« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009/07/31

THE CONDORS tour2009 『過半数パワー』

THE CONDORS tour2009 第2弾:破
『過半数パワー』
【大阪爆安ライブ:破】2009年10月24日(土) 大阪Shangri-La
【東京爆安ライブ:破】2009年10月30日(金) 渋谷O-WEST


チケット代2,990円!爆安!(前回比9円安)
※立見・整理番号付・ドリンク代別途500円・税込み

Condors_10

与党衝撃!驚異の市民派割引制度スタート!

大阪ライブ:10月生まれ、または各月24日生まれの方!お友達を1名以上連れてきてくれた場合、ご本人1名様10%割引!当日受付にて身分証呈示でキャッシュバック!
東京ライブ:東京ライブ6/27「バカ天国」のチケット半券をお持ちの方!お友達を1名以上連れてきてくれた場合、ご本人1名様10%割引!当日受付にて半券呈示でキャッシュバック!

爆早HP先行予約:8/1(土)正午開始 ※一般発売:8/15(土)10:00

公式サイト 
http://www.condors.jp

続きを読む "THE CONDORS tour2009 『過半数パワー』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/23

赤木仁展 モンパルナスのリス ~目で聴くコシミハルの音楽~

赤木仁展 モンパルナスのリス
~目で聴くコシミハルの音楽~

2009年8月22日(土)~9月8日(火)
リトルモア地下


仁さんの絵は可愛くて悪戯で、耳の後ろでヒュッと鞭の音が聞こえてくるような独特のユーモアと、曖昧さを蹴散らすウサギの陽気な後ろ足が見え隠れするパンクな感じがわたしはとても好きです。 コシミハル

Mon_aka_web_2

1987~2008の20年間に渡り音楽家・コシミハルの仕事に寄せて描いた、油彩、水彩、コラージュなどの原画約200点を展示いたします。CDジャケット、パンフレット、舞台装置などすべて初公開となります。ぜひご高覧ください。

レセプションパーティー 8月21日(金)19:30-21:00

赤木仁 http://homepage3.nifty.com/rispairka/
コシミハル http://www.daisyworld.co.jp//

[特別企画]
アーティストトーク
赤木仁×コシミハル(音楽家)
2009年8月29日(土)17:30(17時15分開場)
入場料500円
定員40名/要予約 8月6日(木)受付開始
ご予約はTEL.03-3401-1042平日(10時~18時)まで。

続きを読む "赤木仁展 モンパルナスのリス ~目で聴くコシミハルの音楽~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/22

西 真智子 ポラロイド写真展 『cruising』

西 真智子 ポラロイド写真展
『cruising』
【大阪】2009年8月2日(日)-9日(日)アートギャラリーフジハラ
【東京】2009年8月22日(土)-30日(日)ポスターハリスギャラリー

Nishi_machiko

西 真智子HP http://machocolate.com/

続きを読む "西 真智子 ポラロイド写真展 『cruising』"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/07/17

アート・ユニット明和電機 新製品「WAHHA GO GO(ワッハ ゴーゴー)」堂々完成です。

アート・ユニット 明和電機
『WAHHA GO GO(ワッハ ゴーゴー)開発ドローイング展』
2009年8月21日(金)-30日(日)
明和電機アトリエ(品川)


新製品「WAHHA GO GO(ワッハ ゴーゴー)」堂々完成です。

Maywa_denki

新製品「WAHHA GO GO(ワッハ ゴーゴー)」の開発の裏には、大量のスケッチや図面、機械の試作モデルなどの資料があります。明和電機の初の試みとして、普段は見られない内部資料をすべて公開し、かつ販売します。


公式サイト 
www.maywadenki.com

【他イベント】
「A4サイズの脳~土佐信道のスケッチブック・シアター」
8月23日(日)18:00~21:30 ブリリア ショートショートシアター
土佐信道が制作のために描く大量のスケッチを見ると、発芽の芽生えが、次第にリアルな形にしていく脳みその変化が、まるで「思考のX線写真」を見るようにご覧いただけます。自身が「弁士」となり、声を出す機械のスケッチを、楽器演奏とともに紹介します。
料金:前売り2,500円/当日3,000円
※前売完売の際は当日券はありませんのでご了承下さい。
チケット発売:8月1日(土)10時より、ブリリアショートショートシアターWEB
及び窓口にて発売開始。

http://www.brillia-sst.jp/shortshorts/ticket/

「明和電機 魁!ナンセンス経営塾」
9月12日(土)19:00-21:30 ヨシモト∞ホール
アーティスト・ヤノベケンジさんら、豪華ゲストをお迎えし、「アートの視点」「ビジネスの視点」をテーマに、21世紀の新しい感性ビジネスの可能性をさぐります。
料金:前売り¥2,000/当日¥2,500(全席自由)
チケット取扱い:チケットよしもと TEL.0570-041-489

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超・振付家シリーズ Vol.2 安藤洋子 新作公演 『TANSU』

超・振付家シリーズ Vol.2
安藤洋子 新作公演 『TANSU』
2009年7月31日(金)-8月2日(日)
川崎市アートセンター アルテリオ小劇場

Tansu

2008年よりスタートした川崎市アートセンターが発信する「超・振付家シリーズ」。前回のイデビアン・クルー主宰・井手茂太の『大黒柱』の上演に続き、第2弾では安藤洋子に焦点をあて新作に挑みます。


振付・演出・出演:安藤洋子

続きを読む "超・振付家シリーズ Vol.2 安藤洋子 新作公演 『TANSU』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恒松正敏 新作展 『墨・彩』

恒松正敏 新作展
『墨・彩』
2009年7月25日(土)-8月9日(日)
ポスターハリスギャラリー


新作約20点と、映画「ハゲタカ(東宝)」のために
書き下ろした原画10点を特別展示。

Poster0725

■7月25日(土)18:00- オープニングレセプションあり

続きを読む "恒松正敏 新作展 『墨・彩』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/16

『ニューヨーク・シティ・バレエ2009』

Bunkamura20周年記念企画
『ニューヨーク・シティ・バレエ2009』
2009年10月8日(木)-12日(月祝)
Bunkamuraオーチャードホール


永久不滅の名作と話題の日本初演作品満載!
心ときめく3プログラム

Nycb2009

【Aプログラム】

●セレナーデ
SERENADE
振付:ジョージ・バランシン
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
BALANCHINE/TSCHAIKOVSKY
●アゴン
AGON
振付:ジョージ・バランシン
音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
BALANCHINE/STRAVINSKY
●チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ
TSCHAIKOVSKY Pas de Deux
振付:ジョージ・バランシン
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
BALANCHINE/TSCHAIKOVSKY
●ウエスト・サイド・ストーリー組曲
WEST SIDE STORY SUITE
振付:ジェローム・ロビンズ
音楽:レナード・バーンスタイン
ROBBINS/BERNSTEIN


【Bプログラム】
●コンチェルト DSCH
CONCERTO DSCH
振付:アレクセイ・ラトマンスキー
音楽:ドミトリー・ショスタコーヴィチ
RATMANSKY/SHOSTAKOVICH
●バーバー・ヴァイオリン・コンチェルト
BARBER VIOLIN CONCERTO
振付:ピーター・マーティンス
音楽:サミュエル・バーバー
MARTINS/BARBER
●タランテラ
TARANTELLA
振付:ジョージ・バランシン
音楽:ルイス・モロー・ゴットシャルク
BALANCHINE/GOTTSCHALK
●チャイコフスキー・ピアノ・コンチェルト第2番
TSCHAIKOVSKY PIANO CONCERTO NO.2
振付:ジョージ・バランシン
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
BALANCHINE/TSCHAIKOVSKY


【Cプログラム】
●ワルプルギスの夜
WALPURGISNACHT BALLET
振付:ジョージ・バランシン
音楽:シャルル・グノー
BALANCHINE/GOUNOD
●アフター・ザ・レイン(パ・ド・ドゥ)
AFTER THE RAIN (pas de deux)
振付:クリストファー・ウィールドン
音楽:アルヴォ・ペルト
WHEELDON/PÄRT
●ダンシズ・アット・ア・ギャザリング
DANCES AT A GATHERING
振付:ジェローム・ロビンズ
音楽:フレデリック・フランソワ・ショパン
ROBBINS/CHOPIN
●シンフォニー・イン・スリームーヴメント
SYMPHONY IN THREE MOVEMENTS
振付:ジョージ・バランシン
音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
BALANCHINE/STRAVINSKY


管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

公式サイト http://www.nycb2009.jp/

続きを読む "『ニューヨーク・シティ・バレエ2009』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KIKIKIKIKIKI×ヨーロッパ企画×東京ELECTROCK STAIRS 『対ダン!!』

KIKIKIKIKIKI×ヨーロッパ企画×東京ELECTROCK STAIRS
『対ダン!!』
2009年8月22日(土)・23日(日)
吉祥寺シアター


「対ダンとは対バンのダンス版です。」

Taidan

【演目】
■KIKIKIKIKIKI
「OMEDETOU~ショートバージョン~」
振付・演出/きたまり
出演/野渕杏子、花本ゆか、松尾恵美、竹内英明、きたまり
■ヨーロッパ企画
「短編集」
作・演出/上田誠
出演/ヨーロッパ企画
■東京ELECTROCK STAIRS
「Welcome To Little×2 Earth」
振付・演出/KENTARO!!
出演/伊藤知奈美、酒井幸菜、高橋幸平、松浦羽伽子、KENTARO!!

続きを読む "KIKIKIKIKIKI×ヨーロッパ企画×東京ELECTROCK STAIRS 『対ダン!!』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

期間限定のトイカメラショップ 『マジカルカメラツアー』

期間限定のトイカメラショップ
『マジカルカメラツアー』
-DIGITAL RISING FES 2009-
2009年8月25日(火)-9月6日(日)
LAPNET SHIP


定番イベント マジカルカメラツアー。
今回はデジタルな“トイカメラ”をフィーチャー!

Digital_rising_fes_2
売り切れ続出の話題のデジカメ、Digital Harinezumiの限定モデル6種類が一挙登場するほかikimono seriesのレアキャラたちがデジタルで復活。(全部、世界でここでしか買えない先行発売です)。 更に人気のVQシリーズ、nico digiはもちろん、まだ見ぬおもしろデジカメを集結。 もちろん、アナログカメラも大充実させます。


SUPERHEADZ INa BABYLON公式サイト

http://www.superheadz.com





Digital_rising_fes2

続きを読む "期間限定のトイカメラショップ 『マジカルカメラツアー』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンドルズ 日本縦断大転生ツアー2009 『Nine Lives』

コンドルズ 日本縦断大転生ツアー2009
『Nine Lives』

2009年8月15日(土)-9月21日(月祝)
福岡/静岡/新潟/広島/千葉/仙台/岩手/大阪/東京

生まれ変わる。ニャン度でも。

Nine_lives

戦後最悪大不況だからこそ、攻めます。情熱全開の総攻撃開始!ハデに行きます!しぶといです!猫のように生まれ変わるのです!何度でも!


コンドルズオフィシャルサイト

http://www.condors.jp

続きを読む "コンドルズ 日本縦断大転生ツアー2009 『Nine Lives』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラインダーマン パフォーマンス新作公演 『MUSTANG MONO』

グラインダーマン パフォーマンス新作公演
『MUSTANG MONO』
2009年8月7日(金)–9日(日)
アサヒ・アートスクエア


情を秘め 身を律し 品を修めて 悠悠とハコをつける

Mustangmono
ワークショップからクリエイション、公演までの一連をプロジェクト形式で展開する[MUSTANG]シリーズは、2005年より始まったグラインダーマンのパフォーマンススタイル。“群と個”をコンセプトに客席のない空間でくりひろげられるこの公演作品は、目の前で事が起こり、体感し、それによって生まれる感覚を出演者および観客が共有する瞬間に注目します。シリーズ最新作となる[MUSTANG MONO]は、東京では5年ぶりのパフォーマンス公演。身体と音、映像が交差する瞬間に、肉体と精神を直接揺さぶる新たな感覚を提示します。身体表現の新たな地平へと向かうグラインダーマンの雄飛にご期待ください。


【アフタートーク】
8月8日(土)19:00の回終演後
小崎哲哉氏(REALTOKYO/ART iT発行人兼編集長)×タグチヒトシ(グラインダーマン)

公式サイト 
http://mustang.grinder-man.com/

Grm

続きを読む "グラインダーマン パフォーマンス新作公演 『MUSTANG MONO』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/13

12日間、毎日、何かが違ってる。 飴屋法水 『3人いる!』

飴屋法水 『3人いる!』
2009年7月31日(金)-8月12日(水)
リトルモア地下


12日間、毎日、何かが違ってる。

3nin_4 宣伝美術 宮川隆

作/多田淳之介
構成・演出/飴屋法水


【プロフィール】
■作/多田淳之介(ただじゅんのすけ)
1976年生。キラリンク☆カンパニー東京デスロック主宰、演出。青年団演出部所属。身体にかかる負荷によって戯曲を現前化させる演出が特徴。「演劇LOVE」を公言し、海外での創作活動や国際演劇祭のディレクター就任、富士見市民文化会館キラリ☆ふじみでの地域・教育機関へのアプローチなど、国際・地域・教育を軸に芸術活動を行う。主な演出作は『マクベス』『ロミオとジュリエット』『リア王』『その人を知らず』『ジャックとその主人』等。

■構成・演出/飴屋法水(あめやのりみず)
1961年生。山梨県出身。78年、唐十郎主宰「状況劇場」に17歳で参加。音響を担当。84年「東京グランギニョル」、87年「M.M.M.」を結成し演劇作品を発表。92年〜95年にはレントゲン芸術研究所を拠点に、テクノクラート名義で美術活動を行い、ヴェネツィア・ビエンナーレに参加。95年以降は「動物堂」を設立し、動物の飼育・販売に従事。07年には平田オリザ作「転校生」(静岡舞台芸術センター)を演出し、09年には同作を東京にて再演し好評を博す。


『3人いる!』特設WEBサイト

http://www.littlemore.co.jp/chika/3nin/

続きを読む "12日間、毎日、何かが違ってる。 飴屋法水 『3人いる!』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/10

BABY-Q新作公演 『[リゾーム的]なM』 東野祥子/カジワラトシオ/斉藤洋平(ROKAPENIS)

BABY-Q新作公演
『[リゾーム的]なM』

東京公演 2009年8月7日(金)–9日(日)@吉祥寺シアター
兵庫公演 2009年8月28日(金)–30日(日)@アイホール

オルタナティブ・サブカルチャーシーンから舞台芸術へと、
多彩なジャンルと共鳴してきたBABY-Qの挑戦的新作。
二つの対蹠的な事柄を同時に意味する[リゾーム的]な関係をテーマに、
ダンサー・音楽家・映像作家らが共に経験と思考を繰り返し、
解体・構築してゆくダンスパフォーマンス。

Babyq

構成・演出・振付・出演/東野祥子
演出・音楽/カジワラトシオ
映像/斉藤洋平(ROKAPENIS)
出演・振付/ケンジル・ビエン、かなたなか、Pee、目黒大路、他

公式サイト 
http://www.baby-q.org/

続きを読む "BABY-Q新作公演 『[リゾーム的]なM』 東野祥子/カジワラトシオ/斉藤洋平(ROKAPENIS)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/09

勅使川原三郎最新作 『鏡と音楽』

勅使川原三郎最新作
『鏡と音楽』

2009年9月25日(金)–27日(日)
新国立劇場


劇場の境界線を打ち破る距離を越えた体感作品。
旧い潮流のアレンジや直感に埋没しないブレイクスルー。
ダンスが進む、劇場が進化する。

Mirror_music

演出・振付・美術・照明・衣裳:勅使川原三郎
出演:勅使川原三郎、佐東利穂子、川村美恵、ジイフ、
鰐川枝里、高木花文、加見理一、林誠太郎 ほか

続きを読む "勅使川原三郎最新作 『鏡と音楽』"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日野皓正 presents “Jazz for Kids” 『日野皓正 Quintet Live』『Dream Jazz Band 5th Anniversary

日野皓正 presents “Jazz for Kids”

2009年8月15日(土)
『日野皓正 Quintet Live』

2009年8月16日(日)
『Dream Jazz Band 5th Anniversary Concert』

世田谷パブリックシアター

Jazz_for_kids
『日野皓正 Quintet Live』

ベテランメンバーと2年前レギュラーメンバーとして加わった17歳の若き天才ドラマー・和丸がエネルギッシュなライブを繰り広げます。
出演/日野皓正 Quintet〈日野皓正(Tp)、多田誠司(Sax)、石井彰(Pf)、金澤英明(B)、和丸(Ds)〉

『Dream Jazz Band 5th Anniversary Concert』
世田谷区の公立中学生が、日野皓正をはじめとするジャズミュージシャンによる5ヶ月間のワークショップを体験する「Dream Jazz Band Workshop 2009」。その5周年を記念して卒業生も含む約100名の子どもたちのパワーみなぎるステージをご覧ください。
出演/Dream Jazz Band、DJB plus+、JAZZ90s、&講師ミュージシャン〈日野皓正(Tp)、西尾健一(Tp)、多田誠司(Sax)、守谷美由貴(Sax)、片岡雄三(Tb)、後藤篤(Tb)、小山道之(G)、石井彰(Pf)、出口誠(Pf)、金澤英明(B)、吉田豊(B)、力武誠(Ds)、三科武史(Ds)〉ほか予定

続きを読む "日野皓正 presents “Jazz for Kids” 『日野皓正 Quintet Live』『Dream Jazz Band 5th Anniversary "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Monochrome Circus×じゅんじゅん 『D_E_S_K』

Monochrome Circus×じゅんじゅん
『D_E_S_K』
東京公演2009年7月20日(月祝)–26日(日)
こまばアゴラ劇場


机にまつわる3つのダンス。

Desk_tokyo

京都を拠点に『掌編ダンス集』など独自のレパートリーを持つダンスカンパニー、モノクロームサーカスが、水と油のメンバーとして活躍後、ソロやコラボレーションを積極的に行っている東京の振付家・ダンサー、じゅんじゅんと初のコラボレーションを行います。互いのレパートリーに共通する「机」をテーマに3つの舞台作品を一挙に上演。ソロとカンパニー、関東と関西で活動する振付家とダンサーによる、机を介した身体の出会い方。


◎じゅんじゅん×Monochrome Circus×graf×山中透
『緑のテーブル』
─机の上と下で起こる、世界の間違い方。─

演出・振付:じゅんじゅん
出演:Monochrome Circus(森裕子、合田有紀、野村香子)
ゲスト出演:森川弘和
舞台美術:graf
音楽:山中透


◎じゅんじゅん新作ソロ
『deskwork』
─そこにあったような、机のお話。─

演出・振付・出演:じゅんじゅん


◎モノクロームサーカス 掌編ダンス集より
7つの作品から成る『掌編ダンス集』より机を使った2作品のうちセレクトして上演。
『きざはし』

─150本のナイフ。ふたりの限界点。─
演出・振付:坂本公成
出演:野村香子、合田有紀
『水の家』
─机の上にふたりだけ。雨音がふたりの密度を上げていく。─
演出・振付:坂本公成、森裕子
出演:森裕子、森川弘和

【アフタートーク】
■7/20(月祝)18:00公演終了後
トーカー:じゅんじゅん、服部滋樹、山中透、坂本公成
■7/25(土)18:00公演終了後
ゲストトーカー:小野寺修二
トーカー:じゅんじゅん、坂本公成
司会:熊井玲(シアターガイド)

モノクロームサーカス
www.monochromecircus.com
じゅんじゅんSCIENCE www.junjunscience.com

続きを読む "Monochrome Circus×じゅんじゅん 『D_E_S_K』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/08

ppn presents vol.1 『pinky pig night』

ppn presents vol.1
『pinky pig night』
2009年7月11日(土)
5tanda sonic(ゴタンダソニック)


踊る!食べる!楽しむ!
パフォーマンスあり、上映あり、展示あり、foodありのparty night☆

Ppnmainimage5tanda

ppn【performing party night】とは?

自分の身近にいる日々面白いことを試みる人達。そんな彼、彼女達同士が出会ったら、なにが起こるだろう。その光景を見てみたい。そんな個人的な思いから始まった、パフォーマンス、アート、デザイン、出版、演劇を軸として横断的、越境的に展開する局所的、極私的パーティーサロン構築の企て。
あるいは「なにかをつくるひと」「なにかをしたいひと」「なにかを見たい人」を繋ぐ文化的ねるとん企画。
不定期、かつ継続的な展開を予定しており、毎回「p」「p」「n」に言葉を当てはめ各回のテーマとなるタイトルを作る。今回は「Pinky Pig Night」。


■パフォーマンス
白井さち子(パパ・タラフマラ)×松島誠
戸川悠野×大園康司×橋本規靖
齋藤麻生×六川裕文
mujika easel×山本泰輔(ベイビーQ)×arinco×南
波冴
■映像+パフォーマンス
井上涼
■展示/デコ
ヌケメ
山上晃葉
SAC
■food
モコメシ

DJ & VJ coming soon...!

続きを読む "ppn presents vol.1 『pinky pig night』 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/07

伊島薫写真展 『一つ太陽 - One Sun』 『最後に見た風景 - Landscapes with a Corpse』

伊島薫写真展
『一つ太陽 -One Sun』
2009年8月22日(土) - 9月23日(水)
『最後に見た風景 -Landscapes with a Corpse』
2009年9月26日(土) - 10月25日(日)


二部構成で開催される伊島薫の写真展。

Izima1
左)Nordcaap, Norway  (c)Izima Kaoru 右)Sentosa, Singapore  (c)Izima Kaoru


『一つ太陽 - One Sun』は、人間がコントロールすることのできない厳しい自然界に対峙し、魚眼レンズで日の出から日の入りまで一日かけて太陽の奇跡を追ったシリーズ。
また、『最後に見た風景 - Landscapes with a Corpse』は、1993年から継続しているプロジェクトで、“理想の死”のロケーション、服装、死に方などを綿密にセッティングして撮影。恐怖と紙一重に美しさが同居し、ジル・サンダーやアレキサンダー・マックイーンなど有名ファッションブランドを身にまとったモデルの死体姿は映画のワンシーンのように見えます。伊島薫はこのプロジェクトに取り組むうち、自分自身がとても死を恐れているということを改めて自覚したといいます。
『一つ太陽 - One Sun』はそうした死体シリーズの制作を通して突き詰めてきた一つの答えであり、どこの国でも平等に存在し照らし出す太陽は、伊島にとっての神として提示されます。自らの存在意義を確認するかのように太陽に迫った『一つ太陽 - One Sun』は『最後に見た風景 - Landscapes with a Corpse』と対をなし、人間の生と死に対する伊島の世界観が集約されているかのようです。

Izima2Izima3
左)Helena Noguerra wears Vivienne Westwood, 2001 (c)Izima Kaoru
右)Tominaga Ai wears Prada, 2003  (c)Izima Kaoru


【関連イベント(予定)】
『一つ太陽 - One Sun』会期中
・アーティストトーク〈伊島薫×ゲスト〉

・浜崎貴司スペシャル・ライブ

『最後に見た風景 - Landscapes with a Corpse』会期中
・9月27日(日)アーティストトーク〈伊島薫×ゲスト〉
・10月11日(日)下田逸郎スペシャル・ライブ
※詳細は公式サイトにて
www.bld-gallery.jp/

続きを読む "伊島薫写真展 『一つ太陽 - One Sun』 『最後に見た風景 - Landscapes with a Corpse』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/06

大友良英の活動に焦点合わせたドキュメンタリー映画 『KIKOE』

ドキュメンタリー映画
『KIKOE』
2009年7月25日(土)- 8月14日(金)
ユーロスペース

Kikoe_still1

1990年代から2007年までの大友良英の活動に焦点合わせたドキュメンタリー映画。大友本人のインタビューやライブはもとより、彼と関わりのある多くの音楽家、評論家、アーティストなど総勢100名ほどの記録映像やインタビューなど500時間にも渡る膨大なアーカイブスを岩井主税独自の切り口で99分に構築した奇妙な時間の綱渡り。

音楽家大友良英を定点とした ある体系の観察記録
それは星と星を線で結び 星座を形作り
名前を与えるような 身勝手で完璧な仕草である。
—岩井主税

監督:岩井主税
出演:大友良英、菊地成孔、大谷能生、DJスプーキー、ヤン・シュヴァンクマイエル、宇波拓、Mattin、飯村隆彦、足立正生、ジョナス・メカス、田中泯、山本精一、PHEW、ジム・オルーク、巻上公一、芳垣安洋、高良久美子、水谷浩章、植村昌弘、杉本拓、山塚EYE、カヒミ・カリィ、浜田真理子、SachikoM、フアナ・モリーナ、さがゆき、伊集加代、一楽儀光、中村達也、吉田達也、Sim、加藤英樹、ナスノミツル、灰野敬二、吉田アミ、ユタカワサキ、梅田哲也、中村としまる、秋山徹次、山内桂、イトケン、HairStylistics、秋田昌美、トリスタン ホンジンガー、刀根康尚、飴屋法水、煙巻ヨーコ、江藤直子、青木タイセイ、石川高、津上研太、近藤達郎、栗原正己、宝示戸亮二、大蔵雅彦、アルフレッド・ハルト、アクセル・ドゥナー、ジョン・ ゾーン、ビル・ラズウェル、モリイクエ、クリストフ・シャルル、島田雅彦、カレン・ブルークマン-ベイリー、ブリュンヒルト=マイヤー・フェラーリ、クリスチャン・マークレー、フレッド・フリス、ボブ・オスタータグ、カール・ストーン、ジョン・ローズ、ジャジー・ジョイス、木幡和枝、椹木野衣、平井玄、副島輝人、佐々木敦、音遊びの会、ONJO、Groud-Zero、Novo Tono、I.S.O.、COSMOS、Incapacitants、sim、optrum、DJ TRANQUILIZER・・・他多数(順不同、2009年1月現在)


2009年/日本/99分/カラー/DV/ステレオ

公式HP http://www.kikoe-otomo.com/

7月25日(土)初日舞台挨拶〈上映前〉
ゲスト:大友良英、岩井主税監督

Kikoe_still5main

続きを読む "大友良英の活動に焦点合わせたドキュメンタリー映画 『KIKOE』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永井宏 個展 『Today,Tomorrow on the water』

永井宏 個展
Today,Tomorrow on the water
―ラルフ・マクテルの川を下っていく歌
2009年7月27日(月)-8月5日(水)
SPACE YUI


詩と平面作品を組み合わせて作成した作品を発表します。

Hiroshi_nagai

※画廊常設コーナーにて7 days cardsの販売あり


オープニングパーティ 7月27日 17:00-

続きを読む "永井宏 個展 『Today,Tomorrow on the water』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/03

立川直樹「TOKYO1969」出版記念 『TOKYO1969 ポスター展』

立川直樹「TOKYO1969」出版記念
『TOKYO1969 ポスター展』
2009年7月8日(水)–7月22日(水) 
ポスターハリスギャラリー
     

Posterh_0708

当時の風俗、流行、気分を現代に伝える1冊『TOKYO1969』(日本経済新聞出版社)の出版記念として「TOKYO1969」をテーマに、1969年前後2~3年の演劇・映画・広告のポスター約34点を一挙公開。

7月8日(水)19:00– オープニング・レセプション

http://posterharis.com

続きを読む "立川直樹「TOKYO1969」出版記念 『TOKYO1969 ポスター展』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/01

『デザインの港。浅葉克己 展。』

『デザインの港。浅葉克己 展。』
2009年7月8日(水)–7月23日(木)
神奈川県民ホールギャラリー

神奈川県横浜市出身で日本を代表するアートディレクター浅葉克己。

Katumi_asaba_2

浅葉は、これまで食品、医薬品、家電製品、イベントなど多様なジャンルのポスター、テレビコマーシャルなどを制作してきました。これらの宣伝物は、一度目にすると深く印象に残る個性的なもので、商品の性質やサービスを伝えるという宣伝媒体の役割のみならず、広告が与える新鮮な感覚により私たちの生活自体をスタイリッシュに変容させたといえます。今回の展示内容は、トンパ文字や作曲家一柳慧の図形楽譜を取り入れた新作、浅葉がライフワークとするスポーツ卓球に焦点をあて、卓球台にライブ・エレクトロニクスの加工を施し球が台上に接触すると不思議な音を発する実験的作品、浅葉の撮影したパノラマ写真、これまでに広告制作をともにした坂田栄一郎、十文字美信などの写真で構成されます。

http://www.kanakengallery.com/asabakatsumi/

【関連情報】
トークショウ「貨幣と文字」
7月11日(土)15:00
ゲスト/田宮健三(内外貨幣研究会会長)
参加費無料(要入場券)


トークショウ「トンパタロットの秘密」
7月18日(土)15:00
ゲスト/真矢茉子(東洋占術研究家)
参加費無料(要入場券)


浅葉克己×一柳慧(作曲家・ピアニスト)スペシャル・イベントコンサート
7月20日(月・祝)15:00
エレクトロニクス卓球台(制作協力:有馬寿純)=3人組み団体戦
トンパ文字が楽譜?=即興ピアノ演奏
参加費無料(要入場券)


浅葉克己と文字の神秘を探る!
トンパ文字書道教室(対象:小学校3年生から成人)
7月12日(日)14:00~16:00 13:30受付開始 
神奈川県民ホール6階大会議室
料金/一般・学生1,000円、小学校3年生から6年生500円
「半紙50枚と、新聞紙、筆、硯、下敷き、墨汁、文鎮など書道セット一式をご持参ください。」
お申込み/人数と連絡先を明記のうえ、往復はがきにてお申し込みください。
〒231-0023 横浜市中区山下町3‐1 神奈川県民ホール「トンパ文字書道教室」係
締め切り/7月5日(日)消印有効
定員/先着30名(応募者多数の場合は抽選)

続きを読む "『デザインの港。浅葉克己 展。』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ジュゼッペ・ペノーネ展』

『ジュゼッペ・ペノーネ展』
2009年7月7日(火)~ 9月23日(水・祝)
豊田市美術館


自然を素材とし、それとの直接的、あるいは間接的な
相互作用によって作品を生みす出すジュゼッペ・ペノーネ。
国内においてほぼ10年ぶりの展覧会です。

Penone

関連イベント】 (1階講堂/定員172席 ※当日正午より整理券を配布)

■「ペノーネ作品を語る」

講師/菅木志雄(美術家)
日時/8月1日(土)14:00-15:30

■「ペノーネ:なるとつくるのあわい」
講師/金井直(信州大学准教授)
日時/8月23日(日)14:00-15:30

■「アーティスト・トーク」
講師/ジュゼッペ・ペノーネ
日時/9月23日(水・祝)14:00-15:30

続きを読む "『ジュゼッペ・ペノーネ展』"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »