« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/30

開催日決定!『アートフェア東京2010』

『アートフェア東京2010』
2010年4月2日(金)-4日(日)
東京国際フォーラム 展示ホール&ロビーギャラリー


日本最大のアートフェア、次回の開催日決定!
アートフェア東京は、多様なジャンル、様々な時代のアートを扱うアジアのトップクオリティーフェアとして注目され、世界中からアート愛好家、コレクター、ジャーナリスト、ギャラリスト、キュレーター等が、アート作品と最新情報を求めて集まるアートの見本市です。

2009_49_1Aft_logo_cs22009_39_2 2009_55_32009_44_4
左上)青木画廊 [東京]
中)アートフェア東京2009 会場風景
左下)思文閣 [東京]
右下)GALLERY DELAIVE [アムステルダム]
photos:アートフェア東京2009/(c)ART FAIR TOKYO/Photo by Munetoshi Iwashita


公式HP 
www.artfairtokyo.com

続きを読む "開催日決定!『アートフェア東京2010』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Theatre劇団子 21st act. 『ストイックだよ全員集合!』

Theatre劇団子 21st act.
『ストイックだよ全員集合!』

11月18日(水)-23日(月・祝)
ザムザ阿佐谷

Theatreg

外は闇。午前3時。雲一つない満月の夜。いや夜中。
部屋には簡素な机とライターとタバコ、そして灰皿。
吸いたいけど吸えない。吸いたいのに吸えない。
だって吸ったら、僕は大好きなあの子に2度と逢えなくなっちゃうから・・・。
ここは禁欲道場。新たな人生へ向かう最後の砦。


作・演出/石山英憲
出演/佐藤貴也、阿部英貴、斉藤範子、島村比呂樹、田中千佳子、土橋建太、
伊奈稔勝、大原研二、白石悠佳、沢城みゆき、大高雄一郎

Theatre劇団子 
http://www.gekidango.jp/

続きを読む "Theatre劇団子 21st act. 『ストイックだよ全員集合!』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェスティバル/トーキョー09秋 サンプル公演 『あの人の世界』

フェスティバル/トーキョー09秋
サンプル 公演 『あの人の世界』
11月6日(金)-15日(日)
東京芸術劇場 小ホール1

Sample
■ストーリー

その場所を二人の者が占めるわけにはいかない。だから男は家を出た。

耳に息を吹き込まれた。その心地よさを味わいたくて、女は都会にやってきた。

ゆりかごから墓場まで。墓場からゆりかごまで。私たちは常にサインを受けとりながら進む。
ネズミの死骸、朝の光、エアコンの音、誰かのまばたき、ゴムの感触、おばあちゃんの思い出等々…
正しいか正しくないかは問題じゃない。鮮度が頼り。

つまりは出会いの話です。


作・演出/松井周
出演/辻美奈子(サンプル・青年団)、古舘寛治(サンプル・青年団)、
古屋隆太(サンプル・青年団)、山崎ルキノ(チェルフィッチュ)、渡辺香奈(青年団)、
奥田洋平(青年団)、石橋志保(中野成樹+フランケンズ)、深谷由梨香(柿喰う客)、
芝博文、田中佑弥、善積元、羽場睦子

[終演後ポスト・パフォーマンストーク]
11月6日(金)松井周×松本雄吉(維新派主宰、演出家)
11月7日(土)松井周×岩井秀人(ハイバイ主宰、劇作家、演出家)
11月12日(木)松井周×タニノクロウ(庭劇団ペニノ主宰、劇作家、演出家)

続きを読む "フェスティバル/トーキョー09秋 サンプル公演 『あの人の世界』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年年有魚 公演 『てのひらに滲んだら』

年年有魚 公演
『てのひらに滲んだら』

2009年11月6日(金)-10日(火)
下北沢OFF・OFFシアター

Nennen

例えば、金髪のコンビニ店員が掌を包むようにお釣りを返したり、分煙化だと言ってみては、
同じ空の下を白いラインで区切ってみたり。
丁寧に生きることを求められている時代なんだと感じてしまいます。必要以上に。
教室の隅っこに「思いやりを大切に」と書かれていたように。

思いやることは必要だと思います。とても。
だけど、それは本当に思いやりだろうかとも思うことがあるのです。
せっかくだから、そんなことを描いてみようとパソコンの前に座りました。
ジメジメしても仕方が無いから、ハワイのリゾート気分で。

ロミロミという言葉をご存知でしょうか。
ハワイ語で「揉む」という意味で、ハワイ式マッサージのことでもあります。
太陽と風と大地と海と、ALOHAの精神で掌から癒やしを体に伝える、
世界で一番スピリチュアルなマッサージだそうです。

今回はそんなロミロミのサロンを舞台にすることにしました。
掌から伝わること、伝えることを、丁寧に、少しだけじっとりと描きたい。

ウクレレの音色を聞きながら、スローライフな演劇を。


作・演出/森下雄貴
出演/平田暁子、トツカユミコ、上出勇一、前有佳、南場四呂右、松下知世、
久富麻季、加藤智恵(本田ライダーズ)、川嵜美栄子、山下豪

続きを読む "年年有魚 公演 『てのひらに滲んだら』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/29

マームとジプシー 『コドモもももも、森んなか』

マームとジプシー
『コドモもももも、森んなか』

2009年11月5日(木)-11月8日(日)
STスポット

Marmjyp

どこかの田舎街。幼い三姉妹。大人が作った街の片隅。コドモたちは、自分たちだけの"住処"を作って遊んでいる。幼少期から青年期までの数年間。居場所を求めて、壊された、コドモたちだけの話。


作・演出/藤田貴大
出演/青柳いづみ、伊野香織、河野愛、斎藤章子、鈴木宏侑、高橋志緒、波佐谷聡、
橋本ゆりか、藤田早織、緑川史絵、召田実子、横山真、吉田聡子

マームとジプシー 
http://ameblo.jp/mum-gypsy

続きを読む "マームとジプシー 『コドモもももも、森んなか』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作・演出/西田征史 『雨の日の森の中』

『雨の日の森の中』

【東京公演】
2009年11月4日(水)-23日(月)東京グローブ座
【大阪公演】
2009年11月26日(木)-30日(月)梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ


とある雨の日、森の中、とあるペンションでの、とある勘違い―

Globe_umeda

作・演出を手掛けるのは、お笑い芸人から脚本家へ華麗なる転身を果たした異色のクリエイター、西田征史。初座長、初コメディに挑戦するNEWSの増田貴久。今作が初舞台となるヒロイン役の村美月。お笑いコンビ・ラーメンズでの活躍のみならず、俳優としても人気の片桐仁。多方面で幅広い役を演じ、演技力に定評のある佐藤仁美・・・“抱腹絶倒のドタバタ・コメディ”です。


作・演出/西田征史
出演/増田貴久、谷村美月、菅原永二、玉置孝匡、中谷竜、初音映莉子、佐藤仁美、片桐仁

続きを読む "作・演出/西田征史 『雨の日の森の中』"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スタヴロス・フィルム 『吸血』

スタヴロス・フィルム
『吸血』
2009年11月14日(土)・15日(日)
すみだリバーサイドホール


ジャンルを超えて話題のアート映画、
初の一般上映決定!

Kyuketsu
新進気鋭の映像作家・吉本直紀監督が、“吸血鬼”すなわち“血”と“鬼”をテーマに、銀幕の詩空間と現代人の心にひそむ闇と幻想をあぶり出したアート映画。キャスト・スタッフともに、映像・演劇・ダンス・美術界の若手からベテランが集結。儚げな少女性と妖婉さを兼備する新星・柿澤亜友美、世界の舞踏家・むろぶしこう室伏鴻らの身体表現を、デジタル技術を駆使し、耽美的かつ抽象的な映像に追求しました。ゲストによるトークショーも盛り込み、満を持して本邦初の一般上映会を開催。

ストーリー
近未来の日本では、白昼夢シンドロームが社会に蔓延していた。オカルトマニアの青年と付き合う少女は、度重なる発作の中、自分が古のヴァンパイアの血をひくことなど知らずのうちに、幻想の中、ヴァンパイアの館へと引き込まれる。少女の来訪を待ちわびている老吸血鬼と老鬼女。やがて少女の意識の奥底で、遠い昔の鬼の血が覚醒し始める。少女を追い、自分も吸血の一族に加わる事を懇願する青年。だが彼の命は、図らずも鬼の餌食となる。鈍く光る太陽と押し寄せる闇の中で、呪われた宿命を負った少女が、他者の「吸血」と自らの死の狭間で苦悩する。


監督・撮影・編集・音楽/吉本直紀
出演/柿澤亜友美(ルーム・ルーデンス)、足立昌弥(劇団黒テント)、吉永睦子(テラ・アーツ・ファクトリー)、室伏鴻

[アフタートーク・ゲスト]
11月14日(土):映像作家 金井勝氏
11月15日(日):映像作家 竹藤佳世


公式サイト 
http://kyuketu.is-mine.net/

続きを読む "スタヴロス・フィルム 『吸血』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

365日、365人、365枚の作品カレンダー『(^_^)365(O_O)』(ハローサンロクゴ)

2010年版日めくりカレンダー
『(^_^)365(O_O)』(ハローサンロクゴ)

365日、365人、365枚の作品カレンダー

Jagda365_3日本グラフィックデザイナー協会 (JAGDA) 会員のグラフィックデザイナー365人が1人1日ずつデザインを担当。デザインだけでなく印刷技法や紙までもが毎日異なるという “捨てられない日めくりカレンダー” 発売中。

カレンダー公式サイト 
http://365.jagda.org/jp

仕様:15種の最先端印刷/11種の用紙/A5変形/リング製本
発行日:2009年10月26日(月)
定価:3,650円(税込)
販売元:社団法人日本グラフィックデザイナー協会
販売ルート:JAGDA ECサイト「JAGDA ONLINE SHOP」、全国の美術館やデザインギャラリーなど

お問合せ
社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
107-6205 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
TEL.03-5770-7509 http://www.jagda.org

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/28

渡辺源四郎商店 『今日もいい天気』

渡辺源四郎商店 第10回公演
『今日もいい天気』

【東京公演】2009年11月5日(木)-8日(日)
こまばアゴラ劇場

G_watanabe

青森市郊外にある一軒の家。この家の太陽であったひとりの女は7年前、この世を去った。
遺された4人の男たちはそれぞれ喪失を抱えつつ、ひとつ屋根の下で日々を送ってきたが…。


作・演出/畑澤聖悟
出演/工藤由佳子、高坂明生、工藤良平、柿崎彩香、宮越昭司
田中耕一(劇団雪の会)、牧野慶一(劇団雪の会)、山田百次、吉田唯

続きを読む "渡辺源四郎商店 『今日もいい天気』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇団昴公演 『河の向こうで人が呼ぶ』

劇団昴公演
『河の向こうで人が呼ぶ』

2009年10月31日(土)-11月8日(日)
あうるすぽっと


心の中にぽっかり空いた綻びの穴。
その闇の向こうから懐かしい声が呼びかけてくる。

Subaru_2

作/山田太一
演出/村田元史
出演/西本裕行、山口嘉三、田中正彦、鎌田翔平、一柳みる、磯辺万沙子、上領幸子

続きを読む "劇団昴公演 『河の向こうで人が呼ぶ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅井健一デザインによる『Sexy Stones Records Limited Shop 2009』

Sexy Stones Records Limited Shop 2009
2009年10月28日(水)-11月16日(月)
LAPNET SHIP


盛況を博した昨年に続き、今年も浅井健一デザインによる
グッズの限定ショップが登場。

Asai1  Asai2

本年ソロプロジェクトを再始動し、9/30には約2年ぶり待望のニューアルバム「Sphinx Rose」をリリース。音楽だけでなく絵の才能も併せもつ浅井健一デザインのグッズを集めた期間限定ショップが今年もOPEN。サイン入り額付き作品の他、オリジナルTシャツやキーホルダー、ステッカーなど多彩なグッズを販売します。シングル「FRIENDLY」の初回限定版に付いていたフィギュアのバージョン違いも登場予定。11月からのライブハウスツアー“GOD MOTEL”、ホールツアー“MERCURY”に先駆けてベンジーグッズを手に入れよう!

Asai3

Sexy Stones Recordsサイト

http://www.sexystones.com

続きを読む "浅井健一デザインによる『Sexy Stones Records Limited Shop 2009』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇団 印象第12回公演 『父産』

劇団 印象 第12回公演
『父産』

2009年10月30日(金)-11月3日(祝・火)
吉祥寺シアター


演劇の常識をぶち壊した爆笑劇。
2007年に初演され大好評を得た「父産」を再演!

Tousan

作・演出/鈴木アツト
出演/加藤慎吾、笹野鈴々音、山田英美、澁谷友基、毎ようこ、岸宗太郎、前田雅洋
岡田梨那、星野奈穂子(時間堂)、いとう大輔、小角まや、伊谷彰、最所裕樹
吹原幸太(ポップンマッシュルームチキン野郎)、関根信一(劇団フライングステージ)

続きを読む "劇団 印象第12回公演 『父産』"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

studio salt 『あの日僕だけが見られなかった夜光虫について』

studio salt 第12回公演
『あの日僕だけが見られなかった夜光虫について』
2009年10月29日(木)-11月3日(祝・火)
相鉄本多劇場

Studio_salt

あれから僕は調べてみた。夜光虫っていうのは、植物プランクトンの渦鞭毛藻類に分類されるプランクトンで、たくさん集まると赤潮になる。昼間はトマトケチャップみたいな赤い色で海面に漂っていて、夜に刺激を与えると青白く光る。奴らの話しだと、発光ダイオードの青みたいな色で光るんだとか。あの日僕だけは見られなかったんだけど。そして僕はいまだに夜光虫の光るのを見ていない。


作・演出/椎名泉水
出演/麻生0児、高野ユウジ、東享司、木下智巳、鷲尾良太郎、山ノ井史、奥山美代子(文学座)、
海原美帆、桐村理恵、宍戸麻衣、鈴木克昌、ようだたかゆき(無理やり片思い)

続きを読む "studio salt 『あの日僕だけが見られなかった夜光虫について』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/27

片山 健 作品展 @SPACE YUI

片山 健 作品展
2009年11月9日(月)-14日(土)

以前発表して好評だった作品と、新作を含め構成された作品展を開催。

Katayama

11:00~19:00(最終日~17:00)
入場無料

SPACE YUI
〒107-0062東京都港区南青山3-4-11
ハヤカワビル1F
Tel.03-3479-5889

http://www.spaceyui.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローザス/池田扶美代+アラン・プラテル+ベンヤミン・ヴォルドンク

ローザス
『ツァイトゥング』
2009年11月27日(金)・28日(土)・29日(日)

池田扶美代+アラン・プラテル+ベンヤミン・ヴォルドンク
『ナイン・フィンガー』
2010年2月6日(土)・7日(日)

彩の国さいたま芸術劇場

Rosasninefinger
ローザス『ツァイトゥング』

コンセプト/アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル、アラン・フランコ
振付/アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル
出演/ローザス(9名)、アラン・フランコ(ピアノ)
【アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル】
ローザス芸術監督。モーリス・ベジャールのムードラで学んだ4人の女性ダンサーでローザスを結成。音楽と身体の構造的関係を探求しつつ常に刺激的な作品を発表し続け、名実共に世界をリードする。


池田扶美代+アラン・プラテル+ベンヤミン・ヴォルドンク『ナイン・フィンガー』
構成・演出・振付・テキスト/池田扶美代、ベンヤミン・ヴォルドンク、アラン・プラテル
出演/池田扶美代、ベンヤミン・ヴォルドンク
【池田扶美代】
ムードラにてアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルと出会い、ともにローザスを結成。退団を経て1997年、ローザスに復帰。多くの新作創作や再演に貢献している。

続きを読む "ローザス/池田扶美代+アラン・プラテル+ベンヤミン・ヴォルドンク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/26

芙二三枝子現代舞踏公演 『異郷人/葉々と咲う詞/晨』

芙二三枝子現代舞踏公演
『異郷人/葉々と咲う詞/晨』
2009年11月24日(火)
ル テアトル銀座

Miekofuji

『異郷人』
60年代、斬新なスタイルで、日本を揺るがした「異郷人」。これまで芙二以外の誰にも踊らせなかった、このセンセーショナルなソロを、今、馬場ひかりが、根源的人間の心の深淵に立ち、鮮烈に、踊る。

『葉々と咲う詞』
大地と太陽の恵みに育まれた樹木は繁り、朽ち、甦る。普通のいのちの詩を、愛おしんで、芙二三枝子が舞う。

『晨』
晨、それは夜明け、あした。不安と焦燥の闇の中から、希望の光を見出す、美しい未来への予感。地を踏む力強い響きは、蘇生するいのちの鼓動。


出演/芙二三枝子、馬場ひかり、稲葉厚子、手塚多希、山﨑則子、小林祥子、黒木怜香、
廣瀬 二美、小森貴子、宮内明子、小栗百子、多田名津子、中嶋瞳、新井彩冬実、桜井矢絵、
杉本咲野、吉川絢子、丸山はるか、寿々木みづき、中島松秀、五十嵐悠


http://www.fujimieko.jp/

続きを読む "芙二三枝子現代舞踏公演 『異郷人/葉々と咲う詞/晨』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本初上陸!『Men of Steel』

日本初上陸!
『Men of Steel』

【高知公演】2009年11月7日(土)・8日(日) 高知県立美術館ホール
【金沢公演】2009年11月13日(金)・14日(土) 金沢21世紀美術館

Menofsteel
メン・オブ・スティールは、メルボルンのヴィクトリア・カレッジ・オブ・アーツ出身の3人のパペット集団によって制作された、料理とフィジカルシアターを融合し、我々の住む消費社会をユーモラスに考察した作品です。

続きを読む "日本初上陸!『Men of Steel』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田名網敬一 個展 『壺中天』

Tanaami_1_2 田名網敬一 個展
『壺中天』

2009年11月7日(土)-12月19日(土)
NANZUKA UNDERGROUND


中国の後漢書に伝わる故事に着想を得て描きあげた
新作ペインティング約10点を展示予定!

Tanaami_2
"A Feast with the skeleton"2009,Acrylic on canvas,1455×1940mm


オープニング・レセプションパーティ-
11月7日(土)18:00-20:00

続きを読む "田名網敬一 個展 『壺中天』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/23

青年団国際演劇交流プロジェクト2009 『交換』

青年団国際演劇交流プロジェクト2009
『交換』 l'Echange
2009年10月29日(木)-11月3日(火・祝)
こまばアゴラ劇場


どうして私から離れたの。私にまだ何を期待してるの。あなたは死んだのよ。

Seinendan1029

原作/ポール・クローデル
演出/フランク・ディメック
出演/川隅奈保子、島田曜蔵、福士史麻、綾田將一(reset-N)

青年団 
http://www.seinendan.org

続きを読む "青年団国際演劇交流プロジェクト2009 『交換』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京デスロック 『ROMEO & JULIET』JAPAN ver.&KOREA ver.

キラリンク☆カンパニー 東京デスロック
『ROMEO & JULIET』
-JAPAN ver.&KOREA ver.-
2009年10月24日(土)-28日(水)
キラリ☆ふじみ マルチホール


日韓両バージョン二本立て公演。

Tokyo_deathlock

KOREA ver.はロミオとジュリエットの弔い、演劇を信じぬいた演劇作品、新作JAPAN ver.はロミオとジュリエットの幸せ、新シリーズ“CONTEMPORARY SERIES”1作目。


原作/ウィリアム・シェイクスピア
構成・演出/多田淳之介

東京デスロック 
http://deathlock.specters.net

続きを読む "東京デスロック 『ROMEO & JULIET』JAPAN ver.&KOREA ver."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡辺美佐子ひとり芝居 『化粧 二幕』

サンポートホール高松開館5周年記念事業
一人芝居セレクションvol.6 渡辺美佐子ひとり芝居
『化粧 二幕』
2010年2月27日(土)・28日(日)
サンポートホール高松

Kesyoufutamaku1

渡辺美佐子が演じるひとり芝居の決定版。間もなく閉じられようとしている芝居小屋。その楽屋で大衆演劇の女座長が化粧をしながら語る「女」の物語。笑いと涙を重ねて魅せる井上ひさしの才筆と、木村光一の洗練された演出により、世界中で再演を重ね600回を超えた現代戯曲の傑作。


Kesyoufutamaku2_2 作/井上ひさし
演出/木村光一
出演/渡辺美佐子


【関連イベント】
『化粧 二幕』プレトーク
渡辺美佐子「生涯女優、その人生」

2010年1月31日(日)14:00
サンポートホール高松 4F 第1小ホール
チケット(全席自由)一般1,000円/大学生以下500円
※要学生証/サンポートホール高松プレイガイドでのみ取扱い

続きを読む "渡辺美佐子ひとり芝居 『化粧 二幕』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KAKUTA第20回公演 『甘い丘』

KAKUTA第20回公演
『甘い丘』

2009年10月30日(金)-11月8日(日)
シアタートラム


第52回岸田國士戯曲賞、最終候補作品、再演。

Kakuta

町はずれの丘の上に立つサンダル工場では、いつもゴムの溶けるにおいが立ちこめ、誰も人が寄りつかない。「孤独で枯れた女の巣」その工場を、町の人々はそう呼んだ。


――愛を逃した女。愛を憎む女。愛も枯れた女。
そしてまだ愛を乞う女たちの、渇望と再生のものがたり。


作・演出・出演/桑原裕子
出演/椿真由美(青年座)、成清正紀、若狭勝也、原扶貴子、佐藤滋、高山奈央子、大枝佳織、
野澤爽子、横山真二、馬場恒行、村上航(猫のホテル)、三谷智子(文月堂)、高島雅羅

KAKUTA公式サイト 
http://www.kakuta.tv/

続きを読む "KAKUTA第20回公演 『甘い丘』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

維新派 公演 『ろじ式』

維新派 公演
『ろじ式~とおくから、呼び声が、きこえる~』

2009年10月23日(金)-11月3日(火)
にしすがも創造舎

Rojishiki

離島の精錬所跡、野球グラウンド、びわ湖の湖上―「その場、その時」でしか体験し得ない空間・時間を創りだし、常に観客を魅了してきた維新派。6年ぶりの東京公演の舞台に選んだのは、廃校を転用した、にしすがも創造舎。校門をくぐると、維新派名物の屋台村が校庭一体に出現し、人々を日常と非日常の間へと誘い込む。そして劇場へ足を踏み入れれば、松本雄吉の想像力が観客を<ろじ=路地>の奥、私たちの原風景へと連れ去る。


作・演出/松本雄吉

出演/維新派

続きを読む "維新派 公演 『ろじ式』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/22

田上パルVOL.8 『青春ボンバイエ』

田上パルVOL.8
『青春ボンバイエ』

2009年10月23日(金)-11月1日(日)
三鷹市芸術文化センター 星のホール

Tagami_pal

熊本ボンバイエ!! 天草ボンバイエ!! 天草四郎ボンバイエ!!
一気に一揆だボンバイエ!! 海の近くでボンバイエ!! 当然皆でボンバイエ!!
寂しくなったらボンバイエ!! 現代人のオアシス探しだ、ボンバイエ!!
その場所は、橋を渡り継がないとたどり着けない潮風漂う桃源郷。
さぁ、目指そうじゃないか。 天草四郎も目を醒ます程の猛々しい強者たちよ。
熊本弁体育会系ファンタジー THE トレジャーハンティング編!!


作・演出/田上豊
出演/星野秀介、松高義幸、二宮未来、安村典久、平岩久資、土田祐太、
堀善雄(ザ・プレイボーイズ)、目次立樹(ゴジゲン)、田代尚子、ふじきみつ彦

続きを読む "田上パルVOL.8 『青春ボンバイエ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/21

架空畳公演 『NAVIの世界の失踪者-ト書きのヒトビト-』

架空畳 第10回公演
『NAVIの世界の失踪者-ト書きのヒトビト-』

2009年10月23日(金)-25日(日)
新宿シアターモリエール


大事なものだけ失おう。

Navi

KからNへ。
途方もなくバカバカしい男だった。使う言葉、向かう場所、どれも呆れるほどデタラメで。僕は15歳。ダブリのNは16歳、同じ高校一年生。午後の授業を抜け出して駅までの道を歩くとき、いつだって隣に奴を感じながら、けれど決して埋めることの出来ない一歩の距離を、その一年分の空白に感じていた。奴が行ってから明日で一年。僕もやっとNと肩を並べ、そして抜き去ることになる。今しかないだろう。今夜しかない。Nのことを語りそして永久に忘れるのは。あのモノ言わぬヒトビトの住むト書きの世界で今夜一晩、たった一度だけ。逃げ出そう。手放そう。忘れよう。消え去ろう。そうきっと、大事なものだけ失おう。…上手く出来るかどうか、それはわからないけど。


作・演出/小野寺邦彦
出演/岩松毅、山本駿、赤城智貴、松田紀子、本庄あゆみ、加藤槙梨子

架空畳 
http://kaku-jyo.com/

続きを読む "架空畳公演 『NAVIの世界の失踪者-ト書きのヒトビト-』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトリエ空中線10周年記念展 『インディペンデント・プレスの展開』

アトリエ空中線10周年記念展
『インディペンデント・プレスの展開』

Development of an Independent Press:the first decade of Atelier Kuchusen
2009年11月13日(金)-12月6日(日)
ポスターハリスギャラリー

Atelier_kuchusenアンンデパンダン=自主独立な画家・作家たちのインディペンデント出版作品を独創的な造本で制作しつづけて高い評価を得る間奈美子主宰の〈アトリエ空中線〉。その孤高の活動10周年を記念して、全制作書籍・約120点を一挙展覧します。書籍それ自体が作品であり表現である自主制作出版のあり方を模索しつつ、作家たちと向き合いながら、編集・造本・組版・印刷製本設計・配本まで一貫して取り組み、内容にふさわしい本の形を一つひとつ送り出してきたアトリエの全貌が初めて明かされます。
※展示書籍、作家作品の販売もいたします。

[オープニング・レセプション]
11月13日(金)19:00


[ギャラリートーク]
「書物のインディーズの夢の継承」

第1回/11月21日(土)18:00-19:30
〈ダダ/シュルレアリスムからパンク/ニューウェイブへ〉
ゲスト:あがた森魚(音楽家)・間奈美子・郡淳一郎

第2回/11月28日(土)18:00-19:30
〈瀧口修造と『地球創造説』『稲妻捕り』「草子」「煌文庫」〉
ゲスト:山田耕一(書肆山田 創設者)・間奈美子・郡淳一郎

※ギャラリートークは記念ブックレット(定価1,000円)をお買上の方、ご参加いただけます。
要予約/定員各40名(予約順整理番号付き/全席自由)
予約方法
(1)会場でブックレットご購入時に直接ご予約。
(2)事前にTELかメールでご予約→当日精算。
TEL:080-2023-0499 メール:
info@posterharis.com

アトリエ空中線
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/kuchusen
ポスターハリスギャラリーHP内
http://posterharis.com/gallery.schedule.atelier2009.1.html

続きを読む "アトリエ空中線10周年記念展 『インディペンデント・プレスの展開』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/20

『国盗人(くにぬすびと)』―W.シェイクスピア「リチャード三世」より―

『国盗人(くにぬすびと)』
―W.シェイクスピア「リチャード三世」より―

[東京公演]2009年12月5日(土)-12日(土)
世田谷パブリックシアター
[兵庫公演]2009年12月16日(水)-18日(金)
兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
[九州公演]2009年12月22日(火)・23日(水・祝)
北九州芸術劇場 中劇場

Kuninusubito

作/河合祥一郎
演出/野村萬斎
出演/野村萬斎、白石加代子、石田幸雄、大森博史、小田豊、山野史人、
月崎晴夫、じゅんじゅん、すがぽん、泉陽二、若松力、中村美貴、
時田光洋、坂根泰士、平原テツ、入月謙一、大竹えり、黒川深雪、髙島玲

続きを読む "『国盗人(くにぬすびと)』―W.シェイクスピア「リチャード三世」より―"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛皮族2009年本公演 『社会派すけべい』

毛皮族2009年本公演
『社会派すけべい』

2009年11月19日(木)-12月1日(火)
下北沢 駅前劇場


癒しのテロエロ集団「毛皮族」の豪華絢爛サンクチュアリ。
ああ「笑い」こそ最大の快楽!!極上の不良品!

Kegawazoku1119

愛人の利権を巡って争覇する女達の心理戦争。金欲・支配欲・権力欲・愛欲・情欲の全てが絡み合って展開する人間の痴態。過激と普遍の渦中を彷徨いながら、甘美な退屈と骨太な人間らしさで心を抉る「どっひゃー」な物語。


作・演出/江本純子
出演/江本純子、町田マリー、柿丸美智恵、羽鳥名美子、高野ゆらこ、 武田裕子、
延増静美、平野由紀、高田郁恵、金子清文

毛皮族 
http://www.kegawazoku.com/

続きを読む "毛皮族2009年本公演 『社会派すけべい』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇団1980・新宿梁山泊 合同企画公演 『宇田川心中』

劇団1980・新宿梁山泊 合同企画公演
『宇田川心中』
2009年11月7日(土)-22日(日)
青山公園(南地区広場特設テント)

Udagawa_shinjyu

百五十年前の渋谷・道玄坂。宇田川の畔で出逢った若い男女。二人は求めあい、引き裂かれ、異界を駆け、運命を知り、そして愛を誓う。永久にも近い時間を隔てて尚、再び出逢う約束。今生の命を捨てて―――


原作・脚本/小林恭二 演出/金守珍

新宿梁山泊 
http://www5a.biglobe.ne.jp/~s-ryo/

続きを読む "劇団1980・新宿梁山泊 合同企画公演 『宇田川心中』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄割アルバトロスケット 『鉄割のアルバトロ助~リトルオーライ~』

鉄割アルバトロスケット
『鉄割のアルバトロ助~リトルオーライ~』

2009年11月12日(木)-16日(月)
下北沢 ザ・スズナリ

Tetuwari1112

戯作/戌井昭人 

演出/牛嶋みさを

出演/内倉憲二、奥村勲、中島朋人、中島教知、マークス雅楽子(kiiiiiii)、小林成男、伊藤麻実子、
古澤裕介(ゴキブリコンビナート)、村上陽一(the BackDrops)、渡部真一(渋さ知らズ)


http://www.tetsuwari.com

続きを読む "鉄割アルバトロスケット 『鉄割のアルバトロ助~リトルオーライ~』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第8回 名物かいぶつ祭り 『かいぶつ句集50号記念大祭』

Photo
Kaibutsu1_2 第8回 名物かいぶつ祭り
『かいぶつ句集50号記念大祭』
2009年12月20日(日)
清澄庭園「大正記念館」

++++++++++++++++++++++++

◆式次第(予定)


恒例・開会の辞
異例・豪華ゲストによる祝辞
異例・祝電披露(天国からのサクラ祝電も?)
恒例・かいぶつ句会賞授与式
名物・大句会
恒例・三巨匠による鼎談
名物・同人によるパフォーマンス
名物・ゲスト芸人によるショー(?)
恒例・持ってけ泥棒!オークション
恒例・閉会の辞

++++++++++++++++++++++++



参加ご希望の方は“続きを読む”から詳細をチェック!

続きを読む "第8回 名物かいぶつ祭り 『かいぶつ句集50号記念大祭』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

髙木壽夫 『Human & Pop』

髙木壽夫
『Human & Pop』

2009年11月2日(月)-7日(土)

Takagihisao

気になる人、魅かれる人の出会いから、いつものように絵を描いてみました。資料を見ては空想や妄想に身を任せながらその人物のリアルを絵に・・・。作品を通して皆様とささやかな「何か」を共有出来ればうれしいです。

続きを読む "髙木壽夫 『Human & Pop』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/19

五反田団 2本同時上演! 『生きてるものはいないのか』『生きてるものか』

五反田団
『生きてるものはいないのか』
『生きてるものか』

2009年10月17日(土)-11月1日(日)
東京芸術劇場

Gotandadan

作・演出/前田司郎


『生きてるものはいないのか』
出演/遠藤留奈、大山雄史、岡部たかし、尾倉ケント(アイサツ)、笠井里美(ひょっとこ乱舞)、
宮部純子、鈴木燦、立蔵葉子(青年団)、田中伸一、中尾裕美、成田亜佑美、成瀬正太郎、
布川雄治、バビィ、福沢佐瑛子、師岡広明、芳尾シンジ、吉田彩乃
『生きてるものか』
出演/飯田一期、石澤彩美、久保亜津子(向陽舎)、佐藤誠(青年団)、島田桃依、菅原直樹、
瀬尾遠子、飛谷映里、野津あおい、枡野浩一、前田司郎


終演後アフタートーク
10月19日(月)「生きてるものはいないのか」出演者+前田司郎
10月20日(火)「生きてるものか」出演者+前田司郎
10月22日(木)「生きてるものはいないのか」東京芸術劇場芸術監督 野田秀樹+前田司郎

五反田団 
http://www.uranus.dti.ne.jp/~gotannda/

続きを読む "五反田団 2本同時上演! 『生きてるものはいないのか』『生きてるものか』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/16

日メコン交流2009年事業 『Twist and Shout:contemporary Art from Japan』(タイ)

日メコン交流2009年事業
『Twist and Shout:contemporary Art from Japan』(タイ)
2009年11月19日(木)-2010年1月10日(日)
バンコク芸術文化センター(Bangkok Art and Culture Centre)


現在の日本社会が孕む問題、だからこそ生まれる豊かな想像力、
そしてその現実に立ち向かおうとする新たな力を、
最先端で活躍する日本の現代美術作家17名で紹介する。

Tvforhp
のびアニキ


[キュレーター]
 窪田研二、能勢陽子

[出品作家] 会田誠、青木陵子、青山悟、雨宮庸介、泉太郎、遠藤一郎、
小谷元彦、金氏徹平、草間弥生、志賀理恵子、高嶺格、千葉正也、西野逹、
のびアニキ、宮島達男、ヤノベケンジ、山本桂輔


[関連イベント]
オープニング・パフォーマンス
11月19日(木)
遠藤一郎氏による「未来へ」
ヤノベケンジ氏のジャイアントトラヤンの入魂式


アーティストトーク
・11月21日(土)
会場/BACC オーディトリアム
出席/日本人出品作家、タイ人作家、キュレイター等
~日本とタイの美術作家同士による制作環境と意識に関する意見交換と議論~

・2010年1月9日(土)
BACC 講堂
出席/宮島達男、タイ人学生
~日本とタイ社会における美術教育と社会意識についての意見交換~

バンコク芸術文化センター 
http://www.bacc.or.th

お問合せ
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部造形美術チーム
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
TEL.03-5369-6062

http://www.jpf.go.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

双数姉妹 『ソビエト』@座・高円寺

第2回演劇村フェスティバル 双数姉妹
『ソビエト -マヤコフスキィ生誕116年-』
2009年10月21日(水)-25日(日)
座・高円寺


ロシア革命後の新生ソビエト連邦で、民衆をリードした詩人で劇作家のマヤコフスキィ。新たな時代の空気が、ひとりのカリスマを求め、捨てていく様を軽やかに描いた『ソビエト』を大幅改訂して再演。

Sosushimai

作・演出/小池竹見
出演/佐藤拓之、各務立基、仲坪由紀子、五味祐司、井上貴子、中村靖、浅田よりこ、
青戸昭憲、河野直樹、熊懐大介、辻沢綾香、田中佑 ほか

[ヴラジーミル・ヴラジーミロヴィッチ・マヤコフスキー]
ソビエト最大の大衆詩人。詩と声と容姿を武器に戦う革命の徒
1893 グルジアに生まれる
1905 第1次ロシア革命  <
ぼくらは5日間の休校同盟をやりました。>
1917 十月革命  <認めるか、認めないか。そんな問題は私には存在しなかった。>
1919 「マヤコフスキィ全著作集」出版
1930 3月、メイエルホリド劇場にて「風呂」上演(演出:メイエルホリド)
1930 4月、自宅の一室で自らの命を絶つ。詩ではなく銃弾で。


双数姉妹サイト 
http://www.duelsisters.com

続きを読む "双数姉妹 『ソビエト』@座・高円寺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本文化デザインフォーラムPresents 『日本文化デザイン塾』

日本文化デザインフォーラムPresents
日本の文化頭脳集団JIDFメンバーが発信する
『日本文化デザイン塾』
[第1回]2009年11月14日(土) [第2回]2009年12月12日(土)
[第3回]2010年1月16日(土) [第4回]2010年2月13日(土)
赤坂Bizタワー 12F大会議室


クリエイティヴクラスのエグゼクティヴを目指す人へ
ジェネラルな情報を知恵として時代を切り拓く
21世紀オピニオン、必見のスーパースクール開講

D_jyuku1D_jyuku2

代表幹事/日比野克彦 塾長/榎本了壱


【講師陣】
[第1回]11月14日(土)
PART1「食べる喜び、つくる喜び」 小山裕久、園山真希絵、横川潤
PART2「生きていく時間と空間」 千住明、團紀彦、蜷川有紀

[第2回]12月12日(土)
PART1「防災とアート」 曽我部昌史、日比野克彦、森司
PART2「死とデザイン」 黒川雅之、水野誠一、マリ・クリスティーヌ

[第3回]1月16日(土)
PART1「広告とデザインの未来」  森本千絵、箭内道彦
PART2「神(紙)サマがくれた仕事」 河原敏文、堀木エリ子

[第4回]2月13日(土)
PART1「ものつくりと職人」 石井リーサ明理、八谷和彦、原島博
PART2「笑いの分類学」 榎本了壱、しりあがり寿、辛酸なめ子

続きを読む "日本文化デザインフォーラムPresents 『日本文化デザイン塾』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出 『東京月光魔曲』

Bunkamura20周年記念企画
『東京月光魔曲』
2009年12月15日(火)-2010年1月10日(日)
Bunkamuraシアターコクーン


ケラリーノ氏3年ぶりのシアターコクーン書き下ろし作品。

Tokyogm

[作・演出]
ケラリーノ・サンドロヴィッチ
[出 演]瑛太、松雪泰子、橋本さとし、大倉孝二、犬山イヌコ、大鷹明良、長谷川朝晴
西原亜希、林和義、長田奈麻、赤堀雅秋、市川訓睦、吉本菜穂子、植木夏十、岩井秀人
長谷川寧、桜乃まゆこ、嶌村緒里江、森加織、吉沢響子、渡邊夏樹、伊藤蘭、山崎一
ユースケ・サンタマリア

続きを読む "ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出 『東京月光魔曲』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内田春菊アルバム『魔女復活』発売!

内田春菊アルバム『魔女復活』
2009年12月2日発売!

Uchidas

―「ラテン音楽」ってどういうことだろう?ラテンのCDが聞いて3曲で飽きるのは何故だろう?そんな作曲者、奇才ken sato(佐東賢一)が放つ、日本のラテン研究結果。意外にも、全世代に向けて問いかける仕上がりに。一方、ラテンバンドのヴォーカルを16年経験し、ラテンのCDを3曲で飽きるのは踊らないからでは?と思う内田春菊は、作品世界を歌詞にする。漫画家のくせに、声が年を取らない魔法を知っているらしい。―


[収録曲]
1.コーヒールンバ
2.マニマニ・マンボ
3.Cooking魔女
4.エロス・ルダス・ノー・プラグマ
5.Bitchは貴女よ
6.ある夜の恋の終わり
7.夜と朝のあいだに
…………………………………………………
内田春菊
『魔女復活』
2,100円
Constantine Records
2009年12月2日発売
…………………………………………………
佐東賢一オフィシャルサイト 
http://numan.jp/kensato/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平山素子公演 『Life Casting -型取られる生命-』

平山素子公演
『Life Casting -型取られる生命-』


【東京公演】2009年11月5日(木)-8日(日)新国立劇場
【兵庫公演】2009年11月14日(土)兵庫県立芸術文化センター
【松本公演】2009年11月27日(金)まつもと市民芸術館


普遍的な魅力を持つ平山素子作品が、
旬のダンサーたちとともに待望の再演。

Hirayama1105_2

第1部「un/sleepless」(40分)
出演/木下菜津子、高原伸子、池田美佳、西山友貴、柳本雅宏、平原慎太郎、中川賢

第2部「Twin Rain」(30分)
出演/平山素子

平山素子公式サイト 
http://www.motokohirayama.com

続きを読む "平山素子公演 『Life Casting -型取られる生命-』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/15

アートラインかしわ2009参加企画 『わくわくJOBAN-KASHIWAプロジェクト』

アートラインかしわ2009参加企画
『わくわくJOBAN-KASHIWAプロジェクト』
2009年11月1日(日)-29日(日)
TSCA Kashiwa、旧シネマサンシャイン、柏二番街、
柏駅東口ダブルデッキ、ハウディモール、
柏高島屋ステーションモール(プレイベント)、他 柏市内各所

2tv_kaburu
のびアニキ

【参加アーティスト】

山下耕平、柳原絵夢、矢津吉隆、本武史、村上滋郎、宮永亮、水木塁、水川千春、
松原壮志朗、星野武彦、FRESH、豚星なつみ、、平嶺林太郎、ヒョンギョン、久恒亜由美、
平川渚、原田賢幸、林加奈子、花岡信宏、八雄、のびアニキ、野口行範、谷澤紗和子、
田中英行、鈴木宏樹、SHINCHIKA、下西進、澤崎賢一、齋藤祐平、5323、コバルト爆弾αΩ、
幸田千依、CRAFTIVE、清田泰寛、菊島史登、苅谷昌江、海野貴彦、オル太、おかひろし、
遠藤一郎、榎倉冴香、岩田とも子、岩井優、市村恵介、磯邉一郎、Antenna、厚地朋子、他


オープニングレセプション:11/2(月)20:00~ @TSCA Kashiwa
クロージングイベント:11/29(日)19:00~ @TSCA Kashiwa

[関連イベント]
11/15(日)13:00~ ジャッピーミコシKASHIWA巡行  @ハウディモール
11/28(土)13:00~ 遠藤一郎ライブペインティング  @柏駅東口ダブルデッキ
※各イベントは参加費無料、ご自由にご参加いただけます。
 
web:http://wakuwakujk.exblog.jp/

続きを読む "アートラインかしわ2009参加企画 『わくわくJOBAN-KASHIWAプロジェクト』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お笑いLive 『環八フルスイング vol.1』

環八フルスイング vol.1
~1回の表からブンブン振り回します~
2009年10月19日(月)

若手お笑い界のホープ、笹塚で記念すべきプレイボール!!

Kanpachi_2

[出演]
御茶ノ水男子
爽快パンク
NOモーション
ラブレターズ


開場18:30/開演19:00
前売1,800円/当日2,300円

お問合せ
株式会社ナインエンターテイメント
TEL.03-3700-9955


笹塚ファクトリー
〒151-0073 渋谷区笹塚1-56-7京王笹塚ビルB2
TEL.03-5371-4655

http://www.kyowakoku.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若松武史 個展 『A HUNDRED EVES』

若松武史 個展
『A HUNDRED EVES』

2009年10月30日(金)-11月8日(日)
ポスターハリスギャラリー


若松ファン必見のレア舞台上映!
各回とも若松武史ほかのアフタートークあり。

Wakamatsu_takeshi
「Adam & Eve」2009/Mixed media on board

オープニング・レセプション  10月30日(金) 18:00~

【若松武史 主演舞台上映&トーク】(各回定員40名)---------  
・10月31日(土) 19:15~
「腐爛の華」(1988)
作/今野裕一 演出/若松武史+今野裕一
出演/若松武史・折田克子・高田惠篤・日野利彦・岡庭秀之ほか

・11月1日(日) 17:15~
「大典礼」(1985)
作・演出/F/アラバール
出演/美輪明弘・若松武史・巻上公一ほか

・11月3日(祝・火) 17:15~
「カスパー」(1984)
原作/ペーター・ハントケ
演出・主演/若松武史
出演/福士恵二、日野利彦ほか

・11月4日(水) 19:15~
上映作品未定
※後日、HPにて発表

…………………………………………………
料金1,000円(1ドリンク付き)
※事前予約・当日精算(事前にご来廊いただいた際のご精算も可能です)
※予約順整理番号付き/全席自由
予約受付
1)TEL.080-2023-0499
2)E-MAIL:
info@posterharis.com
----------------------------------------------------

続きを読む "若松武史 個展 『A HUNDRED EVES』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

picarotaro真鍋太郎+藤原ようこ 『Side Walk,Side Talk.』

picarotaro真鍋太郎+藤原ようこ
歩きながら、話しながら。絵と言葉は、旅を続ける
『Side Walk,Side Talk.』
2009年10月26日(月)-11月7日(土)
森岡書店

Sidewsidet

空を見ていると 心がカラッポになって 手足が伸びて いつのまにか、心が 空にタッチしている

続きを読む "picarotaro真鍋太郎+藤原ようこ 『Side Walk,Side Talk.』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇団唐ゼミ☆ 第十五回公演『下谷万年町物語』

劇団唐ゼミ☆第十五回公演
『下谷万年町物語』
浅草花やしき裏特設テント劇場
2009年10月23日(金)-11月8日(日)
開場17:30 開演18:00(約3時間上演)
※会期中10/27・28・29、11/4・5は休演

Shitayam

作・監修=唐十郎 演出=中野敦之


今はなき浅草瓢箪池のほとりに、少年"文ちゃん"がやってきた。 かつて上野駅の近くにあった通称「下谷万年町」に住む文ちゃんは、ご近所さんであるオカマの"お春"に依頼されて、行方をくらました"洋一"を捜しに、浅草までやってきたのだ。事の起こりは、八件長屋に復員兵や男娼が住みつく「万年町」と、そこに置きた警視総監暴行事件。ある夜、上野一帯を視察に訪れた警視総監一行に腹を立てたオカマの元締め"お市"は、総監の帽子を奪ってしまう。以来、権力の象徴であるその帽子は、お市から部下のお春へ、そして春のイロである洋一の手へと渡り歩いてゆく。その洋一が、お春との痴情のもつれにより、帽子をもったまま姿をくらましてしまったのだ。帽子を取り戻そうと躍起になるオカマたち。一方、洋一が小道具係を務める劇団"軽喜座"の座長は、総監暴行事件を芝居仕立てにして一発当てようと、こちらも総監の帽子を狙っている。オカマと軽喜座。再会を果たすも、二つの勢力の間に挟まれた文ちゃんと洋一。二人は、ふとした偶然から瓢箪池の底から浮かび上がってきた自殺志願の女優"キティ・瓢田"に出会うことで、昔キティが立ち上げを夢見ていた劇団"サフラン座"を掲げ、第三の勢力として台頭しようとするが・・・。

チケット
前売2,800円、当日3,200円

チケット取扱い
劇団唐ゼミ☆、チケットぴあ、イープラス

劇団公式サイト 
http://www.karazemi.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡崎藝術座 『ヘアカットさん』『朝焼けサンセット』

岡崎藝術座 『ヘアカットさん』
【同時上演】 『朝焼けサンセット』(朝公演・朝食付)
2009年10月16日(金)-25日(日)
こまばアゴラ劇場‎

Haircut

『ヘアカットさん』

同級生の彼と彼女と、ひさしぶりに再会した。みんなで楽しく飲んだ。めずらしく彼が今日は楽し かった、と言っていた。それで僕らはカラオケをしたのだけど、ここ何年かで一番のパフォーマンスを彼に見せてもらったのでとてもよかった。気づくと店員がこの部屋を覗き込んでいる。なんと、僕たちの中に噂の**がいるというのだ。**はめったに姿を明かさない。僕らは騒然となった。

でも、僕はその騒ぎの中、近所の「さいとう」という床屋さんのことを思う。「さいとう」はなんとも流行らない店構えだ。今日も飲みに来る前、ふと店内を覗いたら、すごい勢いで接客されて驚いて逃げた。僕の切っていない髪が秋の風にそよいだ。


【同時上演】
『朝焼けサンセット』(朝公演・朝食付)

「さいとう」へようこそ。いらっしゃいませ! 散髪サービスあります(1、2名様限定)
ヨーロッパ帰りのテクニックでお送りする、早起きした人だけのプレミアンイベント!


作・演出/神里雄大
出演/内田慈、武谷公雄、折原アキラ、酒井和哉、
坊薗初菜

劇団サイト 
http://okazaki.nobody.jp

続きを読む "岡崎藝術座 『ヘアカットさん』『朝焼けサンセット』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/14

THE SHAMPOO HAT第24回公演 『沼袋十人斬り』

THE SHAMPOO HAT第24回公演
『沼袋十人斬り』

2009年10月14日(水)-25日(日)
下北沢 ザ・スズナリ

Shampoohat
白昼の街を猛烈に走る。別に怒ってなどいないのだが前方を歩くノロマな主婦を怒鳴りつける。目を丸くした主婦は魚みたい。あの角を曲がったら歩くことにしよう。何やら踏んづけたようだがミッと音がしたのでセミなのかもしれない。角を曲がると自転車の警官。急に歩くわけにもいかずスピードアップ。ポケットから百円ライターが落ちたが拾わない。へっへっへっへっ、ふっふっふっふっ。焼そばの匂いがしたが俺には関係のない事だ。沼袋はネズミ色。頭の中で何故か松田聖子がフレッシュフレッシュと連呼する。老婆に何か話しかけられたが聞き取れない。頑張れといわれたのかもしれない。フレッシュフレッシュフレッシュ。あのローソンの前で走るのをやめよう。右脇を走り抜けたベンツの女が煙草をポイ捨てパワーウィンドウ。ローソンの前でスピードアップ。キスがしたい。スピードアップ。スピードアップ。


作・演出/赤堀雅秋
出演/赤堀雅秋、児玉貴志、多門勝、日比大介、滝沢恵
吉牟田眞奈。梨木智香

公式サイト 
http://www.shampoohat.com

続きを読む "THE SHAMPOO HAT第24回公演 『沼袋十人斬り』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/13

2010年版御教訓カレンダー好評発売中です!

弊社制作、2010年版御教訓カレンダーが
PARCO出版より好評発売中です!

2010年版御教訓カレンダー

全国公募で選ばれた傑作パロディーが3日ごとに楽しめる
今号で35年目を迎える超ロングセラーです。


2010cover_41_2z_3

【2010年版審査員】糸井重里、矢口真里、萩原朔美、榎本了壱


サイズ:260×120ミリ
タイプ:壁掛け
枚 数:表紙+127枚
税込み:1,365円
全国の書店で発売中!


WEBでのご注文はこちら
http://www.parco-publishing.jp/calendars/index.html
2010年度版表紙イラスト:ウィスット・ポンニミットさんのHP
http://soimusic.com/wisut/

2011年版の作品も募集開始!
御教訓カレンダー
www.gokyokun.com

| | コメント (0) | トラックバック (1)

青参道ART FAIR

青参道ART FAIR
2009年10月30日(金)-11月3日(火・祝)
青参道エリア[H.P.DECO(渋谷区神宮前5-2-11)を
中心とした通り一帯・近隣の16店舗]


「会場=各ショップ」。
今年で3年目を迎える青山・表参道エリアのアートフェア開催!

Aosando1030

個性豊かなショップが集まるこの通りで、店舗スペースを利用し、様々なアートを展示販売します。普段入る事の無いショップに入ったり、アーティストと直接話したりと、見慣れた通りもアートがあればもっと楽しくなるという事を体感できるアートフェアです!また、注目される多くの若手アーティストの参加や、トークイベントも開催。東京のカルチャーシーンを代表するショップの数々、今後のアートシーンを引っ張るアーティスト達が集まる青参道に是非!


[スペシャルイベント]

レセプションパーティー
10月30日(金)18:00-20:00
会場:展示会場店舗全店

トークイベント
「イギリスの風土から学んだこと」
2009年10月31日(土) 18:00-19:30
会場:hpgrp GALLERY東京 
www.artdiv-hpf.com/tokyo
ゲスト:土屋公雄(彫刻家)、コバヤシ麻衣子(画家)
司会:山口裕美
参加費:1000円/1ドリンク付き  ※参加費は、当日会場でのお支払いとなります。
定員:60名(予約制)  ※定員になり次第締め切らせていただきます。
予約方法:(1)メール予約

art@hpgrp.com 宛てに、件名を「青参道トークイベント参加希望」とし、 お名前、ご連絡先を明記したお申込メールをお送りください。折り返し予約確認のメールをお送り致します。
(2)電話予約 TEL.03-3797-1507までご連絡ください。

HP 
http://www.aosando.com/artfair/index.html

お問合せ
青参道実行委員会
Tel:03-3797-1507

www.aosando.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森村誠 個展 『Dear Thomas』

森村誠 個展
『Dear Thomas』

2009年10月23日(金)–11月28日(土)※水曜〜土曜日
TOKIO OUT of PLACE


2006年作家の元に誤って届いた1通のメール、宛名はThomasとなっていた。
そこから架空の人物Thomasを探し出す旅が始まった。

Thomas_morimura1_2

Thomas_morimura2_2

【展示作品】
・ドローイング:ポートレイト(ケント紙に修正液)約10点、GoogleでThomasを画像検索してでて来た不特定多数のトーマスを修正液でもう一度ポートレイト作品にしたもの
・地図(展覧会マップ 修正液)5~6点
・雑誌(アート系雑誌 修正液)5~6点
※上記2つは、既成の印刷物に印字されたアルファベットからT,H,O,M,A,Sだけ残した作品
・セルフポートレイト(辞書 修正液)1点 立体作品を設置展示
・映像作品 インタビュー「トーマスを知っていますか?」(仮題):約30人の人達に「トーマスという人を知りませんか?」と問いかけたビデオ作品
・サウンド作品 実況録音「トーマスを探して下さい」(仮題):このサウンド作品は、作家自身が実際にいくつもの興信所を訪ね歩き、探偵に「トーマスを探して下さい」と人探しをまじめに依頼する場面を実況録音したもの。


オープニングレセプション:10月23日(金)18:30-

続きを読む "森村誠 個展 『Dear Thomas』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

押田秀一 『ウルトラ・ダイナミック・変身!展』

SHIICHI OSHIDA EXHIBITION ULTRA DYNAMIC HENSHIN
押田秀一『ウルトラ・ダイナミック・変身!展』
2009年10月15日(木)–21日(水)
LAPNET SHIP


誰もが幼い頃心を躍らせながら観ていた数々のヒーロー達を、
キャラクタークリエイター押田秀一がアナタの心に蘇らせます!

Urtra_d_h

幼少期、スーパーロボットや銀色の巨人、改造人間など数多くの正義の味方のヒーロー達がテレビの中で活躍する姿をドキドキワクワクしながら見つめていた記憶があるのではないでしょうか。本展では、ヒーロー達に熱い思いを寄せるキャラクタークリエイターの押田秀一がリスペクトを込めてさまざまなヒーローを表現。新作を含めた平面作品を展示します。どんなヒーローがどんな姿で登場するのか乞うご期待!

続きを読む "押田秀一 『ウルトラ・ダイナミック・変身!展』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木村俊幸個展 『Matim: First contact 2009』

木村俊幸個展
『Matim: First contact 2009』

2009年10月17日(土)–11月21日(土) ※木曜~土曜日
LOOP HOLE

Matim
「MATIM(メイティム)」とは?
メイティムとは、宗教団体めいた架空の思念的家族構成を持つ集団であり、この度の展覧会は彼らとのファーストコンタクトとなります。
メイティムでは:
-巨大な印刷機~揺り籠~のようなものの稼動で、見えない組織の思想的な一致を計っています.
-油が注がれた絵画=アブラエ.アブラ が賛美されています。
-絵画軍隊「MANAZASHI」を指揮しています。会員になることで喜んで兵隊になります。

どうぞ、ご高覧下さい!

オープニングパーティ:10月17日(土)18:00-

続きを読む "木村俊幸個展 『Matim: First contact 2009』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/09

CAVA新作公演 『Continent』

CAVA新作公演
『Continent』

2009年10月23日(金)-26日(月)
ウエストエンドスタジオ

Cava1023

その大陸には、列車でしか行くことができない。

冷たい目をした女泥棒が、誰もいない夜の駅に辿り着く。

駅のプラットフォームには、行くあてのない男と女が、

地図にはないどこかの大陸に向かって今日も列車に乗りこんだ。

行き先は選べず、戻ることもできない。

小さな部屋の机の上に、男はそう書き残していた。



作・演出/丸山和彰
出演/黒田高秋、藤代博之、田中優希子、細身慎之介(劇団上田)、丸山和彰

公式サイト 
http://www.cava-mime.com

続きを読む "CAVA新作公演 『Continent』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/08

マレビトの会 『クリプトグラフ』 -名古屋公演-

マレビトの会
『クリプトグラフ』

【名古屋公演】2009年10月9日(金)―11日(日)


2007年にエジプト・カイロでの初演後、
京都、中国、インドの6都市を巡演し、各地で好評を博した
マレビトの会の代表作『cryptograph』(クリプトグラフ)を再演。


作・演出/松田正隆
出演/牛尾千聖、F. ジャパン、武田暁、西山真来、枡谷雄一郎、宮本統史、山口春美

--------------------------------

■10月9日(金) 19:00開演☆
■10月10日(土) 19:00開演☆
■10月11日(日) 14:00開演
※受付は開演の60分前、開場は開演の20分前
☆ポスト・パフォーマンス・トークを行います
ゲスト
10/9 天野天街(劇作家・演出家/少年王者舘)・小堀純(編集者)
10/10 安住恭子(演劇批評家)
--------------------------------

チケット(全自由席)
一般前売2,500円、学生&25歳以下2,000円
一般当日3,000円、学生&25歳以下2,500円

公式サイト http://www.marebito.org/news.html#cryptograph090801

主催・問合せ
マレビトの会(〒606-8205 京都市左京区田中上柳町21,3号室)
TEL&FAX 075-708-8025


七ツ寺共同スタジオ
〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須2丁目27-20
TEL.052-221-1318

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/06

ダンス白州2009─四つの節会(せちえ) 【水の節】

ダンス白州2009─四つの節会(せちえ)
【水の節】2009年10月16日(金)-18日(日)

会場/山梨県北杜市白州町の随所(森の舞台、赤土舞台、芸能舞台、舞庭、
水の舞台、地下シアター、栗林、田圃、畑、野外美術工作物、森のカフェ、ほか

Sechie

プログラム
10月16日(金)
■秋の農事…稲のハゼ干し、米・大豆の脱穀ほか
■田中泯 場おどり @盛土舞台
■おどり 佐成哲夫
■日本の「まつりと水」 話/笹本正治(歴史学)
■「宵みやの集会」

10月17日(土)
■秋の農事
■おどり 田辺知美
■「歌、野に放たれる」 吉川真澄(ソプラノ)@田の畦
■おどり 武内靖彦 @芸能舞台
■おどり 菊地びよ
■劇団東京乾電池「秘密の花園」

10月18日(日)
■秋の農事
■おどり 上村なおか
■松尾神社御神楽保存会 遠山吉雄「鈿女(ウズメ)の舞」
■おどり 櫻井郁也
■おどり 玉井康成
■水のパフォーマンス「水・劇(スイ・ゲキ)」演出/田中泯 @栗林周辺

公式サイト http://www.artcamp.org

続きを読む "ダンス白州2009─四つの節会(せちえ) 【水の節】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沢野弓子個展 コラージュ&バッグ 『ヨークの冒険ー旅のおくりもの』

沢野弓子個展 コラージュ&バッグ
『ヨークの冒険ー旅のおくりもの』
2009年10月12日(月)~10月17日(土) 
        

Sawano09

中米の国グアテマラの奥地、トドスサントスクチュマタン。女の人達が着ている貫頭衣の衿元を飾るキッチュなヨーク。色とりどりのギザギザテープを放射状にぎっしりうめてある。その下に縫いつける伝統的な織物との対比が面白い。取り外されたヨークだけが店の片すみに売られていた。又新しいブラウスに使われるらしい。


11:00~19:00(最終日~17:00)
日曜休廊
入場無料


SPACE YUI
〒107-0062東京都港区南青山3-4-11
ハヤカワビル1F
Tel.03-3479-5889

http://www.spaceyui.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イケムラレイコ 『ME ZA ME』

イケムラレイコ
『ME ZA ME』

2009年10月10日(土)-11月21日(土)
ShugoArts


シュウゴアーツでは3年ぶり3回目になるイケムラレイコの個展
“ME ZA ME”を開催します。

Ikemura01
イケムラレイコ Leiko IKEMURA  Floating , 2009, Tempera on Jute, 60x70cm


彼女たちは眼を閉じることによって、鑑賞者の視線から逃れられるのかもしれない。
イケムラレイコ

Ikemura02
イケムラレイコ Leiko IKEMURA  Lago with a Girl , 2009, oil on Jute

続きを読む "イケムラレイコ 『ME ZA ME』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »