« 岡崎藝術座 『ヘアカットさん』『朝焼けサンセット』 | トップページ | picarotaro真鍋太郎+藤原ようこ 『Side Walk,Side Talk.』 »

2009/10/15

劇団唐ゼミ☆ 第十五回公演『下谷万年町物語』

劇団唐ゼミ☆第十五回公演
『下谷万年町物語』
浅草花やしき裏特設テント劇場
2009年10月23日(金)-11月8日(日)
開場17:30 開演18:00(約3時間上演)
※会期中10/27・28・29、11/4・5は休演

Shitayam

作・監修=唐十郎 演出=中野敦之


今はなき浅草瓢箪池のほとりに、少年"文ちゃん"がやってきた。 かつて上野駅の近くにあった通称「下谷万年町」に住む文ちゃんは、ご近所さんであるオカマの"お春"に依頼されて、行方をくらました"洋一"を捜しに、浅草までやってきたのだ。事の起こりは、八件長屋に復員兵や男娼が住みつく「万年町」と、そこに置きた警視総監暴行事件。ある夜、上野一帯を視察に訪れた警視総監一行に腹を立てたオカマの元締め"お市"は、総監の帽子を奪ってしまう。以来、権力の象徴であるその帽子は、お市から部下のお春へ、そして春のイロである洋一の手へと渡り歩いてゆく。その洋一が、お春との痴情のもつれにより、帽子をもったまま姿をくらましてしまったのだ。帽子を取り戻そうと躍起になるオカマたち。一方、洋一が小道具係を務める劇団"軽喜座"の座長は、総監暴行事件を芝居仕立てにして一発当てようと、こちらも総監の帽子を狙っている。オカマと軽喜座。再会を果たすも、二つの勢力の間に挟まれた文ちゃんと洋一。二人は、ふとした偶然から瓢箪池の底から浮かび上がってきた自殺志願の女優"キティ・瓢田"に出会うことで、昔キティが立ち上げを夢見ていた劇団"サフラン座"を掲げ、第三の勢力として台頭しようとするが・・・。

チケット
前売2,800円、当日3,200円

チケット取扱い
劇団唐ゼミ☆、チケットぴあ、イープラス

劇団公式サイト 
http://www.karazemi.com

|

« 岡崎藝術座 『ヘアカットさん』『朝焼けサンセット』 | トップページ | picarotaro真鍋太郎+藤原ようこ 『Side Walk,Side Talk.』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/46492337

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団唐ゼミ☆ 第十五回公演『下谷万年町物語』:

« 岡崎藝術座 『ヘアカットさん』『朝焼けサンセット』 | トップページ | picarotaro真鍋太郎+藤原ようこ 『Side Walk,Side Talk.』 »