家と共に―』

ダンス01/11公演 ロータスプロジェクト
『DANCE with BACH ―伝統芸術家と共に―』
2009年11月20日(火)-22日(木)
シアターX

Dancebach
アジアとの'93~03年の共同作業「ダンス東風」以降、日本舞踊家との共同作品を意欲的に発表してきた竹屋啓子が、ベテランの能、日本舞踊、コンテンポラリーダンスの3人を中心に振付にのぞむ。曲はバッハ。新たな可能性に挑戦する実験的な舞踊作品。


構成・振付/竹屋啓子
出演/花柳寿美、梅若晋矢、竹屋啓子、関雅子、花柳達真、花柳美輝風、寺杣彩、松本みゆき


ダンス01公式サイト http://members3.jcom.home.ne.jp/dance01/

続きを読む "ダンス01 『DANCE with BACH ―伝統芸術家と共に―』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都芸術劇場 『春秋座 ―能と狂言―』

京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター企画公演
『春秋座 ―能と狂言―』
2009年11月28日(土)
京都芸術劇場 春秋座

Kyoto1128

狂言「昆布売」
シテ 大名 茂山七五三、アド 昆布売 丸山やすし

能「松風」>
シテ 松風 観世銕之丞、ツレ 村雨 梅若晋矢、ワキ 旅僧 殿田謙吉、大鼓 亀井広忠
小鼓 大倉源次郎、笛 藤田六郎兵衛


プレトーク「松風」という能(本公演前に14:30より)
出演:松岡心平(能楽研究、東京大学大学院教授)
渡邊守章(京都造形芸術大学舞台芸術研究センター所長)

続きを読む "京都芸術劇場 『春秋座 ―能と狂言―』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『How many days→How many nights→→』

Dance Performance by Junko Kikuchi with Unit
『How many days→How many nights→→』
2009年11月28日(土)・29(日)
セッションハウス

Howmanydays

構成・演出・振付:菊地純子
出演:小澤玲香、木下ココ、縫原弘子、ラコーナ、松本大樹、菊地純子
ピアニスト:中村泰子

続きを読む "『How many days→How many nights→→』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/04

dance佐東利穂子/direction勅使川原三郎 『SHE-彼女』

dance佐東利穂子/direction勅使川原三郎
『SHE-彼女』

2009年11月20(金)-23(月・祝)、27(日)-29(日)
川崎市アートセンター アルテリオ小劇場


ダンスは彼女のそのものを表現する

She

続きを読む "dance佐東利穂子/direction勅使川原三郎 『SHE-彼女』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉泉功一 作品展 『from Flowers with Love』

吉泉功一 作品展
『from Flowers with Love』

2009年11月16日(月)-21日(土)
       
廻る季節の記憶のひとコマに、花々のメッセージをそえて。

K_yoshiizumi

オープニングパーティー/11月16日(月)17:00-19:00

11:00~19:00(最終日~17:00)
入場無料


SPACE YUI
〒107-0062東京都港区南青山3-4-11
ハヤカワビル1F
Tel.03-3479-5889

http://www.spaceyui.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりふね舞踏舎 ワンコインシアター 『狂言/細餓鬼上河原』

第4回 とりふね舞踏舎<紅葉の会>ワンコインシアター
『狂言/細餓鬼上河原』
2009年11月7日(土)
とりふね舞踏舎稽古場・大磯・黒金閣

Torifune

[第一部]狂言

大藏流若手狂言SHIN千太郎組
出演/大藏千太郎、小梶直人、
演目/
・お話 大藏千太郎
・狂言「太刀奪(たちうばい)」
太郎冠者=大藏千太郎、主人=赤川修司、道通り=小梶直人

[第二部]舞踏
出演/DEN、村中裕季、多屋民、岩田尚子、鍛冶屋おたゑ
賛助出演/三上賀代、波多野杜邦(オカリーナ)

続きを読む "とりふね舞踏舎 ワンコインシアター 『狂言/細餓鬼上河原』"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

弘前劇場公演2009 『アグリカルチャー』札幌/弘前/青森/東京公演

弘前劇場公演2009 『アグリカルチャー』

【札幌公演】2009年11月14日(土)~16日(月) シアターZOO
【弘前公演】2009年11月20日(金)~22日(日) スタジオ・デネガ
【青森公演】2009年11月23日(月・祝) 青森県美術館シアター
【東京公演】2009年12月4日(金)~6日(日) ザ・スズナリ

※フライヤーとは日程が変更になった公演があります。

Agri

[ストーリー]舞台は、東北の、現在は下宿屋も営んでいる古い農家。そこで生活してきた家族や下宿している大学准教授、近くの学生食堂で働く人々などが登場する。農業を継いで5年目の長男と大学生の次男は、お笑いの新しいネタを考えている。彼らの父親は、兄弟の母が若くして亡くなった後、彼らを、農業を営みながら育て上げてきたのだが、近頃、様子がおかしい・・・。惚けてしまったのか、それとも、違う理由があるのか・・・。登場人物たちの様々なさりげない会話の積み重ねの中で、「食べる」ことから「生命」を問い、「自然に生きて死ぬ」ことと「人間を延命させる」ことが対比されていく物語。


作・演出/長谷川孝治
出演/福士賢治、長谷川等、林久志、藤島和弘、永井浩仁、田邊克彦、濱野有希、
柴山大樹、平塚麻似子、小笠原真理子

続きを読む "弘前劇場公演2009 『アグリカルチャー』札幌/弘前/青森/東京公演"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンコール 山口はるみPARCOの時代 『凛として女』

アンコール 山口はるみPARCOの時代
『凛として女』

2009年11月3日(火・祝)~12日(木)
ギャラリー東京バンブー


2000年11月、渋谷パルコギャラリーで開催された「凛として女」
ポスター展をGALLERY TOKYO BAMBOOにてアンコール展示。

Harumiy

[トークイベント]
ゲスト:和田誠さん
11月12日 18:00~19:30 
参加費1,000円(ドリンクつき・要予約)

http://bamboo.biscuit.co.jp

続きを読む "アンコール 山口はるみPARCOの時代 『凛として女』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »